「熊田曜子」タグアーカイブ

佐藤美希さんのスタイルキープ法とは?




NHKサッカーW杯キャスターとして注目を集めた佐藤美希さんの以前のインタビューからスタイルキープ方法についてまとめました。

【目次】

■NHKサッカーW杯キャスター佐藤美希さんのスタイルキープ法とは?

Casual Runner

by Chris Hunkeler(画像:Creative Commons)

“くびれ女王”佐藤美希、“56センチ”ウエストをチラ見せ 熊田曜子への憧れを告白

(2017/5/12、モデルプレス)

現在23歳で身長167cmにしてウエス56cmという佐藤は「日頃からストレッチや食事制限をしたり、歩くようにしたりしています」とプロポーション維持の秘訣を紹介。さらに「下半身がコンプレックスで、太りやすくてむくみやすいので、今年は下半身を引き締めたい」とこれまで以上にボディに磨きをかけることも誓った。

ウエスト56センチの佐藤美希さんのスタイルキープ法は日ごろからのストレッチや食事制限、ウォーキングなのだそうです。

「自分の体型に満足」な女性は0%、下半身(太もも・腰まわり・ヒップ)に悩みによれば、女性300人への意識調査で一人も自分の体型に満足している女性はおらず、太もも 71.0%、腰まわり 70.7%、ヒップ 58.7%と下半身にその悩みが集中していましたが、佐藤美希さんのコンプレックスも下半身で、太りやすくてむくみやすいそうです。

なぜ女性に「むくみ」が多いのか?その原因・足の浮腫み解消法によれば、むくみの原因は1.ふくらはぎの筋肉のポンプ機能が疲労により働かなくなるから、2.冷えという2つが考えられます。

また、女性が足のむくみに悩んでいるのは、ホルモンの影響や体を冷やす服装、足を締め付ける靴なども関係しているようです。

多くの女性が実践している足のむくみ解消法としては、履くだけで足の部位ごとに適度な圧力をかけてくれる着圧靴下(加圧ソックス・着圧ソックス)やマッサージ(リンパマッサージ・足裏マッサージ)、むくみとりには運動が欠かせないので、足首を回したり、かかとを上げ下げするエクササイズをしてむくみ解消法をしているそうです。

■熊田曜子さんの鍛えられた腹筋のくびれに憧れ

そして「熊田曜子さんの鍛えられた腹筋のくびれはすごい。お母さんで、妊娠・出産してもあのスタイルをキープしているのはすごいと思います」と尊敬の念。

熊田曜子式バストアップ&ダイエット方法はお腹の肉を胸に移動させるマッサージと『ながらエクササイズ』(2010年)によれば、熊田曜子さんのダイエット方法は1日1時間マッサージを行うこと。

1時間というと、かなり長いように感じるのですが、インタビューによれば、〇〇しながらマッサージをすることで、自然と1時間マッサージが出来ているようです。

熊田曜子さん、ベリーダンスでダイエットに成功!食事制限なしでウエスト3.5センチダウン!(2011年)によれば、ベリーダンスでウエストが3.5センチダウンしたそうです。

熊田曜子さんが引き締まった腹筋・くびれを手に入れた方法とは?(2015年)によれば、お子さんといっしょに動くことで体が引き締まってきたそうです。

その年その年でやっていることは変わっていますが、腹筋・くびれに対する意識は常に高く持っているように感じます。

そのことが常にスタイルキープする秘訣なのかもしれません。







熊田曜子式バストアップ&ダイエット方法|お腹の肉を胸に移動させるマッサージと『ながらエクササイズ』のやり方!

熊田曜子さんが紹介するバストアップ&ダイエット方法は、おなかや腕のぜい肉を胸にあげるマッサージと日常の『ながらエクササイズ』です。

【目次】




■おなかや腕のぜい肉を胸にあげるマッサージと日常の『ながらエクササイズ』

Sexy Peru Babe

by Thomas S.(画像:Creative Commons)

「これはクルっ?」タレント熊田曜子流ダイエット術!

(2010/4/8、日刊スポーツ)

熊田曜子さんは「やせたい」とジム通いをしたり、エステに行ったり、糖分抜きダイエット、寒天ダイエットなど様々なダイエット方法を試したそうですが、納得の良く結果が出ていなかったそうです。

そこで、始めたのが、1日1時間マッサージを行うこと。

顔のマッサージを始めて1か月後くらいから、体重は変わっていないのに「痩せたんじゃない?」といわれて楽しくなってきて、毎日1時間自分の身体を触るようにしたそうです。

1時間というと、かなり長いように感じるのですが、インタビューによれば、〇〇しながらマッサージをすることで、自然と1時間マッサージが出来ているようです。

マッサージと聞くと、エステでのマッサージや鏡の前で真剣にマッサージする姿を思い浮かべますが、〇〇しながら部分部分のマッサージを行えば、1時間のマッサージなんてあっという間なのではないでしょうか。

熊田曜子さんはテレビを見ながら、携帯を触りながら鎖骨の上下を指の関節を使ってマッサージをしたり、新幹線などの乗り物に乗っているときは、太ももをぞうきんでしぼる感覚でキュッとマッサージを行ない、内もものフワフワ感が残るように加減をしながら触りたくなる肌を目指しているそうです。

顔は朝・晩化粧水をつける時に10分ほど指を曲げた第二関節を使い内側から外側へマッサージをしているそうです。




■ブラ装着時が「胸上げ」勝負

また、ブラ装着時が「胸上げ」が勝負なのだそうです。

体をサイドに傾けたとき、また下にかがんでおなかの肉が重力で下がった部分を上にあげて、ブラジャーの中で押し込む。

「3時間に1回、トイレに行ったときに固定の位置に修正するんです。

毎日やれば、変わり始めます。

本当にお肉が『自分はここだ』と認識してくれるんだと感じました」。

二の腕も同様。

二の腕のお肉をマッサージし、ぜい肉を胸に寄せて胸をマッサージすれば二の腕の肉も「宝」に変身するのだ。

以前テレビ番組でも紹介されたバストアップエクササイズの考え方に近いようです。

AカップからHカップにバストアップする方法|魔女たちの22時

■バストアップエクササイズの方法

●土台づくり

  1. 胸の前で両手の平を合わせて、押しあうようにする。
  2. この動きを今度は、左胸・右胸の前で行う。*このエクササイズは、胸まわりの筋肉を鍛え、バスト(トップ)が垂れないようにする土台作りをする意味があるそうです。

●バストアップ

  1. 片腕ずつ、二の腕についている脂肪を溶かすイメージで5分ほどマッサージします。
    5分ほどマッサージすると、やわらかくなってくるそうです。
  2. そして、その柔らかくなった二の腕の脂肪を、バストに流し込むようなイメージでマッサージをするそうです。
  3. 次に、二の腕と同じように、イメージしながらお腹についた脂肪もよく揉みほぐし、その柔らかくなった脂肪をバストへもってくるというイメージでマッサージをします。
    これらのエクササイズを15分間ほど行うとよいそうです。

また、熊田曜子さんは普段の姿勢を意識することで、腹筋や背筋などを鍛えることができることも紹介しています。

運動する時間がないという人は、日頃の姿勢をきちっとすることで、具体的には、腹筋と背筋を使っていることを意識して垂直にイスに座り、脚もかかとと膝をつけるようにすることで、腹筋・背筋・脚の筋肉を鍛えることができるそうです。

10分やるだけでも違ってくるそうですので、ぜひ取り入れたいところです。

また、姿勢が崩れそうなときには、両手を後ろで組んで姿勢を治したり、立っている時には壁を使って体を一直線にすることを意識するとよいそうです。

熊田曜子さんの考え方は、

  • 食べたいものはしっかり食べる
  • ながらエクササイズで体をチェックし、マッサージを行う
  • 日頃の姿勢を意識する
  • 体重計で自分の体重を管理しながら、食べ過ぎても数日で調整するようにする

というもの。

取り入れやすいものだと思いますので、やってみてはいかがでしょうか。

→ 熊田曜子さんが引き締まった腹筋・くびれを手に入れた方法とは? について詳しくはこちら







P.S.
続きを読む 熊田曜子式バストアップ&ダイエット方法|お腹の肉を胸に移動させるマッサージと『ながらエクササイズ』のやり方!

熊田曜子さんが引き締まった腹筋・くびれを手に入れた方法とは?

kumadayouko20150330

参考画像:撮影|熊田曜子オフィシャルブログ スクリーンショット




熊田曜子、鍛え上げられた美ボディー大胆披露!腹筋&くびれがあらわに…

(2015/3/30、シネマトゥデイ)

熊田曜子さんが引き締まった腹筋をブログで公開したことが話題になっています。

【参考リンク】

撮影|熊田曜子オフィシャルブログ(2015/3/30)

「趣味のベリーダンスはかれこれ1年くらい行けてなくて エステも年に1回行くか行かないか ジムは10年ほど前に通っていましたが合わなくて1ヶ月でやめました」と切り出した熊田は、娘が生まれて自分の時間がなくなり、体作りなどできないと諦めかけていたが、娘の動きが活発になるにつれて自分の体も引き締まってきたと明かす。

2011年の記事によれば、ベリーダンスでダイエットをしていたり、マッサージすることでダイエットしたりしていたようですが、今回の記事によれば、お子さんといっしょに動くことで体が引き締まってきたそうです。

基礎代謝よりも活動代謝を上げることがダイエットの近道|ためしてガッテン 1月5日によれば、「ぞうきんがけ」「皿洗い」「駅の階段登り」などの日頃の動きも積み重ねれば大きなエネルギー消費量になる、つまり「基礎代謝」ではなく日頃からちょこまか動く「活動代謝」を上げることがダイエットの近道だと紹介していました。

熊田曜子さんは活動代謝を上げることによって、引き締まった体を手に入れることに成功したのではないでしょうか。







【関連記事】

P.S.

2013年には産後ダイエット本を出版していたようですが、さらに引き締まっているように見えます。

熊田曜子 産後ダイエット

新品価格
¥1,512から
(2017/3/30 10:54時点)

熊田曜子さん、ベリーダンスでダイエットに成功!食事制限なしでウエスト3.5センチダウン!

Belly Dancing Turkey

by Jenny(画像:Creative Commons)




熊田曜子、超くびれ披露!食事制限なしでウエスト3.5センチダウン!ベリーダンスでダイエットに成功!

(2011/1/19、シネマトゥデイ)

15日付けのブログで「ベリーダンス」によってウエストが3.5センチ減ったという話題を写真と一緒に紹介。

熊田は「女性らしい柔らかくて繊細な動き」とベリーダンスの魅力にはまった様子を伝えながら、「特に食事制限はしませんでしたが 約1ヶ月後おへそまわりが−3.5cmダウン!」したことを報告している。

熊田曜子さんはいろいろなダイエット情報を提供してくれますが、今回は、「ベリーダンス」。

記事によれば、ベリーダンスでウエストが3.5センチダウンしたそうです。

なお、現在は「骨盤エクササイズ」「マッサージ」「ベリーダンス」を行なっているのだとか。

【参考ブログ】

また、芸能人の中にも、エクササイズとして、ベリーダンスをしている人もいらっしゃるようです。

【関連記事】

記事によれば、食事制限無しで、ベリーダンスでウエストがダウンしたそうですが、ベリーダンスで体の中心を鍛えることで、おへそ周りがダウンしたと考えられます。

米運動協会(ACE)のスポークスマン、ジェシカ・マシューズ氏は、ポールダンスは心肺機能の向上、ベリーダンスは体の中心部の強化に非常に効果が期待できるとしている。

ベリーダンスは女性らしいスタイルを作るには良いエクササイズかもしれません。







⇒ あなたにあった ダイエット 方法の選び方 はこちら

ダイエットの基礎知識 はこちら

ダイエット方法ランキングはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ダイエット方法ランキング

【関連記事】

熊田曜子さんの太らない方法は、チョコレート?

1月22日放送のうんちくクンでは、熊田曜子さんの太らない方法が紹介されていました。

【関連記事】

  • ダイエット|うんちくクン(日テレ) 1月22日

熊田曜子さんの太らない方法は、我慢をせずに間食にチョコレートを食べることみたいです。

我慢によるストレスはダイエットを継続するためにはあまり良くないことですので、間食にチョコレートを食べるのも良いかもしれないですね。

 

そこで、行動科学を活用したこういうやりかたはどうでしょうか。

1 小さなゴールを作る。

ダイエットは簡単に結果が出ないもの。そこで、小さなゴールを作ることで、小さな達成感を積み重ねることで継続しやすい状態を作る。

2 ごほうびを設定する。

運動=小さなゴールをやったら、間食にチョコレートを食べて良いというルールを作る

【関連記事】

  • 行動科学を活用して、ダイエットが継続しやすい状態を作る。

 

そして、もし食べるなら、ダークチョコレートの方が良いかもしれません。

【関連記事】

  • 世界一の美女になるダイエット(エリカ・アンギャル)|世界一受けたい授業(1月2日)

 

ダイエット方法の選び方 はこちら

ダイエット方法ランキングはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ダイエット方法ランキング

 

【関連リンク】