夏バテとは|夏バテの症状・予防・食事・原因

夏バテとは|夏バテの症状・予防・食事・原因

> 健康情報 > 病気・症状 > 夏バテ

夏バテとは

人間の体は、暑くなるとその暑さに対応して体温を調節しますが、その体温調節機能が気温の変化に対応できず、働かなくなると、自律神経調節機能が低下し、食欲がなくなったり、体調がすぐれないなどの体に不調が現れる症状を「夏バテ」といいます。



【目次】



夏バテの症状

夏バテの症状は、主に以下のような症状があります。



夏バテの原因

夏バテの直接的な原因は、体温調節機能が働かなくなり、自律神経調節機能が低下することです。

体温調節機能が働かなくなる原因は、室内と外気温の温度差の大きさがあると考えられます。

冷房の効いた室内と暑い外の気温の温度差が大きく、室内と外を出たり入ったりすることでその温度差を繰り返すことになり、体温調節機能がコントロールできなくなります。

体温調節機能がコントロールできなくなると、自律神経の調節機能が低下し、内臓の働きを低下させ、食欲がなくなるなどの症状を起こします。

そして、食欲がなくなると、体に十分な栄養が補給されなくなり、その結果、疲労の蓄積・体調不良を起こします。

また、夏の暑い時期には、冷たい水分を多く摂ることで、内臓(特に胃)の働きが低下し、消化不良・食欲不振の原因となります。



夏バテと冷え

夏バテと体の冷えは関係があります。

夏は、室内外の温度の差が激しくなり、体温調節機能が働かず、自律神経が乱れ、毛細血管の調整ができなくなります。

そうなると、血管が収縮したままとなり、血液が末端まで運ばれず、体の冷えを感じるのです。

夏バテと冷え・低体温を予防するためにもエアコンの調節に気をつけましょう。




夏バテ防止対策・夏バテ解消法

室内と外気温の温度差を少なくする

室内と外気温の温度差を少なくするためにエアコンなどの温度を高めに調節し、体温調節機能が低下しないようにする。


睡眠

疲労を回復するために睡眠時間を確保する。


水分補給方法に気を付ける

汗により失われた水分・ミネラルを補給するようにする。

ただし、あまり冷たい水分を摂り過ぎないように気をつける。


食事は旬のものを取り入れる

旬のもの、例えば夏野菜を食べると体を上手く冷やしてくれます。

どうしても摂れない栄養素の場合は、サプリメントを効果的に利用する。


イミダペプチドを摂取する

文部科学省と大阪市立大学による産官学連携 疲労定量化プロジェクトによれば疲労回復効果が高い物質が明らかになったそうです。

そのある物質とは、「イミダペプチド」

イミダペプチドとは、動物の筋肉中に含まれ、渡り鳥や回遊魚に豊富な物質なのだそうです。

イミダペプチドを摂取すると血液中で2つのアミノ酸に分解し、疲労した細胞に到達すると、再びイミダペプチドに合成されて疲労部分を回復してくれるそうです。

そのイミダペプチドを多く含むのが、「鶏の胸肉」

鳥の胸肉には、牛肉や豚肉に比べ、イミダペプチドを2〜3倍多く含んでいるそうです。

1日400mgイミダペプチドを1週間摂り続ければ疲労回復に効果があることが判明しているそうです。

イミダペプチド 400mg = 鶏の胸肉 約100g

鶏の胸肉でイミダペプチドを摂取して、夏バテ防止・夏バテ予防しましょう。


酢しょうが

夏は冷たいものを食べたり、体を冷房で冷やしたりと、夏冷えを起こしがち!

内臓が冷えると、胃腸の働きが低下してしまいます。

そこで注目されているのが「酢しょうが」。

しょうがに含まれる辛み成分で体を温め、酢に含まれるクエン酸には疲労回復効果があるので、夏冷え&夏バテに効果的なのだそうです。

●酢しょうがの作り方・レシピ

【材料】

  • しょうが 100g
  • 黒酢 100cc
  • はちみつ 20g
  • 保存用のビン

【作り方】

  1. しょうが100gをみじん切りにして保存用のビンの中に入れる。
  2. 1のビンの中に黒酢100ccを注ぎ入れる。
  3. はちみつ20gを入れて混ぜる。
  4. 1日漬けておくと、完成!

※皮の近くに健康成分が多く含まれているので、皮ごとしょうがを切ることがポイント!

※保存の目安は冷蔵庫で一週間。

●一日の食べる量の目安

一日の酢しょうがの食べる量の目安は、30g(大さじ山盛り1杯分)です。

【関連記事】

【サタデープラス】酢生姜で夏冷え&夏バテ解消|酢生姜レシピ



夏バテ解消レシピ・料理

オリーブ油のマリネ

【材料】

  • 鶏胸肉 2枚
  • オリーブオイル 大さじ1 (腸の蠕動運動を促す効果)
  • 塩 小さじ1
  • にんにく 一片

※鶏の胸肉約100g=鶏の胸肉1枚の半分


ごま油のマリネ

【材料】

  • 鶏の胸肉 2枚
  • ごま油 大さじ1
  • 塩 小さじ1
  • ショウガ 1片
  • 長ネギ 適宜

【作り方】

(1)鶏胸肉を縦半分に切り、味が染み込みやすいように細かく切り目をいれる。

(2)ポリ袋に鶏肉と残りの材料を入れ、調味料が馴染むようによく揉み込み、口をしばって、半日以上置く。


【関連記事】

イミダペプチドが豊富な鶏の胸肉で夏バテ防止・予防|たけしの本当は怖い家庭の医学


夏バテ解消レシピ・料理例

そうめんレシピ:夏野菜を使ったそうめんレシピです。




自律神経関連ニュース

だるい・肩こり・頭痛・・・これって「冷房病」かも?|夏の温度差による自律神経の乱れが原因

自律神経のバランスを整えるポイントは「ゆっくり」を意識すること


夏バテ

会社概要サイトマップお問い合わせ


夏バテ関連ワード

低体温の改善方法・原因・症状・病気

腎臓とは|腎臓の働き・機能・位置

肝臓とは|肝臓の機能・働き・位置(場所)

肝臓の病気|肝臓病の初期症状・種類・原因

脂肪肝とは|脂肪肝の症状・原因・治し方

亜鉛を含む食べ物・食品|亜鉛不足チェック・摂取量

タウリンとは|タウリンの効果・効能|タウリンの多い食品・食べ物

更年期障害の症状・原因・チェック|40代・50代女性の更年期症状


病気・症状

目の病気 症状

目の下のクマを取る方法 原因と解消方法

糖尿病とは|糖尿病の症状・初期症状

ダイエット


専門サイト

健康情報青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


健康情報ならハクライドウ