hakuraidou_blog のすべての投稿

創造力は学べる!?|創造力は才能か?それとも身につけられるものか?

Breaking News on My Desk

by Moses Mehraban(画像:Creative Commons)




創造力は才能?それとも教えられるもの?最新の研究から見えてきた答え

(2014/8/18、ライフハッカー)

1.オープンネス

「スコアが特に高い人たちは、pMTG(右後部中側頭回)にある灰白質の体積が大きいことがわかりました。pMTGとは、創造性に関連する脳の領域です」とデリストラティ博士。

<中略>

その結果、pMTGの大きさと「オープンネス」と呼ばれる特徴に、高い相関があることがわかりました。オープンネスがある人とは、常に新しい経験を追い求め、想像力豊かな人のことです。そして、オープンネスは後から育てられる特性です。

創造性に関するテストで高得点を出した人は、pMTGという創造性に関する脳領域が大きいことがわかったそうです。

そして、このpMTGの大きさと「オープンネス」に高い相関があることがわかったそうです。

つまり、新しいもの(食べ物・外国語)に挑戦する、新しい人に会うといった好奇心旺盛な人こそオープンネスを育てることができ、そうした人は創造性を高めることができるということですね。

ところで、「海馬 脳は疲れない」(著:池谷裕二・糸井重里)によれば、脳には、「一回分類してしまうと、それ以外の尺度では分類できなくなってしまう」という頑固さとも呼べるような性質があり、創造的であるためには、画一的な見方をする脳に対して常に挑戦をしなければならないそうです。

「オープンネス」は、創造性にとって欠かせないものということではないでしょうか。

海馬―脳は疲れない (新潮文庫)

新品価格
¥680から
(2016/3/18 18:19時点)

2.創造性は脳の処理速度に依存する!?

ある研究で、「情報を高速に処理できる人の脳は、より多様な情報を結びつけたり、より独創的な関連付けを行える」ことがわかったそうです。「これは創造性を示す指標でもある」とデリストラティ氏。

どんなに新しく刺激的な経験をインプットしても、処理能力には限界があるということですね。

ただ、その処理能力は伸ばせると思います。

「海馬 脳は疲れない」(著:池谷裕二・糸井重里)によれば、脳の中の情報の通る量の抵抗が下がったり上がったりすると、道が増えたり太くなったりするそうで、神経細胞は使えば使うほど密になるそうです。

つまり、創造することをやりすぎてしまうことで、その処理能力は上がるということですね。

■まとめ

「海馬 脳は疲れない」(著:池谷裕二・糸井重里)の中に、「センスは学べる」という言葉があります。

センスというのは学べないものだと思っていたので、どういうことなのだろうと思っていました。

人間の認識は感性も含めて記憶の組み合わせでできています。

ですから、創造性も記憶力から来るということが出来ます。

新しい認識を受け入れてネットワークを綿密にしていくことが、クリエイティブな仕事というものに近づいていくヒントになるのです。

ひとつ認識のパターンが増えると、組み合わせの増え方は、統計学的には莫大な数になる。

<中略>

同じ視覚情報が入ってくるにもかかわらず、認識するためのパターンの組み合わせが違う。だからそれぞれの人の見方に個性が出るわけだし、創造性が生まれる。

そう思うと、日常生活においていかに新しい視点を加えることが大切かということがわかります。

同じものを見ていても、人によってモノの見方が違うため、全く人と違ったものを創造します。

大事なことは、新しい視点を加えていくことです。

「ファンタジア」という創造性について書かれた本の中で、創造性と子供についてこう書かれています。

ファンタジア

新品価格
¥2,592から
(2016/3/18 18:21時点)

子供を創造力溢れ、のびのびしたファンタジアに恵まれた人間に育てたいなら、可能な限り多くのデータを子供に記憶させるべきだ。記憶したデータが多ければ、その分より多くの関係を築くことができ、問題に突き当たってもそのデータをもとに毎回解決を導き出すことができる。

子供は創造性に溢れていて、大人と違った発想をするという意見があります。

ただそれは子供の中にある限られた視点から情報を組み合わせているため、大人からは面白い発想をするように見えているだけかもしれません。

「海馬 脳は疲れない」「ファンタジア」に共通するのは、「記憶」です。

認識のパターンの記憶が多ければ多いほど、多くの関係を築くことができ、新しいアイデアや解決策を考えることができるのです。

つまり、「創造性は学べる」のです。







【創造力 関連記事】

【教育 関連記事】

なぜ、スマホ禁止で成績が向上するのか?|「携帯禁止で成績向上、週1時間の勉強時間追加に相当 英研究」より

ISC Language Teaching Workshop Spring 2012

by Jirka Matousek(画像:Creative Commons)




携帯禁止で成績向上、週1時間の勉強時間追加に相当 英研究

(2015/5/19、CNN)

校内で携帯電話を使うことを禁止した学校では、試験の平均スコアが6.4%上がったことが分かった。特に成績不振の生徒では、スコアが14%も伸びていた。

これは「授業時間を週に1時間追加する」あるいは「年間授業日数を5日増やす」といった措置と同等の効果に当たるという。

ロンドン大学経済政治学院(LSE)の研究チームによれば、学校が携帯電話の使用を禁止すると、生徒の成績が大幅に向上したそうです。

なぜ、LINEなどのコミュニケーションアプリを使うと、学力が下がるのか?によれば、通信アプリの使用で勉強や睡眠の時間が減った結果として成績が下がるのではなく、通信アプリが直接的に成績を下げる方向に作用している可能性があるそうです。

以前考えた理由は2つ。

1.集中力が奪われるため

一つ考えたのは、コミュニケーションアプリでメッセージのやりとりをする実際の時間はそれほど長くなくても、頭の片隅でそのやりとりについて考えてしまっているため、集中力が欠けてしまっているのではないでしょうか。

【関連記事】

2.学習による刺激よりも携帯電話でのやり取りのほうが刺激が強いため、学習の記憶が残りにくくなるため

もうひとつ考えたのは、ネット漬け生活でポップコーン脳に?!によれば、人間の脳は手っ取り早く得られる快感と迅速性、テクノロジーの予測不可能性を求める仕組みになっているため、継続的に刺激が得られるネットに依存するそうです。

つまり、学習による刺激よりも、コミュニケーションアプリでのやりとりによる刺激が強いため、脳に学習の記憶が残りにくくなるのではないでしょうか。

今回は3つ目の理由を考えてみました。

■スマホの使用時間が長くなると姿勢が悪くなり、集中力が維持できなくなる?

集中力を維持するには、脳ではなく「いい姿勢」と「筋力」が重要!?によれば、姿勢が集中力の向上に重要であったり、また、姿勢が感情をコントロールしていると考えられるそうです。

猫背で、いかにも自信なく物事を決断するより、胸を張ったいい姿勢で決断した方が、その後の結果に自信が持てるというデータが出ているんです。

<中略>

姿勢が脳の状態、つまり感情をコントロールしているといえるかもしれません。その姿勢をつくるための根本的な筋力を持っていないと、そもそも感情をうまく維持できなくなる。

今回の記事は学校での携帯電話禁止と学力の向上の関係のため、直接的には関係ありませんが、いい姿勢を保つことが、集中力アップにつながり、決断に自信を持てたり、感情をコントロールすることにつながるということは、全体的に見れば、学力の向上と関係するのではないでしょうか。

「女子高生、スマホ1日7時間」によってもたらされる4つの影響とは?によれば、スマホを一日7時間使用しているそうですが、その影響は体にも表れています。

【関連記事】

スマホを見ると首が痛い!?実は、首には最大27KGの負担がかかっている!?スマートフォン使用で体を痛める人が増加によれば、人間の頭部の平均重量は4.5~5.5キログラムなのだそうで、スマホを見るときに前かがみになり首を傾けると、その姿勢の悪さから、首に負担がかかり、その影響は、体全体に及ぶそうです。

また、女性の5割が寝た状態でスマホ操作している!?によれば、現在のスマホを使っている人のライフスタイルとして、寝た状態でスマホ操作をしている女性が約5割いるそうです。

寝た状態でスマホを使うのは、日頃うつむき加減の姿勢でスマホの画面を見続けることが多くて、首や肩に負担がかかるためなのではないでしょうか。

日本人は猫背になりやすい!?|猫背が引き起こす体の不調・1秒で猫背が改善する方法によれば、日本人は、民族的特徴(祖先が農耕民族であり、長い期間背中を丸めながら田畑を耕し生活)や骨格、体幹の弱さにより猫背になりやすいようです。

元々猫背になりやすい日本人がスマホの普及によって、ますます前かがみの姿勢をするようになり、悪い姿勢になっていることが考えられます。

■まとめ

携帯電話の禁止の学力の向上の関係性についてまだはっきりとわかっていません。

ただ何となくいつもスマホに触れているというあなた(お子さん)は1時間でもスマホに触れない時間を作ることで、また違ったものに出会えるかもしれないことを覚えておいてください。







【運動と脳 関連記事】

軽い運動でも脳の認知機能は向上する!?

ウォーキング程度の軽い運動を短時間行なっても脳の認知機能が高まることがわかったそうです。

仕事の合間に運動をするとモチベーションや生産性がアップするという研究結果

エロン大学で行なわれた調査結果によると、運動後は運動前よりも元気になるだけでなく、認知能力の向上も見られたそうです。

「身体を鍛えることは脳も鍛えること」という研究結果

運動すること(体を鍛えること)によって、脳内に新しいミトコンドリアが生まれ、脳に関連する神経変性の病気への緩衝材になる可能性があるそうです。

運動をすると頭も体もスマートになる?

運動の結果、脳の最大酸素摂取量が上がり、被験者たちの認知能力に大幅な改善が見られた、と博士は語っている。

起業家の成功の秘訣は「睡眠、食事、運動」

例えば、PayPal社の創設者であるマックス・レヴチンは熱心なサイクリストで、Trulia社の社長サミ・インキネンは世界的なトライアスロン選手、Path社の最高経営責任者(CEO)であるデイヴ・モリンは、米国代表チーム級のスキーヤーだ。

運動を続けるとストレスに強くなる?その科学的根拠とは?

数週間運動を続けると、ストレス耐性に効果があると考えられるということ。

ただし、短期間では成果ができるものではないということ。

できるビジネスマンが運動を生活習慣の一部に取り入れているのは、体力づくりや健康のためだけでなく、こういうこともあるのかもしれませんね。

たとえば、日本マクドナルド・原田社長は、毎朝10.5キロのジョギングが日課で、週末は自転車100キロ走るそうです。

【参考記事】

「ON、OFFのけじめが、クレージーな発想を生む」/日本マクドナルド・原田社長(2009/11/12、プレジデント)

仕事ができる人の多くは、運動する習慣をもっている印象があります。

家庭でのことや仕事のことでストレスを抱えている人は、運動を続けてみてはいかがでしょうか。

【教育 関連記事】

なぜ、LINEなどのコミュニケーションアプリを使うと、学力が下がるのか?

"Texting My Man"

by Cubmundo(画像:Creative Commons)




LINEは学力を下げる? 長時間のアプリ使用、睡眠・学習時間不足より強い影響 東北大調査

(2015/3/20、itmediaニュース)

東北大学は3月19日、LINEなどの無料通信アプリの長時間使用が、睡眠時間や学習時間の不足より大きく学力低下に影響を与えると発見したとする調査資料を発表した。「スマホ/携帯の使用時間はどんなに長くても1時間以内に抑えるべき」と啓発している。

このニュースを初めて読んだときは、コミュニケーションアプリを長時間使用したことによって、睡眠時間や学習時間が不足したことによって学力低下に影響しているのだから、コミュニケーションアプリの問題ではないでしょうと思いました。

しかし、詳しく読むと、コミュニケーションアプリの使用自体が成績を下げる影響があるのではないかと考えられるそうです。

平日1日当たりの通信アプリの使用時間は、勉強時間や睡眠時間の短さによる学力低下への影響力よりも強かった。通信アプリの使用で勉強や睡眠の時間が減った結果として成績が下がるのではなく、通信アプリが直接的に成績を下げる方向に作用している可能性があり、「分析を行った研究チームとしても、非常に衝撃的な結果」としている。

一つ考えたのは、コミュニケーションアプリでメッセージのやりとりをする実際の時間はそれほど長くなくても、頭の片隅でそのやりとりについて考えてしまっているため、集中力が欠けてしまっているのではないでしょうか。

もうひとつ考えたのは、ネット漬け生活でポップコーン脳に?!によれば、人間の脳は手っ取り早く得られる快感と迅速性、テクノロジーの予測不可能性を求める仕組みになっているため、継続的に刺激が得られるネットに依存するそうで、学習による刺激よりも、コミュニケーションアプリでのやりとりによる刺激が強いため、脳に学習の記憶が残りにくくなるのではないでしょうか。

「なぜ、コミュニケーションアプリを使うと、学力が下がるのか?」

その原因をぜひ突き止めてほしいですね。







【関連記事】

【追記(2015/5/27)】

駆け込みドクター 5月17日|認知症|認知症チェック・認知症予防にアマニ油・デジタル認知症によれば、デジタル認知症とは、スマホやタブレットに依存しすぎることによって、次のような症状が出ることを言うそうです。

  • 書けたはずの字が書けない
  • 昨日食べたものを忘れる
  • 自宅の電話番号、人の名前が思い出せないなど物忘れがひどくなる

現時点では、デジタル認知症は正式な病気ではなく、まだまだ分かっていないことが多いそうですが、「なぜ、コミュニケーションアプリを使うと、学力が下がるのか?」の謎を解明する鍵の一つとして考えられるのではないでしょうか。

【教育 関連記事】

マシュマロチャレンジからわかること|創造性・デザイン・チーム・試作品を作る重要性

Marshmallow challenge

by Strelka Institute for Media, Architecture and Design(画像:Creative Commons)




Tom Wujec:トム・ウージェック:塔を建て、チームを作る

(Feb 2010、TED TALK)

■マシュマロチャレンジとは?

4人から成るチームが 20本のスパゲッティと テープとひもを90センチずつ、それにマシュマロで できるだけ高い自立式の建造物を作る

通常、多くの人々は課題について話し、どんな形にすべきか検討し、主導権争いをします。

その後、しばらくは計画と準備に時間を割き、スケッチを描いて、スパゲティの配置を決め、建造物を高くすることに大半の時間を使います。

最後になってようやくマシュマロをのせます。

多くの場合、マシュマロの重みでつぶれてしまうそうです。

なぜ、このような結果になってしまうのでしょうか。

幼稚園児のチャレンジと比較してみます。

幼稚園児は、主導権争い・権力争いをしません。

最初に、マシュマロから始めるのです。

いつもマシュマロを一番上に置いて、試作品を作り、何度も修正をしていきます。

試作品を作ることで、構造物の良い点、悪い点がわかり、そのアイデアをフィードバックすることでより良いものが出来上がっていくのです。

このことから得られる大事な考えは、プロダクトを作る際のゴールを明確にし、そのゴールに向かって試作を繰り返し、よりよいものを作り上げていくということ。

そして、もう一つこのチャレンジで大事だと思ったことは、専門性です。

一番良くできたのは誰でしょう? 建築家とエンジニアです 少しほっとしますね (笑) 99センチというのが私の見た最高記録です なぜか? 彼らは安定した建造物を作るには 三角形と自己強化する幾何学構造が キーポイントになることを 知っているからです

やはり専門的知識が重要だということがわかります。

 

■まとめ

マシュマロチャレンジでは、いろんなことがわかります。

●創造力について
●チームについて(共同作業を通じて)
●デザインについて
●試作品を作る重要性について

ぜひ会社で、学校で、家族でやってみてはいかがでしょうか。







【創造性 関連記事】

【教育 関連記事】

天才チェスプレーヤー ボビー・フィッシャーが持っていた能力とは?|完全なるチェックメイト PAWN SACRIFICE

pawn_sacrifice

参考画像:Pawn Sacrifice Official Trailer #1 (2015) – Tobey Maguire, Liev Schreiber Movie HD|YouTubeスクリーンショット




トビー・マグワイアが天才チェスプレイヤーに!「完全なるチェックメイト」12月公開
(2015/10/16、映画.com)

米ソによる東西冷戦時代、15歳でチェスの最高タイトル“グランドマスター”を最年少で獲得した天才プレイヤーのボビー・フィッシャーが、チェス最強国ロシア(当時はソ連)の絶対王者ボリス・スパスキーに挑んだ世紀の対局を描く。IQ187を誇り、類まれな才能を持ちながらも、自分の主張が通らないと大事なゲームすら放棄するなど奇行を繰り返した天才を演じたマグワイアは、製作も務めた。

米俳優トビー・マグワイアが実在の天才チェスプレイヤーボビー・フィッシャーを演じた映画「完全なるチェックメイト(原題:PAWN SACRIFICE)」12月25日から全国で順次公開されるそうです。

pawn_sacrifice_01

参考画像:Pawn Sacrifice Official Trailer #1 (2015) – Tobey Maguire, Liev Schreiber Movie HD|YouTubeスクリーンショット

この映画のストーリーの原作を読みましたが、それぞれの人の視点によって、感想は違ったものになってくる内容です。

私が気になったのが、「天才」について。

天才の主人公を題材にしていますが、もちろん知能はIQ187と普通の人にとってはそれだけで「天才」といってしまいます。

しかし、本を読む限り、ボビー・フィッシャーという人物は、努力の天才でもあるのです。

彼は、風呂の中でもチェス盤を離さないほど四六時中、チェスの研究に励んでいるのです。

10000時間の法則であなたも「本物」になれる?で紹介した「天才!成功する人々の法則」(著:マルコム・グラッドウェル)の中でマルコム・グラッドウェルが提唱する1万時間の法則によれば、どんなに才能に恵まれた人でも1万時間の練習を続けることで本物になっているそうです。

天才! 成功する人々の法則

成功する人が共通して持つ「グリット」という能力とは?によれば、心理学者のAngela Lee Duckworth(アンジェラ・リー・ダックワース)氏が成功に必要なものとして提唱したのが、「グリット」という能力です。

「グリット」とは、物事に対する情熱であり、また何かの目的を達成するためにとてつもなく長い時間継続的に粘り強く努力することによって、物事を最後までやり遂げる力のことです。

どんなに才能に恵まれていても、その才能を伸ばすための長期的・継続的な努力が足りなければ成功するのは難しいということですね。

IQの高さより自己鍛錬が大事によれば、持って生まれた才能(IQの高さ)よりも継続して努力することの方が学業の成績がのびるという結果が出たそうです。

ボビー・フィッシャーは持って生まれた才能だけではなく、その才能を伸ばすために長期的に・継続的に粘り強く努力したことによって、天才と呼ばれるようになったのです。

YouTube Preview Image

Pawn Sacrifice Official Trailer #1 (2015) – Tobey Maguire, Liev Schreiber Movie HD







完全なるチェス 天才ボビー・フィッシャーの生涯(著:フランク・ブレイディ―)

完全なるチェス 天才ボビー・フィッシャーの生涯 (文春文庫)

中古価格
¥833から
(2015/10/19 11:16時点)

ENDGAME

Bobby Fischer’s remarkable rise and fall from america’s brightest prodigy to the edge of madness

Endgame: Bobby Fischer’s Remarkable Rise and Fall – from America’s Brightest Prodigy to the Edge of Madness

中古価格
¥2,716から
(2015/10/19 11:19時点)

【教育 関連記事】