「目のくま」タグアーカイブ

簡単ニベアパックのやり方・効果|ニベア青缶で美肌スキンケアを実際にやってみた!

> 肌知識 > スキンケア > ニベアパックのやり方・効果|ニベア青缶で美肌スキンケア




■ニベア青缶を使ったお得なニベアパックのやり方

先ほどのツイートがわかりやすいのが、ポイントを押さえておきます。

1.顔全体にニベアをべったり塗る

2.半身浴で15から20分

3.蒸しタオルをのせる

4.ニベアをとる

5.とったニベアで全身マッサージ

■感想

以前ツイートを見て一度試してみたいと思っていたニベア青缶を使ったニベアパックをやってみました。

ニベアクリーム 青缶 大缶(169g)【k3q】【イチオシ】【ニベア】

価格:564円
(2018/11/24 21:59時点)
感想(149件)

しっとりもちもちした感じがする・・・といっても一回使った程度では本当の結果はわかりませんので、その可能性について考えてみました。

1.保湿効果

なりたい顔NO.1森絵梨佳になる方法(スキンケア)でも紹介しましたが、美肌で大事にするポイントは「保湿」。

肌年齢マイナス10歳!憧れの綾瀬はるかさんのような美肌になるスキンケア方法・食事方法とは?によれば、綾瀬はるかさんは保湿を重視しているそうで、保湿の方法もいつも同じようにするのではなく、その日の肌の調子を見ながら、化粧水を塗るそうです。

また、時間がない時でも乳液はつけるようにしているそうです。

【関連記事】

特に秋から冬にかけて乾燥してきますので、さらに保湿が重要になってきます。

【関連記事】

日常的にニベアパックをするというよりも1,2週間のスパンで行うと肌にとってもよいのではないでしょうか。

また、「目のくま」と「低体温・冷え性」と「乾燥」には関連がある!?とも考えられますので、目のくまが気になる方は実践してみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

⇒ 目のくま解消法 について詳しくはこちら

⇒ 目のクママッサージ について詳しくはこちら

 

2.半身浴で体を温める

半身浴で体を温める美容法を実践している女優さんやモデルさんも多いですよね。

【関連記事】

ニベアパックと半身浴で体を温めれば、美肌+冷え性・低体温対策の両方ができて、一石二鳥です。

⇒ 体温を上げる方法 についてはこちら

⇒ 低体温|低体温の改善・原因・症状 についてはこちら

⇒ 冷え性改善・冷え症対策 についてはこちら

 

3.全身マッサージで保湿・疲労回復・ダイエット

拭き取ったニベアで全身マッサージをすれば、保湿効果と疲労回復、ダイエット効果が期待できますね。

【関連記事】







P.S.
続きを読む 簡単ニベアパックのやり方・効果|ニベア青缶で美肌スキンケアを実際にやってみた!

なぜ目を温めると冷え性対策になるのか?|目を温めることで副交感神経をゆるめて、血の巡りが良くなり、手や腕、おなかなどが温まる

健康・美容チェック > 冷え性 > なぜ目を温めると冷え性対策になるのか?|目を温めることで副交感神経をゆるめて、血の巡りが良くなり、手や腕、おなかなどが温まる




120/365 My girl

by Oscar Castañón Barragán(画像:Creative Commons)

2010年11月25日放送のズームインスーパーで「温活(冷え性対策をすること)」が特集され、そのなかで、目を温めて冷え性対策ということが取り上げられていました。

目を温めると、なぜ冷え性対策(体を温める)になるのでしょうか?

目を温めると全身が温まる!? – 血巡り研究会

眼球をコントロールする動眼神経は、副交感性の神経です。

副交感神経といえば、血管を開いて全身の血めぐりをよくし、身体をリラックスモードにしてくれる神経。

目を温めると、そのスイッチが入るため、手や足までポカポカしてくるんです。

動眼神経は副交感神経で、目を温めることで副交感神経をゆるめて、血の巡りが良くなり、手や腕、おなかなどが温まるということのようです。

<方法>

  1. 蒸しタオル(約40度)で目を温めるだけ。

P.S. 西尾由佳理アナウンサーは、目の下のクマ対策として蒸しタオルで毎朝温めているとコメントしていました。

 

目の下のクマを取る方法 原因と解消方法 について詳しくはコチラ

目のクママッサージ について詳しくはコチラ

 

体温を上げる方法についてはこちら。

 

低体温|低体温の改善・原因・症状についてはこちら。

【関連記事】

■冷え性解消方法

冷たい食べ物や甘い食べ物をあまり食べないようにする

糖分には体を冷やす作用があり、冷え性の原因となるので、できるだけ食べないようにする。

温かい飲み物を飲んで冷え性改善!

旬の野菜や果物を摂取して冷え性改善!

食べない系ダイエットは避ける

食事をすると、体内に吸収・分解される際に、熱が発生します。食事誘発性熱産生といいます。

たんぱく質は熱に変わりやすいので、たんぱく質の摂取を忘れない

基礎代謝をアップして痩せやすい身体を作る4つの方法によれば、筋肉をつけるためには、運動することだけではなく、筋肉を作る材料となるたんぱく質を摂取することが大事です。

冷え性の人が増えている理由の一つには、デスクワークが増えたり、運動する機会が減るなどして、筋肉量が減少していることが挙げられます。

たんぱく質を摂取し、運動する機会を増やして、熱のもととなる筋肉を付けたいですね。

ココア

ココアには体の冷え対策に有用な「体温保持効果」があることがわかったそうです。

ココアに含まれる『ポリフェノール』や『テオブロミン』は血管拡張作用があることが報告されており、特に手足の先の血液循環を改善することで、ゆっくりと長く冷えを抑制できると考えられます。

【参考記事】
ココアには体の冷え対策に有用な「体温保持効果」がある!?

乾燥しょうが

乾燥しょうがは、ジンゲロールとショウガオールの2つの働きによって、全身を温めてくれるそうです。

【参考記事】

乾燥しょうがで体を温める!

体温を上げる(冷え性を改善する)方法には、食生活の改善以外にもさまざまな方法がありますので、ぜひこちらもご覧ください。

運動で冷え性改善!

運動不足になると、血液を送る筋力が低下し、冷え性の原因となるので、積極的に運動して筋肉を鍛えましょう。

第2の心臓とも呼ばれるふくらはぎが動き、そのポンプ作用で血流が良くなります。

また筋肉を使うことで体温が上がります。

冷え性でない人は運動(ウォーキング・ラジオ体操・筋力アップ)で冷え性対策をしているによれば、長年冷え性の人は、厚着をしたり、電気毛布や湯たんぽ、暖房器具を利用する人が多いのに対して、冷え症でない人は、からだを動かすことを大事にしているようです。

  • ウォーキングやラジオ体操など体を動かすことを意識している
  • 筋力を上げてから冷えが気にならなくなった
  • 体を温める食べ物を多くとるように心がけている

また、運動することで交感神経の働きが上手になってくるそうです。

冷え性を根本的に対策するには運動する機会を増やすほうがいいかもしれませんね。

ウォーキングやスクワット・スロトレなどがオススメ。

お風呂にゆっくり浸かる

お湯に浸かると、身体が温まり、血液の循環がよくなり、疲れもとれ、健康にもダイエットにも効果的。

また、ストレスがかかりやすい現代人の生活の中ではリラックスする方法としてもお風呂の時間を大事にしたいものです。

お風呂にゆっくりつかることで体が温まるだけではなく、リラックスすることで自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスが整うことが期待されます。

さらには、冷え性・低体温になると、血流が悪くなり、肌に栄養がいきわたらず、老廃物の代謝が低下してしまうため、肌の不調が出てくるので、美容のためにも、お風呂にゆっくりつかるのはよいのではないでしょうか。

●オススメ入浴法:ストレッチ入浴法

40度~42度のちょっと熱いと感じる程度のお湯を用意し、入浴時間は10分間。

最初の5分は寝るようにして首までしっかり浸かり、残りの5分は起き上がり座った姿勢で胸元を出してリラックス。

※入浴前は足元からかけ湯を行うこと。

1.お湯は40~42℃で2分間首まで浸かる。

2.2分経ったら上半身のストレッチ

両肘を後ろに突っ張り胸をはる

左右の肩甲骨をくっつけるように背筋を伸ばし5つ数える(2回)

(思いっきり力を入れて背筋を伸ばすのがポイント)

3.下半身のストレッチ

入浴から5分後起き上がり胸元まで体を出す

坐禅のように脚を組む

足の指先を手で握り引き寄せるように足指を伸ばす

5つ数えたら手を離し足を伸ばす。(2~3回)

(足を伸ばすことで血液がしっかり流れる)

4.10分たつまでゆっくり浸かる

【参考記事】

冷え症・ストレッチ入浴法|みんなの家庭の医学 12月7日

お酒の飲みすぎに気をつける

タバコを控える

タバコは急激に血管を収縮させてしまい、血液の流れが悪くするともに基礎代謝も低下させてしまうためです。

寒さにあたる

寒さにあたることで、交感神経の活動が高まり、血管収縮のトレーニングになる。

冷え性のツボ

足の冷え解消のツボ:築賓(ちくひん)

足の冷えと腰痛解消のツボ:胞肓(ほうこう)

下腹の冷え解消・更年期障害・月経不順のツボ:三陰交(さんいんこう)

足の冷え改善のツボ:八風(はちふう)

下半身の血流改善のツボ:臀中(でんちゅう)

マッサージ

冷えと肌荒れに共通するのが、血行不良。
冷えは血行不良が原因の一つであり、血行が悪いと新陳代謝が落ちるため、肌荒れが起きやすくなるそうです。

また、ユースキン製薬が男女約800人に調査したところ、かかと荒れがある人のうち約8割が「冷えの自覚がある」と答えています。

冷えと肌荒れ防止のために、マッサージクリームを使ってマッサージをすると、冷え対策・肌荒れ対策になり一石二鳥ですよね。

特に、ふくらはぎのマッサージを入念にやるとよいそうです。

ふくらはぎは血液を送るポンプの役割を果たしていて、ふくらはぎをマッサージをするとその機能を補うことが出来ます。

【参考記事】

 ヘスペリジン

グリコ健康科学研究所によれば、冷えを感じる女性が「ヘスペリジン」に糖を結合させた「糖転移ヘスペリジン」を摂取すると冷水で冷やした手の皮膚表面温度の回復を早めることが分かったそうです。

また、あらかじめ糖転移ヘスペリジンを摂取しておくと、冷房が効き過ぎていても、手足の冷えが抑えられるそうです。

【関連記事】

⇒ 冷え性解消方法(食べ物・食事・運動) について詳しくはこちら

→ 冷え性改善方法|冷え症の症状・原因・末端冷え性(手足の冷え) について詳しくはこちら







【関連記事】
続きを読む なぜ目を温めると冷え性対策になるのか?|目を温めることで副交感神経をゆるめて、血の巡りが良くなり、手や腕、おなかなどが温まる

酒粕&米麹入り甘酒で目の下のクマが改善される|#森永製菓

健康・美容チェック > 目の病気 > 目の下のクマを取る方法 原因と解消方法 > 酒粕&米麹入り甘酒で目の下のクマが改善される|森永製菓




■酒粕&米麹入り甘酒で目の下のクマが改善される|森永製菓

甘酒(米麹)
甘酒(米麹)

森永製菓、酒粕&米麹入り甘酒で目の下のクマが改善されると発表

(2015/5/15、マイナビニュース)

森永製菓はこのほど、東京工科大学 前田憲寿教授(医学博士)と共同で行った研究により、酒粕と米麹を使用した甘酒の飲用が、目の下のクマの改善に効果があることを明らかにした。

酒粕と米麹を使用した甘酒を継続して飲むと、目の下のくまの改善に効果があることがわかったそうです。

→ 目の下のクマを取る方法 原因と解消方法 について詳しくはこちら

酒粕と米麹を使用した甘酒の飲用前後のクマの明るさ変化を見た実験結果
酒粕と米麹を使用した甘酒の飲用前後のクマの明るさ変化を見た実験結果

参考画像:『“酒粕”と“米麹”を使用した甘酒』の飲用で“目の下のクマの改善”が見られました!(2015/5/12、森永製菓)|スクリーンショット

1カ月間の継続飲用の結果、測定装置を使用した「目の下のクマ」の評価では、甘酒群は「目の下のクマの明るさの有意な改善」が認められた。対象者自らが感じる主観的評価でも、甘酒群のみが、目の下のクマの明るさに対して有意な改善を感じており、実感を伴った結果であることがわかる。

また、「皮膚の表面湿度」についても、甘酒群のみが飲用後は湿度の上昇が確認できた。主観的評価でも、「髪のつや」「朝の目覚めの良さ」が、甘酒群のみ有意な改善を感じている。

今回のニュースのポイントをまとめてみます。

  • 甘酒を飲むと、目の下のくまの改善があった。
  • この結果は飲用者の実感を伴った結果であった。
  • 甘酒を飲むと皮膚の表面温度の上昇が確認できた。
  • 「髪のつや」「朝の目覚めの良さ」を感じられた。

今回の記事には、なぜ甘酒を飲むことで目の下のクマが改善したか(甘酒に含まれる何の成分が関係しているか)について書かれていませんでした。

考えられる理由としては、皮膚の表面温度が上昇していたことから、血流が改善したことが考えられます。

→ 目のクママッサージ について詳しくはこちら

【関連記事】

1.冬は目の下のクマがある女性が急増するらしい

夏には目のクマがある女性は38パーセントしかいないのに対し、冬には82パーセントもの女性が目の下にクマがあったそうです。

医師によると、冬は乾燥しているためクマができやすい環境でもあります。乳液やパック、目元用パックなどを使い保湿を重視すべきとのこと。日々のケアで皮膚の疲れが改善され、クマと色素沈着を改善できるそうです。

2.手足の荒れ、「冷え」が犯人 マッサージで血行改善
冬の肌のトラブルの要因はなんといっても乾燥。

水分が失われ肌のバリア機能が低下したところに、外からの刺激をうけると荒れの原因になる。

冷えは血行不良が原因の一つであり、血行が悪いと新陳代謝が落ちるため、荒れが起きやすくなるそうです。
3.手荒れと冷えには関係がある?

>ビタミン系クリームを使用したハンドマッサージを1日2回、2週間続ける実験を行ったところ手あれが改善し、さらには“皮膚表面温度が10°C以上上昇する”など、ハンドマッサージは冷えにも改善効果が期待できることが実証されました。

手洗いや手を使う仕事をした後は、ハンドクリームなどで水分や油分を補う習慣をもったり、普段から木綿の手袋などを着用し、保湿するのもよいそうです。

 

→カシスサプリ選びに悩むあなたに
→カシスサプリ通販専門店

カシス・ルテイン・ブルーベリー専門店

今なら最大20%引きのお得な初回購入者価格・まとめ買いセール特価で購入できます!

→今ならカシスサプリ無料お試しサンプルもあります。詳しくはこちら!







【目の下のクマ関連記事】
続きを読む 酒粕&米麹入り甘酒で目の下のクマが改善される|#森永製菓

目の下のクマにはカシス(カシスポリフェノール)|#世界一受けたい授業

健康・美容チェック > 目の病気 > 目の下のクマを取る方法 原因と解消方法 > 目の下のクマにはカシス(カシスポリフェノール)|#世界一受けたい授業




The Black Currant Berry

by Ilya(画像:Creative Commons)

2012年4月28日放送の世界一受けたい授業で、目の下のくま(青クマ)にはカシス(カシスポリフェノール)が効果的と紹介されたそうです。

※カシスポリフェノールで目の下のくまの黒さが90分後に約5%改善

→ 目の下のクマを取る方法 原因と解消方法 については詳しくはこちら

→ 目のクママッサージ について詳しくはこちら

→カシスサプリ選びに悩むあなたに
→カシスサプリ通販専門店

カシス・ルテイン・ブルーベリー専門店

今なら最大20%引きのお得な初回購入者価格・まとめ買いセール特価で購入できます!







【関連記事】
続きを読む 目の下のクマにはカシス(カシスポリフェノール)|#世界一受けたい授業

「目のくま」と「低体温・冷え性」と「乾燥」には関連がある!?

> 健康・美容チェック > 目の病気・症状 > 目の下のクマを取る方法 原因と解消方法 > 「目のくま」と「低体温・冷え性」と「乾燥」には関連がある!?




■「目のくま」と「低体温・冷え性」と「乾燥」には関連がある!?

Tired Hazel Eye

by Michael Gil(画像:Creative Commons)

低体温冷え性」と「乾燥」と「目のくま」には関連があるかもしれません。

そう考えたのは、こちらの3つの記事が関係しています。

1.冬は目の下のクマがある女性が急増するらしい

夏には目のクマがある女性は38パーセントしかいないのに対し、冬には82パーセントもの女性が目の下にクマがあったそうです。

<中略>

医師によると、冬は乾燥しているためクマができやすい環境でもあります。乳液やパック、目元用パックなどを使い保湿を重視すべきとのこと。日々のケアで皮膚の疲れが改善され、クマと色素沈着を改善できるそうです。

 

2.手足の荒れ、「冷え」が犯人 マッサージで血行改善

冬の肌のトラブルの要因はなんといっても乾燥。

水分が失われ肌のバリア機能が低下したところに、外からの刺激をうけると荒れの原因になる。

<中略>

冷えは血行不良が原因の一つであり、血行が悪いと新陳代謝が落ちるため、荒れが起きやすくなるそうです。

 

3.手荒れと冷えには関係がある?

ビタミン系クリームを使用したハンドマッサージを1日2回、2週間続ける実験を行ったところ手あれが改善し、さらには“皮膚表面温度が10°C以上上昇する”など、ハンドマッサージは冷えにも改善効果が期待できることが実証されました。

<中略>

手洗いや手を使う仕事をした後は、ハンドクリームなどで水分や油分を補う習慣をもったり、普段から木綿の手袋などを着用し、保湿するのもよいそうです。

 

これらの3つの記事をまとめてみると、次のようなことが考えられます。

  • 目のくまは、乾燥と冷えが厳しい冬の時期に起こりやすい
  • 冷えは血行不良が原因の一つ
  • ハンドマッサージは冷えにも改善効果が期待できる
  • 水分や脂分を補うことで保湿が重要

つまり、このことから目のくまを予防する方法はこう考えられます。

●体を冷やさない生活習慣を取り入れる

  • たんぱく質は熱に変わりやすいので、たんぱく質の摂取することやミネラル・ビタミンを摂取する。
  • 冷たい食べ物や甘い食べ物を食べないようにして、旬の食べ物を選ぶようにする。
  • 運動不足になると、血液を送る筋力が低下し、低体温の原因となるので、積極的に運動して筋肉を鍛える。また、運動することで交感神経の働きが上手になってくる。
  • お風呂にゆっくり浸かる
  • カシスポリフェノール(目のクマにはカシス|世界一受けたい授業 4月28日

●保湿・マッサージ

  • 乳液やパック、目元用パックなどを使い保湿を行い、あわせてマッサージをして、日々のケアで皮膚の疲れが改善するようにする

→ 目の下のクマを取る方法 原因と解消方法 について詳しくはこちら

→ 目のクママッサージ について詳しくはこちら

→ 体温を上げる方法 についてはこちら

→ 低体温の改善・原因・症状 についてはこちら

→カシスサプリ選びに悩むあなたに
→カシスサプリ通販専門店

カシス・ルテイン・ブルーベリー専門店

今なら最大20%引きのお得な初回購入者価格・まとめ買いセール特価で購入できます!







【関連記事】
続きを読む 「目のくま」と「低体温・冷え性」と「乾燥」には関連がある!?