#桐谷美玲 さんの冷え対策|お風呂にゆっくり浸かる・足元を冷やさない・内臓を温めるために腹巻きをする





■桐谷美玲さんの冷え対策|お風呂にゆっくり浸かる・足元を冷やさない・内臓を温めるために腹巻きをする

handsome legs

by Peter Busse(画像:Creative Commons)

桐谷美玲、“最も美しい顔”受賞に照れ「私でいいのかな」 街中でも気づかれず?

(2016/12/19、ORICON STYLE)

「この時期なので、冷えは大敵」だといい、「ゆっくりお風呂に入ったり、腹巻きをして温めたり。古典的だけれど、そういうことって大事」と話していた。

桐谷美玲 初代「最も美しい顔」

(2016/12/19、デイリースポーツ)

美容法は「冷えは大敵。ゆっくりお風呂につかるとか、足もと冷やさない。内蔵を温めるために厚着する。腹巻きだったり」と明かし、「きれいだなと思う方は内側からきれい。私は寝るのが大好きなので、そういう時間を大切にする」と腹巻きと睡眠を自身の美容法に挙げていた。

『VoCE』編集部が選ぶ2016年“最も美しい顔”に選出された桐谷美玲さんは贈呈式でお風呂にゆっくり浸かったり、足元を冷やさないようにしたり、内臓を温めるために腹巻をして温めているといったご自身の冷え対策について紹介しました。

「世界で最も美しい顔100人」石原さとみが6位に!桐谷美玲、島崎遥香もランクイン(2016/12/28、シネマトゥデイ)によれば、桐谷美玲さんは「世界で最も美しい顔100人」2016年版の38位に選出されています。

#桐谷美玲 さんのコンプレックスはO脚の脚&1日10分むくみ解消エクササイズによれば、桐谷美玲さんはむくみやすい体質なので、マッサージやストレッチを日課にしており、また、1日10分ほど横になって足を壁に立てかけてキープするようにしているそうです。

日本人女性の7割は自分の脚にコンプレックスを抱えている!?で紹介した整形外科医/スポーツドクターの中村格子先生によれば、美脚を妨げる2大要因は、“むくみと筋肉不足”だそうです。

実際、「むくみ」は冷えによって起こると言われており、また筋肉不足は冷えの原因の一つでもあります。

桐谷美玲さんのむくみやすい体質も「冷え」からくるものなのかもしれません。

■内臓を温めるために腹巻をして温めている

【#バイキング】理想の平熱・体温を上げるには「腹巻き」・温活ダイエット・低体温を改善して美肌によれば、腹巻を付けると、体温が一度上がるそうです。

【#林修の今でしょ講座】冷え症検定|おすすめ冷え性解消方法でも、体を温めるのに最も効果的なアイテムとして、「腹巻」を紹介していました。

腹巻をすると、腹部大動脈という大きな血管があるので、血液を温めやすくなるそうです。

冷え症の人に腹巻を付けてもらうと、30分後には体が温かくなったそうです。

着物を着ると冷え性・低体温が解消する!?|着物は上半身より下半身がよく温まっているによれば、着物は洋服とは違い、足元は足袋を履き、腰・お腹には帯を巻き、中にタオルなどを入れるため、身体が冷えないそうです。

日本人の体温が下がった理由とはで紹介した石原結實さん著書「体温力」によれば、50年で日本人の体温は1度低下したそうですが、着物から洋服へと大きく時代が移ったのは戦後なのだそうで、このことも関係があるかもしれません。

体の表面の熱を逃がしやすいように通気性のよいものを着て、厚手のタイツや靴下をはき、熱を逃がさないようにしたほうがよいようです。

ひざ掛けなどもいいと思います。

#有村架純 さんの「#温活」の方法(やり方)|体質改善で体はどのように変化したのか?で紹介しましたが、有村架純さんも健康的な体作りのために体質改善を行なっているそうで、靴下は3枚履く、腹巻き、冷え取りソックス、ブランケットなどで体を冷やさないようにしたり、高温反復浴をしたり、お風呂上りに筋トレとストレッチとマッサージを行なったり、ジムや食事、漢方に取り組んだりしているそうです。

【関連記事】

■お風呂にゆっくり浸かる

松下由樹さんが「温活」でむくみ改善・ダイエット・美肌に!その方法とは?によれば、松下由樹さんは「温活」でむくみが改善されたり、周りから痩せたといわれたり、肌の調子が良くなっているそうです。

温活の方法の一つとして、バスタイム中に足先や指先などをマッサージが紹介されています。

お湯に浸かると、身体が温まり、血液の循環がよくなり、疲れもとれ、健康にもダイエットにも効果的。

また、ストレスがかかりやすい現代人の生活の中ではリラックスする方法としてもお風呂の時間を大事にしたいものです。

さらには、冷え性・低体温になると、血流が悪くなり、肌に栄養がいきわたらず、老廃物の代謝が低下してしまうため、肌の不調が出てくるので、美容のためにも、お風呂にゆっくりつかるのはよいのではないでしょうか。

半身浴を週3回以上継続するとエネルギー代謝が高まる!|おすすめの温度は40℃!|#この差で紹介した2016年11月22日放送の「この差って何ですか」(TBS系)では、「半身浴の温度の差」が取り上げられました。

38℃・39℃・40℃のお湯で半身浴をすることによって血流が変化するかを比較するという実験を行ないました。

実験によれば、最も効果的な温度だったのは「40℃」!

38℃・39℃の時と比較すると、大幅に血流量がアップするという結果になりました。

もう1つ違いが出たのは、「湯冷めの時間」。

38℃では20分後、39℃では25分後に湯冷めしましたが、40℃では50分が経過しても湯冷めしにくいことがわかりました。

【関連記事】

ヒートショックプロテイン・HSP入浴法で低体温改善|#世界一受けたい授業によれば、■HSP(Heat Shock Protein)入浴法をすると、体温が1から2度上昇するといわれていますので紹介します。

42度のお湯に10分間入浴

※ふたを閉めると効果的。10分継続しなくても途中で休んでも良い。

※41度で15分。40度で20分でもOK。

※入浴後は保温が大切

ふとん・サウナスーツなどで15~20分保温すると効果的。

非常に汗が出るので水分補給もわすれない。

→体温が大体2度くらい上昇するそうです。

→ヒートショックプロテインが増えると考えられている。

入浴から2日後がピーク(ピーク時には個人差があるそうです)に1から4日くらいまでで、1週間後には元に戻るそうです。

HSP入浴法は週2回がベスト。

HSP入浴法以外の日はぬるめのお風呂でも良い。

4から5週間続けると慣れが出てきて、HSPが下がってくることもあるそうです。

体温を上げる方法・温活の方法 についてはこちら。

⇒ 冷え性改善方法(食べ物・食事・運動・サプリ・ツボ) についてはこちら。

低体温|低体温の改善・原因・症状 についてはこちら。







【桐谷美玲さん 関連記事】

【芸能人と温活 関連記事】