「夏」タグアーカイブ

夏の疲れ解消には「L-システイン」「アミノ酸」「オルニチン」「クエン酸」を含む食品を摂ろう!




■夏の疲れにバランスの良い食事は欠かせない!|「L-システイン」「アミノ酸」「オルニチン」「クエン酸」を含む食品を摂ろう!

JOH_2243

by John(画像:Creative Commons)

食べるナビ:夏の疲れを撃退したい。

(2010/8/17、毎日新聞)

料理研究家、松見早枝子さんは「食欲がなくなりがちですが、疲れがたまるこの時期こそ、バランスのよい食事をとるようにしてください。特に良質なたんぱく質は必須です」と話す。

★「L-システイン」有効

疲れをとるには、肝機能を高めることが大切。肝臓の代謝をよくする働きを持つ「L-システイン」「オルニチン」「クエン酸」を含む食材がお薦めという。必須アミノ酸をバランスよく含むたんぱく質も欠かせない。

「L-システインはビタミンCとともに美白、美肌を促すと言われています。紫外線で疲れた肌にも効果的です」と松見さんは強調する。「L-システイン」を含む食材は大豆製品、鶏肉、穀類、全粒粉(ぜんりゅうふん)を使ったパン、柿、ハチミツなどだ。

オルニチン」はシジミやキハダマグロ、ヒラメ、チーズ、パンに、「クエン酸」はオレンジやレモン、グレープフルーツなどの柑橘(かんきつ)類、梅干し、酢などに多く含まれる。

夏の暑さで、夏バテしたり、食欲がなくなっている人も多いのではないでしょうか。

しかし、こうしたときこそ、バランスの良い食事をする必要があります。

記事によれば、

  • 必須アミノ酸を含む良質なタンパク質を摂ること
  • 肝臓の代謝をよくする働きを持つ「L-システイン」「オルニチン」「クエン酸」を含む食材

がオススメなのだそうです。




■アミノ酸

肝臓の解毒機能をサポートしてくれるのがアミノ酸で、肝障害を抑制してくれたり、疲労回復にも効果的なのだそうです。

例えば、卵や牡蠣には多くのアミノ酸が含まれています。

→ アミノ酸 について詳しくはこちら

【関連記事】

■L-システイン

肝臓の代謝促進に欠かせない「Lーシステイン」 必要量摂取、毎日心掛けてによれば、L-システインは肝臓の代謝促進に欠かせないそうで、また美肌やシミ対策など肌の代謝のためにも重要なのだそうです。

L-システインは、雑穀やハチミツ、柑橘類の皮などに多く含まれているそうです。

■オルニチン

肝臓には、様々な機能がありますが、その中のひとつに、アンモニアなどの解毒機能があります。

※アンモニアは、タンパク質が体内で分解されてできる有害物質です。

「オルニチン」には、肝臓でアンモニアを分解して解毒し、尿素に変える働きがあります。

これを、「オルニチンサイクル(尿素サイクル)」といいます。

そして、尿素は尿に含まれて排出されます。

アンモニアは細胞内でのエネルギー生産を妨げるため、疲労にも関係するとされており、肝臓で解毒機能が正常に働いていないと、アンモニアが解毒されず、疲労がたまってしまうと考えられます。

そこで、最近では、オルニチンを含む食品を食べることが注目を集めています。

γ-GTPが高い人にオルニチンを継続して摂取してもらうと、γ-GTPの数値が改善されたそうです。

例えば、γ-GTPが1000を超える41歳の男性に、粉末シジミエキス入りカプセル6錠(計約1・2グラム、シジミ約50個分)を20週間摂取してもらうという研究によれば、肝機能の数値であるγ-GTPの数値が改善されたそうです。

オルニチンはシジミに多く含まれています。

→ オルニチン について詳しくはこちら

【関連記事】

■クエン酸

トマトで疲労軽減=運動前が効果大によれば、運動前と運動途中にトマトジュースを飲むと、アミノ酸やクエン酸などのトマト中の水溶性成分により、運動後の血中の疲労物質の増加が抑えられるそうです。

→ クエン酸 について詳しくはこちら







肝臓関連ワード

続きを読む 夏の疲れ解消には「L-システイン」「アミノ酸」「オルニチン」「クエン酸」を含む食品を摂ろう!

【夏に多い悩み・コンプレックス特集】脇汗(ニオイ・汗染み)・ワキの黒ずみ・顔汗・手汗・足汗・ムダ毛処理




■【夏に多い悩み・コンプレックス特集】脇汗(ニオイ・汗染み)・ワキの黒ずみ・顔汗・手汗・足汗・ムダ毛処理

Лучшее время в моей жизни

by Mila Gutorova(画像:Creative Commons)

これから楽しい夏直前なのに、浮かない顔の人いませんか?

「脇汗のニオイが気になっちゃう」

「汗かいた後の汗染み、みんなに気づかれてないかな?」

「顔汗がダラダラ出て、恥ずかしい」

「○○君(好きな人)と手をつなぎたいけど、手の平が湿ってヌルヌルしていると思われたくないから、手をつなげない…」

「(ムダ毛処理をしたけど)ワキの黒ズミが気になるから腕をあげたくない」

そんな夏に多い悩みの原因・解消法についてまとめてみました。

■脇汗(ニオイ・汗染み)

脇汗の臭いの原因とは?|ワキガのセルフ診断方法|なぜ耳垢が湿っているとワキガの可能性が高いの?

緊張した時のワキ汗|約6割の人が「緊張した時に汗をかきやすい」|ニオイ・汗染みが気になる!

ワキ汗防ぐ制汗剤が進化して人気になったのは、NHKあさイチの有働アナがきっかけ!?



■ワキの黒ずみ

男性に見られたら恥ずかしい部位1位は『ワキ』|ワキの黒ズミの原因とは?



■顔汗

顔汗を止めるやり方|顔から汗をかかない方法のヒントは「舞妓」さんにあった!



■手汗・足汗

「手汗がひどい」「足汗で悩む」というコンプレックスの人もいる





■ムダ毛処理

ムダ毛処理|脱毛方法(カミソリ・シェーバー)・忘れがちな部位(背中)

ダレノガレ明美さんは昔はムダ毛に無頓着だった!今では全身脱毛をするくらい美意識高い系女子に!



■まとめ

夏に多いコンプレックスは脇汗(ニオイ・汗染み)・ワキの黒ずみ・顔汗・手汗・足汗・ムダ毛処理があります。

その他にも、ワキガ(腋臭)やデリケートゾーンのニオイ、頭皮のニオイ、膝の黒ズミなどがあります。

今では同じような悩みを抱えている人が情報を共有して、様々な解消法が紹介されていますので、早いうちから対策を立てましょう。







女性が夏に打ち込みたいことは「ダイエット」!

Bikini Confident

by micadew(画像:Creative Commons)




夏の過ごし方女性はなんといってもダイエット!

(2010/8/15、スポットライト)

10代、20代の男女を対象に、「この夏に打ち込みたいこと」についてモバゲータウン内でアンケート調査を行ったそうです。

すると、この夏に打ち込みたいことについては「勉強」が24.3%で最多。

夏休みは必死で勉強している学生さんも多いですよね。

次いで「恋愛」(22.3%)、「ダイエット」(21.4%)、「アルバイト」(13.3%)と続きました。

これを男女別にみると、女性の回答では、「ダイエット」が36.0%と2位以下に大差をつけ最多だったそうです。

夏にダイエットをしたいという人が多いようです。

しかし、実は夏はダイエットが難しい時期なんです。

夏が一年で最もダイエットしにくいのはナゼ?その理由とは?

夏は汗をかきやすく、代謝が良いのでダイエットしやすいと勘違いしている人も多いようです。

汗をかきやすいのは、人間の体が環境(気温など)に対応して、体を冷やすために汗をかきやすい体にしているためであって、決して代謝が良くなっているわけではないのです。

夏は気温が高いため、体温維持のために力を使う必要がないため、基礎代謝が低いのだそうです。

そのために、夏は1年で最もヤセにくいのですね。

夏だからこそ、基礎代謝をアップさせるような生活習慣を取り入れていきたいですね。

本来であれば、冬や春のうちにダイエットしておいて、夏は維持することに集中したほうが良いかと思います。

⇒ あなたにあった ダイエット 方法の選び方 はこちら

ダイエットの基礎知識 はこちら

ダイエット方法ランキングはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ダイエット方法ランキング