「薄毛」タグアーカイブ

薄毛を防ぐ方法・正しい髪の洗い方|女性の8割以上の人が「薄毛」や「頭皮の痛み」に悩んでいる(永本玲英子)

健康・美容チェック > 抜け毛・薄毛の原因 > 薄毛を防ぐ方法・正しい髪の洗い方|女性の8割以上の人が「薄毛」や「頭皮の痛み」に悩んでいる(永本玲英子)

2011年9月30日放送のどや顔サミットでは、永本玲英子さん(50歳)の薄毛を防ぐ方法を紹介しました。

永本玲英子さんによれば女性の8割以上の人が「薄毛」や「頭皮の痛み」に悩んでいるそうです。




■薄毛の原因

Windy water girl

by Austin White(画像:Creative Commons)

薄毛の原因1.頭皮の汚れ

間違った髪の洗い方だと毛穴に皮脂が残る。

薄毛の原因2.老化による頭皮のたるみ

頭皮のたるみが毛穴のたるみにもつながる。

■健康な頭皮

毛穴に汚れが無いので、くぼみがある。

■正しい髪の洗い方

1,シャンプー剤は手のひらで泡立てる。

シャンプー剤は両手で泡立ててから髪につけることが大事。

泡立てていないと、洗いむらができて、皮脂が残ってしまう。

2.髪の毛には洗う順番がある。

頭皮をリフトアップするため基本的に下から上へ洗う。

●髪を洗う正しい順番

  1. 耳の上から頭頂部へ
    指の腹でマッサージするようにする。
  2. 前髪の生え際から頭頂部へ
  3. 襟足からつむじへ

3.すすぎ洗いはシャンプーの2倍の時間で。

倍の時間すすがないと、泡が頭皮に残ってしまう場合も。

※シャンプーは2回することが基本。

1回目は髪と頭皮のおおまかな汚れを取る。2回目に上記の洗い方で洗う。

※髪を洗う時間

午前3時から朝の9時くらいまでの時間が髪が伸びる時間・発毛のゴールデンタイムなので、朝シャンは控えたほうが良いようです。

→ 薄毛・抜け毛の原因(男性・女性)・対策・予防・チェック について詳しくはこちら







【関連記事】
続きを読む 薄毛を防ぐ方法・正しい髪の洗い方|女性の8割以上の人が「薄毛」や「頭皮の痛み」に悩んでいる(永本玲英子)

頭皮ケアで薄毛改善|若い女性に抜け毛・薄毛の悩み増加

> 健康・美容チェック > 薄毛・抜け毛 > 頭皮ケアで薄毛改善 若い女性に抜け毛・薄毛の悩み増加




Behind the Scenes with Aveda™ – Ann Yee SS14 – Mercedes-Benz Fashion Week New York Spring Summer 2014 – #MBFW #NYFW – September 4, 2013 – Creative Commons (cc) photos distributed by Mainstream via Aveda Corporation

by Mainstream(画像:Creative Commons)

薄毛、頭皮ケアで改善 細くなる、抜ける…若い女性に増加

(2009/1/29、産経新聞)

髪の毛が細くなる、抜け毛が多いといった薄毛に悩む若い女性が増えている。

必要以上にパーマやヘアカラーで髪を傷めたり、不規則な生活習慣や無理なダイエットによる偏った食事、ストレスなどが髪にダメージを与えているためだ。

髪の毛が細くなる、抜け毛といった薄毛に悩む若い女性が増加しているそうです。

薄毛・抜け毛で悩むのは男性やご年配の女性だけではないようです。

その原因として考えられるのが、

  • パーマやヘアカラーで髪を傷める。
  • 睡眠不足など不規則な生活習慣
  • 栄養が偏った食事
  • 無理なダイエット
  • ストレス

などの要因です。

「女性の薄毛は毛髪が衰え細くなり、数が減少することによって生じる。

原因はいくつか考えられるが、シャンプーのし過ぎやドライヤーのかけ過ぎといった毎日の過剰なケアに加えて、必要以上にパーマやヘアカラーをして地肌を痛めていることも、その一つであるのは確か」

多くの女性の頭皮を診てきた北里大学病院皮膚科の斉藤典充医師は、最近の傾向をこう分析する。

シャンプーやドライヤーによる過剰なケア、パーマやヘアカラーのやり過ぎによる頭皮の痛みによって、髪が細くなり、抜け毛が起きていると考えられそうです。

もしかすると、最近の流行の髪型もその原因の一つとして考えられるかもしれません。

また、ダイエットや不規則な生活習慣なども抜け毛・薄毛の原因だと考えられそうです。

今後は、抜け毛・薄毛の改善のための頭皮ケアに注目が集まりそうですね。




そこで、頭皮ケアが重要になりますが、頭皮ケアは抜け毛・薄毛の改善だけでなく、その他の健康にも役立ちそうです。

大場隆吉社長は「頭皮は健康状態や生活習慣を敏感に映し出すところ。

目につかない部分のため、ふだんはあまり気にしないが、毎日、頭皮に触れることで全身の血行を促進し、髪の美しさばかりでなく、冷え性や目の疲れの改善、ストレスの軽減といった心身の健康に役立つ」と話す。

頭皮ケアを行うことで、全身の血行を促進し、抜け毛・薄毛の改善ができるだけでなく、冷え症目の疲れの改善などにも役立つとのことです。

また、記事の中では、頭皮ケアと美容についても紹介しています。

従来、育毛剤の購買層は50代以上が中心だったが、新商品は20、30代にも注目され、中心は40歳前後のアラフォー世代。すでにリピーターも多いという。

商品開発の担当者は「頭皮と顔は一枚の皮膚でつながっており、『頭皮が1ミリたるむと、顔は1センチたるむ』といわれている。

薄毛は硬くこり固まった頭皮の老化からくることが多く、弾力を失った頭の筋肉が垂れ下がると、顔の皮膚までたるませて老化現象を起こす。

今後は頭皮を健やかに改善する美容法が見直されるのでは」と期待している。

興味深かった点は、『頭皮が1ミリたるむと、顔は1センチたるむ』です。

「頭皮ケアを行って、アンチエイジング」に人気が出そうな予感です。

→ 薄毛・抜け毛の原因(男性・女性)・対策・予防・チェック について詳しくはこちら







【関連記事】

薄毛の仕組み解明!体質的な薄毛は、毛髪の元になる細胞が足りなくなったことが原因ではなく、その細胞が次の段階に進めないことが原因|米ペンシルベニア大学

健康・美容チェック > 抜け毛・薄毛の原因 > 薄毛の仕組み解明!体質的な薄毛は、毛髪の元になる細胞が足りなくなったことが原因ではなく、その細胞が次の段階に進めないことが原因|米ペンシルベニア大学




■薄毛の仕組み解明!体質的な薄毛は、毛髪の元になる細胞が足りなくなったことが原因ではなく、その細胞が次の段階に進めないことが原因|米ペンシルベニア大学

hair

by Marc Levin(画像:Creative Commons)

薄毛の仕組み分かった!

(2011/1/12、読売新聞)

体質的な薄毛は、毛髪の元になる細胞が足りないのではなく、その細胞が次の段階に変化できないことが原因であることを、米ペンシルベニア大学などの研究チームが突きとめた。

この細胞変化を促す薬が開発できれば、薄毛の新たな治療法になる可能性がある。米医学誌に発表した。

薄毛の仕組みが解明されたそうです。

米ペンシルベニア大学などの研究チームによれば、体質的な薄毛は、毛髪の元になる細胞が足りなくなったことが原因ではなく、その細胞が次の段階に進めないことが原因なのだそうです。

毛が生える際には、頭皮にある「幹細胞」が別の「前駆細胞」に変わり、それが「毛母細胞」「角化細胞」などに変化して毛髪を生む。

研究チームは、体質的に薄毛の男性型脱毛症患者54人(40~65歳)の頭皮を採取し、細胞の種類と数を調べた。

薄毛部分と毛が生えた部分を比べたところ、幹細胞の数はほとんど同じだった。

ところが、前駆細胞の数は、薄毛部分で10分の1に減っていた。

薄毛部分と毛が生えた部分を比べたところ、幹細胞の数はほとんど同じだったのですが、前駆細胞の数は薄毛部分で10分の1に減っていたことから、何らかの原因で肝細胞が次の段階に進めないことが薄毛の原因だと考えられます。

つまり、その原因を突き止め、細胞の変化を促すことができれば、薄毛の新たな治療法となることが期待されます。







公開日時: 2011年1月12日 @ 07:45

【研究】ヘルメットや帽子をかぶる人はハゲやすい?どんな実験結果が出たのか?

健康・美容チェック > 抜け毛・薄毛の原因 > 【研究】ヘルメットや帽子をかぶる人はハゲやすい?どんな実験結果が出たのか?




■【研究】ヘルメットや帽子をかぶる人は剥げやすい?どんな実験結果が出たのか?

17.DistrictCondos.14S.NW.WDC.15April2011

by Elvert Barnes(画像:Creative Commons)

<研究>帽子をかぶる人ははげやすい? 実験結果公表

(2016/6/5、毎日新聞)

結果、実験当日の都内の気温が最高19~23度だったのに対し、ヘルメット内部は運動開始後30分程度で約30度に達した。湿度も外気は平均31~96%(気象庁観測値)と幅があったにもかかわらず、約80%~100%で一定していた。また頭皮は運動前の状態でも、食品工場や厨房(ちゅうぼう)などで行われる手指の汚れチェックで不合格となる基準よりも汚れていることが判明。それが運動によってさらに悪化する傾向にあることが分かった。また細菌検査では、ニキビの原因となるアクネ菌や呼吸器感染症を起こす肺炎桿菌(かんきん)など13種を確認。これも運動によって量は増える傾向にあった。汚れ、細菌とも洗髪によって大幅に減少することも確かめた。

頭皮・毛髪にどの程度の影響があるのかについて、ヘルメットをかぶり、3時間、自転車型トレーニングマシン有酸素運動を行う実験によれば、次のような結果が出たそうです。

  • ヘルメット内部は運動開始後30分程度で約30度に達する。
  • 湿度は約80%~100%で一定。
  • 頭皮は運動前の状態でも、食品工場や厨房(ちゅうぼう)などで行われる手指の汚れチェックで不合格となる基準よりも汚れている。
    運動によってさらに悪化する傾向にある。
  • 細菌検査では、ニキビの原因となるアクネ菌や呼吸器感染症を起こす肺炎桿菌(かんきん)など13種を確認。
    これも運動によって量は増える傾向にある。
  • 汚れ、細菌とも洗髪によって大幅に減少する。

この実験結果から考えると、ヘルメットや帽子をかぶり運動をすると頭皮が汚れてしまうことがわかり、また、その汚れや細菌は髪を洗うことによって大幅に減少することがわかりました。

ただ、間違った髪の洗い方をすると、抜け毛の原因となることがあるので、正しい髪の洗い方で洗うことが重要です。

→ 薄毛・抜け毛の原因(男性・女性)・対策・予防・チェック について詳しくはこちら




間違ったシャンプーのやり方による抜け毛

洗わないで不潔にしていることや逆に朝晩のシャンプーなどの過度の洗髪によって頭皮を痛めることも抜け毛の原因になります。

また、パーマやヘアダイ、ドライヤーの使いすぎも抜け毛を促進する場合があります。

毎日シャンプーをしてもシャンプーの十分なすすぎを行なわないと抜け毛につながることがあります。

*市販のシャンプーの主成分の界面活性剤は、皮膚細胞内へ入り込み細胞を殺したり弱らせる作用があるといわれているため、十分にすすぎをしないと、抜け毛の原因になります。

薄毛を防ぐ方法・正しい髪の洗い方(永本玲英子)|どや顔サミット 9月30日

永本玲英子さんによれば女性の8割以上の人が「薄毛」や「頭皮の痛み」に悩んでいるそうです。

■薄毛の原因

薄毛の原因1.頭皮の汚れ

間違った髪の洗い方だと毛穴に皮脂が残る。

薄毛の原因2.老化による頭皮のたるみ

頭皮のたるみが毛穴のたるみにもつながる。

■健康な頭皮

毛穴に汚れが無いので、くぼみがある。

■正しい髪の洗い方

1,シャンプー剤は手のひらで泡立てる。

シャンプー剤は両手で泡立ててから髪につけることが大事。

泡立てていないと、洗いむらができて、皮脂が残ってしまう。

2.髪の毛には洗う順番がある。

頭皮をリフトアップするため基本的に下から上へ洗う。

●髪を洗う正しい順番

  1. 耳の上から頭頂部へ
    指の腹でマッサージするようにする。
  2. 前髪の生え際から頭頂部へ
  3. 襟足からつむじへ

3.すすぎ洗いはシャンプーの2倍の時間で。

倍の時間すすがないと、泡が頭皮に残ってしまう場合も。

※シャンプーは2回することが基本。

1回目は髪と頭皮のおおまかな汚れを取る。2回目に上記の洗い方で洗う。

※髪を洗う時間

午前3時から朝の9時くらいまでの時間が髪が伸びる時間・発毛のゴールデンタイムなので、朝シャンは控えたほうが良いようです。

→ 薄毛・抜け毛の原因(男性・女性)・対策・予防・チェック について詳しくはこちら

→ スカルプケア・頭皮マッサージ・正しい髪の洗い方 について詳しくはこちら







【関連記事】
続きを読む 【研究】ヘルメットや帽子をかぶる人はハゲやすい?どんな実験結果が出たのか?

スカルプケアとは?|スカルプマッサージのやり方・方法|頭皮のケアは、抜け毛対策だけではなく、リフトアップにもつながる

> 健康・美容チェック > 抜け毛の原因 > スカルプケア > スカルプケアとは?|スカルプマッサージのやり方・方法




【目次】

■SCALP(スカルプ)とは?

Untitled

by Jay Ryness(画像:Creative Commons)

髪を引っぱるだけでもOK! カンタン白髪予防法

(2013/10/22、MyLohas)

頭皮:SCALP(スカルプ)

S(Skin):頭皮
C(connective tissue):結合組織
A(aponeurosis):帽状腱膜
L(loose areolar connective tissue):疎性輪紋状結合組織
P(periosteum):頭蓋骨膜

この1層目のS(skin)には、頭皮から髪の毛が生えてきます。

そして、A(帽状腱膜)は前頭筋、後頭筋という筋肉につながる丈夫な層なのですが、精神的ストレスなどによって頭蓋骨に圧着されていくのだそうです。これが、いわゆる頭皮のコリと呼ばれる状態。

テレビでも「スカルプ」とよく耳にしますが、知らない人も多かったのではないでしょうか。

ヘアケアは文字通り髪の毛に対するケアであり、スカルプケアは髪が生える土壌である頭皮の地肌ケアの事をいいます。




■スカルプマッサージの方法

(1)指の腹(両手の指全部を使う)を頭皮につけたら、その1点を動かさないようにして、押回しする。

(2)指を動かすのではなく、頭皮がしっかり動いているかどうかを体感してください。

(3)動かしにくい場所はコリのあるところ。じっくりゆっくり、動かしていきましょう。

(4)軽くお湯で頭皮を洗い流す

・指自体を髪の毛の中でゴシゴシ動かしてしまうと、爪があたり頭皮ダメージに繋がりますので要注意。

頭皮のケアをすることは、抜け毛対策だけではなく、リフトアップにもつながるそうです。

毛髪の根元を掴み、心地の良い力で優しくひっぱるのも、とても気持ちの良いマッサージになります。結果、頭蓋骨に圧着している頭皮がゆるみ、血流が改善します。頭皮を強くひっぱると、髪の毛が抜けますので注意しましょう。マッサージ後は、軽くお湯で頭皮を洗い流しましょう。

髪の優しく引っ張ることで、頭皮のケアになるそうです。

大事なことは、1)頭皮の緊張をゆるめること、2)毛穴に詰まった汚れを取り除くこと、によって、頭皮の環境を清潔で柔らかくするというイメージにすると良いようです。

パソコンの使い過ぎなどで、眼精疲労が溜まっている時にもとてもおすすめのマッサージです。

パソコンやスマホで近距離を長時間見ていると、目が疲れて、頭や首、肩がこってきますよね。

お風呂のリラックスタイムにスカルプマッサージをしてリフレッシュしましょう!

→ 薄毛・抜け毛の原因(男性・女性)・対策・予防・チェック について詳しくはこちら

【関連記事】

薄毛を防ぐ方法・正しい髪の洗い方(永本玲英子)|どや顔サミット 9月30日

永本玲英子さんによれば女性の8割以上の人が「薄毛」や「頭皮の痛み」に悩んでいるそうです。

■薄毛の原因

薄毛の原因1.頭皮の汚れ

間違った髪の洗い方だと毛穴に皮脂が残る。

薄毛の原因2.老化による頭皮のたるみ

頭皮のたるみが毛穴のたるみにもつながる。

■健康な頭皮

毛穴に汚れが無いので、くぼみがある。

■正しい髪の洗い方

1,シャンプー剤は手のひらで泡立てる。

シャンプー剤は両手で泡立ててから髪につけることが大事。

泡立てていないと、洗いむらができて、皮脂が残ってしまう。

2.髪の毛には洗う順番がある。

頭皮をリフトアップするため基本的に下から上へ洗う。

●髪を洗う正しい順番

  1. 耳の上から頭頂部へ
    指の腹でマッサージするようにする。
  2. 前髪の生え際から頭頂部へ
  3. 襟足からつむじへ

3.すすぎ洗いはシャンプーの2倍の時間で。

倍の時間すすがないと、泡が頭皮に残ってしまう場合も。

※シャンプーは2回することが基本。

1回目は髪と頭皮のおおまかな汚れを取る。2回目に上記の洗い方で洗う。

※髪を洗う時間

午前3時から朝の9時くらいまでの時間が髪が伸びる時間・発毛のゴールデンタイムなので、朝シャンは控えたほうが良いようです。

→ スカルプケア・頭皮マッサージ・正しい髪の洗い方 について詳しくはこちら







【関連記事】
続きを読む スカルプケアとは?|スカルプマッサージのやり方・方法|頭皮のケアは、抜け毛対策だけではなく、リフトアップにもつながる