「心理」タグアーカイブ

話している時の目線による心理|視線でわかる相手の気持ち

今回ご紹介する記事は、「話している時の目線による心理」についてです。




【目次】


・目を見て話す時

Music Is My Sanctuary

by Matthew G(画像:Creative Commons)

視線でわかる相手の気持ち

(2012/11/16、ローリエ)

話をするときに目を見て話す場合は、相手が何を考えているのかを探っているようです。

また、外交的な人も相手の目を見て話す人が多いですが、これは相手に自分を信用して貰うための非言語の意思表示の表れでもあるそうです。


・目を見ないで話す時

avoiding eye contact

by Jhayne(画像:Creative Commons)

目を見ないで話す人は、次のような特徴があるようです。

  • 自分の心を知られるのが怖い
  • コンプレックスが強い
  • 相手に嫌悪感を感じている
  • 相手への興味・行為を知られたくない

つまり、相手に対して正直ではない人といえるのではないでしょうか。





・上目遣いで見る時

eye contact

by Michael Knapek(画像:Creative Commons)

上目遣いで見るしぐさは、相手に甘えたいという気持ちや敬意の気持ちを示すようです。


・視線が定まらない時

restless

by Alice(画像:Creative Commons)

相手の視線が定まらない場合は、自信がなかったり、不安であったりするようです。

目を見ないで話す人と同様、

  • 自分の心を知られるのが怖い
  • コンプレックスが強い
  • 相手に嫌悪感を感じている
  • 相手への興味・行為を知られたくない

といった気持ちがあるのではないでしょうか。


・まばたきが多い

Closed eyes

by Lenore Edman(画像:Creative Commons)

瞬きが多い人は、もちろん癖の人もいますが、一般的には、弱気な気持ちや強い緊張状態、不安な状態の時に、瞬きが増えるようです。

また、記事によれば、うそをついている時も不安からまばたきが増えることがあるそうです。







【関連記事】
続きを読む 話している時の目線による心理|視線でわかる相手の気持ち

カップルは見つめ合う時間が長いほど長続きする?|円満な関係を続けられるカップルとそうでないカップルの違いは、「二人の視線」




Engagement Picture

by Cody McComas(画像:Creative Commons)

カップルは見つめ合うほど長続きする?

(2012/10/10、WEBR25)

カナダ・トロント大学の心理学者ラルカ・ペトリカン氏が、長年連れ添った夫婦から付き合いの浅いカップルまで複数のサンプルを集め、一緒に過ごしている時間にどの程度目を合わせているかをカウントしました。その結果、長く連れ添った夫婦ほど見つめ合う頻度が多く、また、その持続時間が長い傾向が顕著だったそうです。これによりペトリカン氏は、目と目を合わせることは、男女が良好な関係を築くうえで非常に重要な行為なのだと結論づけています

カナダ・トロント大学の心理学者ラルカ・ペトリカン氏の研究によれば、長く連れ添った夫婦ほど見つめ合う頻度が多く、また、その持続時間が長い傾向にあったそうです。

心理学者の内藤誼人によれば、円満な関係を続けられるカップルとそうでないカップルの違いは、「二人の視線」なのだそうです。

見つめ合う時間が長いほど、良好な関係を築くことができるそうです。

“目は心の窓”という言葉もありますが、目と目が合うとそれだけで人は相手のことがわかったような気分になるものです。実際に相手が考えていることを正確に読み取るよりも、この“わかった気になる”ことが大切なんですよ

目を見つめて話すことにより、相手のことがわかったような気分になるということが重要なのだそうです。

「目は口ほどにものを言う」ということでしょうか。







【関連記事】
続きを読む カップルは見つめ合う時間が長いほど長続きする?|円満な関係を続けられるカップルとそうでないカップルの違いは、「二人の視線」

小悪魔女性から盗む!男の心をつかむ決めゼリフランキングベスト5|#ホンマでっか




Untitled

by Valetina Manjarrez(画像:Creative Commons)

2012年12月19日放送のホンマでっかTVは小悪魔女性から盗む男の心をつかむ決めゼリフランキングを紹介しました。

小悪魔と呼ばれる女性=男性の心をよく知っている女性

※各順位の言葉は男性の心理に響くため、良くも悪くも影響力が大きい

1位 「こんなに〇〇したの、初めて」
  • 男性の5大欲求のうちの「No.1になりたい欲求」をくすぐっている。
  • 孤立嗜好性
    男性は集団の中で他人と比べて何番かという評価に興味を持つ
  • 計算ミスの指摘の研究
    女の子に「○○さんよりダメ」→やる気をなくす
    男の子に「○○さんよりダメ」→やる気UP
    男性は他人に負けたくないNo.1になりたい気持ちが強い
    女性はオンリー1になりたいため「君だけだ!」等の言葉が嬉しい

<使い方>

飲みに行った時
通常「酔っちゃった」
小悪魔「こんなに酔っぱらったの初めて」

2位 「もしも、私と〇〇したら…」
  • 男性の5大欲求のうちの「想像をふくらませたい欲求」をくすぐっている。
  • 理想優位性が高い
    男性は現実的な事よりも想像をふくらませたい気持ちが強い
  • 想像の中に男性も登場させることが大事
  • 想像に男性を巻きこんで共有感を持たせる言葉の方が良い

<使い方>

好意を伝えようとする時
通常「私と付き合ってください」
小悪魔「もしも私と〇〇君が付き合ったら皆ビックリするかな?」

合コンなどでコッソリ
小悪魔「もしもこの後二人で抜け出すとしたらどうする?」

3位 「何で〇〇って分かったの?」
  • 男性の5大欲求のうちの「言わなくても分かり合いたい欲求」をくすぐっている。
  • 親しさと会話量の研究
    女性同士の場合、親しさ 増・会話量 増
    男性同士の場合、親しさ 増・会話量 減(言わなくてもわかる関係)
    男性は親しい人とは言わなくても分かり合いたい気持ちが強い

<使い方>

サプライズでプレゼントを貰った時
小悪魔「何でこれが好きって(欲しいって)分かったの?」

4位 「あなたが〇〇って言うなら、いいよ♪」
  • 男性の5大欲求のうちの「自分で決めたい欲求」をくすぐっている。
  • 自己定義欲求は世界的に女性より男性が強い傾向がある。
  • 「あなたが決めたことなら私もいいわ」という男性が決めた様な言い方をする
  • 女性は「占い」を好む→他人に定義されたい欲求が強い
    男性は人から決められる事に反発を感じるため占いを好まない
  • 女性→口コミやトレンドの店を好む
    男性→自分が発掘した穴場の店を好む
  • 「〇〇って違うかな?」等男性に提案し決断を委ねる言い方も効果的
    「あなたは今日イタリアンって気分じゃないかしら?」

<使い方>

「キスして良い?」と聞かれた場合
通常「はい」・「いいよ」
小悪魔「あなたがキスしたいって言うなら良いよ」

5位 「どうして〇〇なの?」
  • 男性の5大欲求のうちの「原因を自分で追究していく欲求」をくすぐっている。
  • 原因追究欲求が男性のほうが女性より高い
  • 遊び方の違い
    女の子→形が完成した物で遊ぶ(人形など)
    男の子→形が未完成な物で遊ぶ(プラモデルやパズルなど)
  • 男性は幼少の頃から「疑問を持った物」に興味を持ち解明したい欲求がある
  • 男女の指導法にも違いがある
    女の子「鉄に火をつけると黒色になる」→興味を持つ
    男の子「どうして鉄に火をつけると黒色になるのか?」→興味を持つ

<使い方>

肩についたゴミを取ってもらった時
通常「ありがとうございます」
小悪魔「どうしてそんなに優しいんですか?」







【関連記事】
続きを読む 小悪魔女性から盗む!男の心をつかむ決めゼリフランキングベスト5|#ホンマでっか

女性は押しに弱い?|女性へのアプローチは何度も繰り返すことが大事(リベンジ告白)|ホンマでっか




■女性は押しに弱い?|女性へのアプローチは何度も繰り返すことが大事(リベンジ告白)|ホンマでっか

Ben & Caitlin

by Jason Corey(画像:Creative Commons)

女性へのアプローチは1度じゃダメ

(2012/6/23、R25

心理学者の内藤誼人さんによれば、

愛の告白というのは、繰り返せば繰り返すほど、OKの返事をもらえる可能性が上がるもの

なのだそうです。

「米テキサス大学の心理学者マーティー・ハセルトン氏が、217人の大学生を対象に、異性から告白されたときの気持ちについて、どのような男女差があるのかをリサーチしました。得られた回答を集計した結果、ほとんどの男性が喜んで受け入れるのに対し、女性はその告白自体を疑う傾向が顕著だったそうです」

異性から告白された場合、ほとんどの男性が喜んで受け入れるのに対し、女性は告白自体を疑う傾向にあるそうです。

なぜ女性は男性からの告白を疑うのでしょうか?

なぜこのような男女差が生まれるかというと、これには生物としての役割の違いが関係しています。女性は1人の男性と結ばれ、妊娠・出産に1年の期間を要します。つまり、相手選びに慎重になるのは本能的なものなんですよ

女性が相手選びに慎重になるのは本能からくるもののようです。

そのため、男性が女性に対してアプローチする場合には、何度も繰り返すことで、本気であることを示し、心の壁を崩す必要があるようです。




【関連記事】

ダマされやすい女の特徴・心理|ホンマでっかTV 6月13日

■リベンジ告白に女性は弱い!?

リベンジ告白(フった相手にもう一回告白される)されたら付き合う女性→57%(約6割)

もう一度告白したい男性は51%、そのうちリベンジ告白をしたのは66%、リベンジ告白成功26%

■同じ事を繰り返されるとダマされ易い!?

根本原因は抵抗疲労を利用する。

抵抗疲労とは、同じ事を繰り返すことで抵抗できなくなる

例:DV→暴力に抵抗する事が疲れる→正常な判断力を失いダマされる

■1年間に1500回繰り返すと「嫌」も「良い」になる!?

嘘の事を1500回聞かされるとその人の中では真実に

1500回繰り返す事で→脳が疲労し寄り切られる







【告白 関連記事】
続きを読む 女性は押しに弱い?|女性へのアプローチは何度も繰り返すことが大事(リベンジ告白)|ホンマでっか

美人は外見よりも自分の中身を見てくれる人が好き!?




Walki Talki

by cea +(画像:Creative Commons)

内田理央の贅沢な悩み「内面をほめて」に女芸人が猛反発 – さんまも加勢

(2016/12/27、マイナビニュース)

内田は「他人に言われて傷ついた一言」というトークテーマで、「内面をほめてほしいのに『顔がいい』とか『自撮りがうまい』とかばっかりほめられるんです」と贅沢な悩みを告白。

美人の中には「どうせ私は顔だけよね」と思っているような外見には自信があっても内面には自信がない女性もいれば、男性からは外見しか見てもらえず自分の内面は見てもらえないことを悩む女性もいます。

内面に自信のない女性は「私は内面的な素晴らしさを持っていない」と感じているので、「そんなことないよ。君はとてもやさしいよ。」と伝える人が現れると、彼女が持っていないと思っている内面的なものを与えたことになるため、彼女は欠けたものを埋め合わせてくれる相手のことがとても大切になります。

また、自分の内面は見てもらえないことを悩む女性は、いつも外見ばかりに惹かれる男性に囲まれている中で、自分の中身を見てくれた男性は特別な存在になります。

平均顔のほうが美人よりモテるって本当?|美人が避けられ、平均的な顔立ちが好まれる?

相補性とは、自分にないものを持っている人に強く惹かれることです。

相補性から生まれる親密感は、類似性の親密感に比べて、とても強力で、接着剤のような働きがあります。

それが、なんであんな美人にクマみたいな男と一緒にいるんだという、いわゆる「美女と野獣」カップルが生まれる理由の一つなのではないでしょうか。

インタビュー:北川景子「自分の中身を見てくれる人が好きです」

(2008/10/31、livedoor)

寛子のセリフで一番共感したのが、「私は自分の中身を見てくれる人が好きです」っていうセリフがあって、私もすごくそう思うんですよ。わがままなのかもしれないですけど、外見で判断されるのは嫌だし、中身を見た上でファンだとか、好きだとか言ってくれる人がやっぱり好きなんですよね。

相手の外見だけでなく中身を知るためには、それなりのコミュニケーションをとる必要がありますし、そういう意味でもどんなコミュニケーションをしたか最も重要だといえるのではないでしょうか?







【関連記事】
続きを読む 美人は外見よりも自分の中身を見てくれる人が好き!?