「玉ねぎ」タグアーカイブ

【名医のTHE太鼓判】ニンタマス味噌玉の作り方|玉ねぎ・にんにく・味噌・酢で作るみそ汁|5月6日




2019年5月6日放送の「名医のTHE太鼓判」で紹介された玉ねぎ・にんにく・味噌・酢で作る「ニンタマス味噌玉」の作り方を動画にまとめました。

【ニンタマス味噌玉(10回分)の材料】

  • たまねぎ 1個
  • 味噌 100g
  • にんにく 1かけ
  • 酢 大さじ1

【名医のTHE太鼓判】ニンタマス味噌玉の作り方|玉ねぎ・にんにく・味噌・酢で作る味噌汁

【ニンタマス味噌玉の作り方】

  1. たまねぎとにんにくをすりおろす。
  2. 耐熱容器に入れて、電子レンジ(600W)で4分加熱。
  3. 味噌と酢を加えて混ぜる。
  4. 製氷皿に入れて凍らせる。

【ニンタマス味噌玉の身体にいいところ】







たまねぎのケルセチンで動脈硬化改善・対策|ケルセチンで血管年齢若返り

健康・美容チェック > 動脈硬化 > 動脈硬化に良い食べ物 > たまねぎのケルセチンで動脈硬化改善・対策|ケルセチンで血管年齢若返りり

2015年10月6日放送の林修の今でしょ!講座のテーマは「体の悩みを解消する最強の秋野菜ベスト6」でした。




第3位 タマネギ(動脈硬化対策)
たまねぎの皮にはケルセチンが豊富
たまねぎの皮にはケルセチンが豊富

玉ねぎには動脈硬化対策につながると期待とされる「ケルセチン」という栄養素が含まれています。

ケルセチンには、血管をしなやかにする働きがあるため、血管年齢を若返らせてくれるそうです。

タマネギエキス継続摂取による食後の血管内皮機能改善効果を確認

(2012/7/19、ハウス食品)

今回、ポリフェノールの一種であるケルセチンを含む濃縮タマネギエキスの摂取によって、食後の血管内皮機能が改善されることを確認しました。

玉ネギに含まれているケルセチンを約4倍アップさせる方法は1週間日光に当てる。

ケルセチンは水に流れ出す性質があるので、切ったたまねぎは水にさらさないのがコツです。

玉葱の栄養を逃さないためのポイントは油で揚げる。

おすすめレシピは、「オニオンリング・カレー味」。

カレー粉に含まれるクルクミンも抗酸化力が高いため、タマネギとカレー粉の組み合わせがオススメ。

→ 動脈硬化とは|動脈硬化の症状・原因・改善方法 について詳しくはこちら

→ 血管年齢を若くする方法|血管年齢を下げるために効果的な食べ物・運動 について詳しくはこちら







【血管年齢関連記事】
続きを読む たまねぎのケルセチンで動脈硬化改善・対策|ケルセチンで血管年齢若返り