「食道がん」タグアーカイブ

お酒に弱いのに飲酒・喫煙をすると食道がんリスク190倍になる!?

Holiday drinks

by Scott(画像:Creative Commons)




お酒に弱いのに飲酒・喫煙…食道がんリスク190倍に

(2009/5/14、読売新聞)

顔がすぐに赤くなるお酒に弱い体質の人が飲酒と喫煙をすると、食道がんになるリスクが、飲酒も喫煙もしない人に比べ、最大190倍も高くなることが、東京大学の中村祐輔教授と松田浩一助教の研究でわかった。

同じ体質の人でも、飲酒・喫煙をしないと、リスクは7倍程度に下がった。

東京大学の中村祐輔教授と松田浩一助教の研究によれば、顔がすぐに赤くなるお酒に弱い体質の人が飲酒・喫煙をすると、食道がんになるリスクが190倍になる可能性があるそうです。

何が原因なのでしょうか。

発がん性が指摘されているアセトアルデヒドをアルコールから作る酵素と、アセトアルデヒドを分解する酵素の二つが、食道がんのリスクに関連していることを突き止めた。

アセトアルデヒドをアルコールから作る酵素と、アセトアルデヒドを分解する酵素の2つが、食道がんのリスクに関連しているそうです。

記事によれば、アセトアルデヒドは、お酒だけでなく、タバコの煙に含まれているそうです。

つまり、お酒に弱い人で、2つの酵素を作る働きが弱い人が、飲酒・喫煙をすると、アセトアルデヒドが増えることで、食道がんになるリスクが高くなるというわけですね。

お酒の弱い人は、自身の体質をよく理解し、生活習慣に気をつけることで、食道がんの予防ができそうです。







中国人の「熱い物好き」に警告、食道がんのリスク増加|台湾癌研

hot pot at 99favortaste

by messicanbeer(画像:Creative Commons)
> 健康・美容チェック > がん > 中国人の「熱い物好き」に警告、食道がんのリスク増加|台湾癌研




中国人の「熱い物好き」に警告、食道癌のリスク増加―台湾癌研

(2009/1/7、Record China)

「アツアツのうちに召し上がれ」は中国人がお客様をもてなす際に良く使う言葉だが、台湾の癌研究機関は「熱すぎや冷えすぎの食べ物」は食道癌など消化器系の病気の原因になるとして注意を呼び掛けた。

太平洋女性網が伝えた。

台湾の癌研究機関によると、熱すぎの食べ物や冷えすぎの食べ物は、食道がんなど消化器系の病気の原因になるそうです。

食べ物はできるだけ体温に近い食べ物のほうが体にはよさそうです。







【関連記事】