タグ別アーカイブ: アプリ

給与前払いサービスとは?|給料前借りアプリが注目のきっかけ!?人手不足で悩む2018年以降は給与前払いサービスが求人に応募するポイントになる?

2017年は即時買い取り・即現金化サービスやツケ払い(後払い)サービスなどのサービスが登場しました。

【目次】




■給料前借りアプリとは?

Close up smartphone

by Japanexperterna.se(画像:Creative Commons)

■Payday(ペイデイ)|給料前借りアプリ

Payday(ペイデイ)はモノをスマホで撮影し、即時入金される質屋アプリ「CASH」で注目を集めた株式会社バンクが運営する給料前借りアプリです。

アプリ「Payday」を使えば1日の受け取り可能額を1ヶ月に最大3回までという制限付きで給料を受け取ることができるという仕組みでした。

現在ではサービスを停止しており、サイトも見れなくなっています。

2017年は即時買い取り・即現金化サービスやツケ払い(後払い)サービスなどのサービスが登場しました。

【即時買取・現金化サービス】

  • DMMが70億円で買収した「CASH」
  • メルカリの「メルカリNOW」(手元にある商品のブランドと状態を選択し、スマホのカメラで撮影するだけですぐに査定金額が提示され、了承した場合にはその場でお金を手に入れることができる即時買取サービス)
  • ジラフの「スママダッシュ」(中古のスマホを即現金化できる買取サービスをリリース予定)

【ツケ払い・後払いサービス】

  • 「ZOZOツケ払い」(2カ月間内で都合の良い時に支払いができる決済手段)
  • 「メルカリ月イチ払い」(月次で購入した商品の代金をまとめて翌月に支払うことのできる)
  • ネットプロテクションズの「atone(アトネ)」(個人向け審査不要、クレジットカードなし、コンビニ後払いサービスでスマホで買い物をする際に、アトネによるコンビニ後払いを利用すると、ポイントがたまり、そのポイントがお買い物で活用できるメリットがある)

給料前借りアプリというサービスが出た時期から、即時買い取り・即現金化サービスやツケ払い(後払い)サービスが出てきたのは、実際に「今すぐお金が欲しい」「今欲しいものがあるけど、手元にお金がない」といった金欠で悩んでいることが表面化し、その悩みを解決するために給与前払いサービスを始める企業が増えている印象を受けます。




■給与前払いサービスとは?給与前払いサービスのメリット・提供企業

【給与前払いサービス】

給与随時払サービス|CYURICA(キュリカ)

CYURICA® CM「解説」篇 30秒

CYURICA(キュリカ)は、従業員が給料日を待たずに、働いた分だけ給与をATM手数料のみで引き出せる給与随時払いサービスです。

”給料の前借り”ではなく、”給料の随時払い”というのがポイントですね。

どうしてもその日にお金が必要というときに働いた分だけのお金をキュリカカードを使って駅やコンビニなどお近くのATMから24時間365日出金できるそうです。

最近は人手不足に悩まされている企業も多いと思いますが、給与の支払い方に柔軟性があることで、「給与日払い」「給与前払い」など人気検索ワードに対応することができ、求人への応募数も増加することが期待され、また、従業員の満足度の向上や定着率の改善にも期待されます。

企業側のメリットとしては、日払いや週払いを導入する際に煩雑となる「勤怠チェック」「給与計算」「銀行振込」の業務を全て自動化できるため、既存の勤怠システムや給与システムを変える必要はなく、従来のまま運用で導入できるという点です。

Payme|給与前払いサービス

参考画像:Payme|給与前払いサービス|スクリーンショット

Payme(ペイミー)は、スマホやPCで前払いを申し込むと、その日までに利用可能なお金を最短で当日銀行口座に振り込まれる給与前払いサービスです。

若い世代の悩みは「友人の結婚式のお祝い金がなくて出席できない」や「引っ越し費用がなくて引越ししたくてもできない」というような突然な急な出費に悩まされること。

そこで、給与前借り制度のある会社への転職を考えたり、場合によっては、現金の手持ちがないためにフリマアプリで現金を購入をすることや借金をしてしまうのです。

そんな時に給与前払いサービスのような多様な支払い形態がある企業であれば、離職率の低下を減らすことができたり、従業員を借金から守ることができるはずです。

Paymeのサイトによれば、給与の前払いに対するニーズは近年高まっているそうで、SNSでもそのニーズが現れているそうです。

給与受取サービス|クレディセゾン Advanced pay SAISON(アドバンストペイ セゾン)

参考画像:給与受取サービス|クレディセゾン Advanced pay SAISON(アドバンストペイ セゾン)|スクリーンショット

アドバンストペイ セゾンは、未来の労働を担保にした前借りではなく、すでに働いた分の給与(前払いできる金額には上限あり)を給与支給日まで待たずに、自由に受け取れるサービスです。

人事の方の悩みは「前払い制度があると人材募集時の効果が高いと聞くが、導入すると事務手続きが煩雑になる」というものです。

例えば、「給与計算サイクルが変わるのは大変」「振込日数が増えると振込手数料が高くなってしまう」「支払頻度を増やすと事務処理が煩雑になる」「早く支払うと起業としてのキャッシュフローを圧迫してしまう」などです。

アドバンストペイ セゾンは、各従業員の勤怠データを連携するだけで、前払い可能な給与額を計算するため、現在の給与計算・支給サイクルを変えずに導入が可能であり、また振込資金はクレディセゾンが立て替え、給与支給日に精算するため、導入企業のキャッシュフローを圧迫しない仕組みになっているそうです。

前払給与サービス|enigma pay[エニグマペイ]

参考画像:前払給与サービス|enigma pay[エニグマペイ]|スクリーンショット

具体的なサービス内容や仕組みは記入されておりませんでしたが、従業員側のメリットは急な出費の際に給料日の前に働いた分だけを給与をいつでも受け取れるというもので、企業側には、求人広告の応募数アップや仕事への満足度の向上、離職率低下、従業員勤続年数の上昇というメリットがあると書かれています。

アルバイト求人の給与支払い方法を「日払い」にすることで、応募数が約3.7倍になるデータがありますので、応募喚起に役立てることができます。

希望日受取りサービス(フレックスチャージ)|三菱東京UFJ銀行

希望日受取りサービス(フレックスチャージ)は、従業員が、スマホやPCから申請することで、従業員ごとに設定された限度額の範囲内でお金を希望日に受け取れるサービスです。

給与前払いシステム<アド給>

参考画像:給与前払いシステム<アド給>|スクリーンショット

アド給は、従業員側のメリットは、働いた日数分の給料からのみ前払いが可能なため借金ではないということが安心感がある仕組みであり、スマホやPCから24時間365日どこでも急な出費が必要となる際に給料の前払いを受けることができるというところです。

企業側のメリットは、例えば導入費用・月額費用0円で、前払い資金を用意する必要がなく、振込手続きも無料で行なってくれるそうです。

また、アド給のサイトによれば、大手求人サイトの検索キーワードでも、常に日本全国で「日払い」「週払い」がベスト10にランクインするほどなのだそうで、求職者にとっては、「前払い」「日払い」「週払い」ということは重要な求人の要素となっているそうです。

そこで、給与前払い制度があることを訴求することによって、人手不足や求人広告の効果アップ、採用コストの削減、福利厚生の充実による離職率低下の問題の解消が期待されます。

さらには、消費者金融やクレジットカードによる多重債務といった借金から従業員を未然に防ぐことにもつながることが期待されます。

速払いサービス|エーピーシーズ

参考画像:速払いサービス|エーピーシーズ|スクリーンショット

企業側のメリットは、すでに勤務した分の給与の一部をスタッフがいつでも引き出せる、給与の「前払い」ができる福利厚生サービスを提供することで、求人応募数のアップ・定着率のアップが見込めるということです。

「日払い」が人気検索キーワードであることはそのほかのサービスを紹介する中でも紹介しましたが、その他「短期派遣」といった求人にも効果的で、特に、GWや夏季休暇などの繁忙時期前に高い募集効果が見込めるそうです。

なぜ給与前払いサービスを提供することが定着率アップにつながるかについてはこのサイトが教えてくれました。

アルバイト・パートスタッフの大半は、入社したタイミングが最も金欠状態だと言われています。
新しい給料が入るまでの「つなぎ」として日払いの仕事と掛け持ちしている場合も多く、ここに稼働を奪われるとなかなか定着に至りません。

またダブルワーク(掛け持ち)の必要がなくなるため、退職率が高い入社から2か月間の退職を減らし、定着率がUPします。

入社した最初が一番の金欠状態であるため、日払い制度を持つことが定着のカギとなるということなのだそうです。

サイトによれば、提供実績が10年以上とあり、このことがお金に悩む従業員の気持ちを理解しているということなのではないでしょうか?

【参考リンク】

支払日の前に給与を現金化できるActivehoursがシリーズAで2200万ドルを調達

(2017/1/11、TechCrunch)

ユーザーは同サービスを利用することで給与を支払日前に現金化することができ、その資金を予期せぬクルマの故障による修理費用や、期限が迫った支払いなどに充てることができる。




■人手不足で悩む2018年以降は給与前払いサービスが求人に応募するポイントになる!?

給与前払いサービスは、従業員側としては、突然の急な出費に対して、自分が働いた分の給与を借金することなくいつでも受け取れるというメリットがあります。

給与の支払いの仕組みが柔軟になることによって、借金に陥らないで済むような人が増えるといいですよね。

また、給与前払いサービスは、企業にとっては、人手不足の現代において、求人への応募数アップや定着率アップ、採用コストの削減、福利厚生の充実、従業員満足度の向上などのメリットがあります。

人手不足で悩む2018年以降は給与前払いサービスが求人に応募するポイントになるかもしれません。







【お金 関連記事】

最終更新日:2018/1/5

2018年は口パク動画「リップシンクアプリ」に注目!「Tik Tok」「musical.ly」で稼ぐ10代から次世代スターが誕生するかも!?

【目次】




■2018年は口パク動画「リップシンクアプリ」に注目!

teenagers

by chiesADIbeinasco(画像:Creative Commons)

「リップシンクアプリ」って知ってますか?

「Tik Tok」「musical.ly」って知ってますか?

と聞かれて知っているか知っていないかによって年代が分かれる質問ではないでしょうか?

「Tik Tok(ティックトック)」や「musical.ly」は楽曲を口パクしたり、YouTuberの声やCMの口パク(Lip Syncが口パクの意味)をする動画ソーシャルアプリです。

参考画像:Tik Tok ティックトック – 動画ソーシャルアプリ|App Storeスクリーンショット

参考画像:musical.ly|App Storeスクリーンショット

「Tik Tok」と「musical.ly」の違いは、「Tik Tok」は日本人向けで、「musical.ly」は洋楽音楽ファン向けという印象でしょうか。

口パク動画「リップシンクアプリ」はインスタを超えるか :2018急上昇ワード

(2018/1/6、Business Insider)

Bytedance社の広報によると、11月末の時点で月当たりのアクティブユーザー数はTik Tokとmusical.lyを合わせて全世界で1億人を超えるという。

「リップシンクアプリ」はすでに全世界で1億人のユーザーがいるくらい注目されているのです。

■なぜ「リップシンクアプリ」に注目が集まっているの?

なぜこれほどまでに注目されているのでしょうか?

外資系大手広告企業・McCANN TOKYOのプランナー、折茂彰弘さんはリップシンクの魅力について「ティーンが親しんできたビジュアルコミュニケーションの文脈がすべてそろっている」と話す。

リップシンクアプリには、これまで注目された「MixChannel(ミクチャ:カップル動画)、「Vine(バイン:おもしろ動画)」「Snow(顔加工)」「YouTube(踊ってみた系)」といったSNSの自撮り投稿動画の全ての要素が揃っていると考えられるそうです。

もう一つ背景にあると考えられるのは、アメリカで人気のある人気の口パク音楽バトル番組『LIP SYNC BATTLE(リップ・シンク・バトル)』ではないでしょうか?

YouTubeで「LIP SYNC BATTLE」と検索して、視聴回数の多い順で見てみると、Emma Stone(エマ・ストーン)の口パク動画が表示されています。

視聴回数はなんと8600万回を超えています!

Lip Sync Battle with Emma Stone

豪華セレブがラブコール!全米で人気の口パク音楽バトル番組『リップ・シンク・バトル』ってなんだ?

(2015/5/1、GQ JAPAN)

これは単なる歌唱力を競うコンペティションではなく、リップシンク(口パク)をしてパフォーマンスを競い合う音楽番組。リップシンクとは、あらかじめ収録された音声入りの楽曲を、あたかも歌っているかのようにパフォーマンスするもの。

『LIP SYNC BATTLE(リップ・シンク・バトル)』は普段は映画にしか出演しないような大物セレブがアーティストの口パクをしながらパフォーマンスをすることが話題になりました。

この番組の形式は海外にも輸出されているそうで、タイのリップシンクバトルではドラえもんの曲でパフォーマンスが行なわれています。

โจ๊ก So Cool – DORAEMON NO UTA | Lip Sync Battle Thailand

これからの10代は音楽を聴かない。音楽と遊ぶのだ。

(2017/6/14、WIRED)

ローンチからしばらくしたある日、わたしたちは必ず毎週木曜日にアプリのダウンロード数が急増することに気がついたんです。調べてみたら、アメリカの人気番組「リップ・シンク・バトル」の放送に連動して、ユーザーが検索から流入していることがわかりました。

musical.lyは「リップ・シンク・バトル」の放送と連動して、人気に火が付いたといえるでしょう。




■なぜ音楽とのかかわり方が変わってきたの?

なぜこのように音楽とのかかわり方が変わってきたのでしょうか?

これからの10代は音楽を聴かない。音楽と遊ぶのだ。

(2017/6/14、WIRED)

「コンテンツを音楽ファン自ら作成して発信する」というソーシャルな要素により、ほかのアプリでは聴くだけの受け身な体験だった音楽消費という行為を、自発的な行為へと変えたのです。

ひとつには、musical.lyのメインユーザーが、新しいことを試してみたいと思っているティーンエイジャーであることが挙げられると思います。小さいときから動画を撮ってシェアすることに慣れている彼らにとって、リップシンク動画を撮ることはごく自然なことなのです。これがもう少し上の世代であれば、リップシンク動画に拒否感を示す人も多かったのではないかと思います。

ティーンエイジャーにとって、動画をとってコンテンツをシェアすることはごく自然なことであり、音楽を「聴く」だけでなく、音楽を素材として「遊ぶ」ということが自然にできているのです。

■「Tik Tok」「musical.ly」で稼ぐ10代から次世代スターが誕生するかも!?

ユーザー主導の音楽ビデオサービスMusical.lyがライブストリーミングのlive.lyをローンチ

(2016/5/28、TechCrunch)

コメディや動物のビデオなど、音楽以外の利用が増えたためlive.lyは、そういう多様なビデオを軸に、ユーザーが互いにリアルタイムで対話する手段になるだろう、と彼は期待している。

サービスを提供する側が予想もしなかった方法でmusical.lyを利用するティーンエイジャーが増えたことで、「live.ly」というアプリができ、live.lyでお金を稼ぐ「ティーンエイジャー版YouTuber」のような存在が登場してきているそうです。

参考画像:live.ly|App Storeスクリーンショット

【参考リンク】

これからは「Tik Tok」「musical.ly」「live.ly」から次世代のアーティストやスターが生まれるのではないでしょうか?

→ YouTubeを見ながらビデオ通話もできる!? 通話アプリ「Talkroom」に注目!|米10代に流行中の「Houseparty」のような「サードプレイス」を目指す!? について詳しくはこちら







【関連記事】

【顔版ダンレボ♪】変顔ゲームアプリ「FaceDance Challenge」はアジアで大人気!?|表情筋を鍛える要素が加わると美容アプリになるかも?

【目次】




■【顔版ダンレボ♪】変顔ゲームアプリ「FaceDance Challenge」はアジアで大人気!?

参考画像:FaceDance Challenge!|iTunes|スクリーンショット

きっかけは「このアプリのせいで全顔が筋肉痛になった。」というこのツイートから。

Hilarious app challenges you to make emoji expressions in time to a beat, and it’s gone super viral

(2017/8/18、mashable)

In the game, you’re meant to mimic different emoji faces that are shown onscreen to the beat of the music. For example, if the app shows a closed eye and an open mouth, you’ll have to replicate the exact same face to score points.

According to the app, it uses facial recognition to detect the player’s facial expression to see if it matches the expression of the emoji.

「FaceDance Challenge!」はわかりやすくいえば「Dance Dance Revolution」の顔版で、音楽のリズムに合わせてアプリ画面に表示された顔を真似するというアプリです。

アプリは顔認識システムを活用して表情を検出し、アプリに表示される顔と一致するかを確認します。

The app, which is available for iPhone and Android, has already been downloaded 700,000 times, according to the app’s founder.

It also reached number one on the App store in Thailand and Hong Kong.

アプリの創設者によると、このアプリ(iPhoneとAndroidで利用できる)はすでに70万回ダウンロードされ、フィリピンやベトナム香港などアジアで人気になっているようで、タイと香港のApp Storeで1位になったそうです。

YouTubeで「FaceDance Challenge!」と検索すると、みなさん表情豊かな顔を見せてくれています。

ぜひ興味のある方はプレイしてみましょう!

FaceDance Challenge!|iTunes

FaceDance Challenge!|Google Play




■表情筋を鍛える要素が加わると美容アプリになるかも?

「ゲームのように遊びながら自然と健康管理ができる」アイデアが広まらない理由では、未来の健康管理としては、ダイエットするために、一生懸命走ったり、エクササイズするのではなく、ゲームのように遊びながら自然と健康管理ができるようになるのが理想だと提案しました。

今回紹介した「FaceDance Challenge!」はもしかすると美容アプリになりうる可能性はないでしょうか?

「老け顔」防止!口輪筋を鍛えるトレーニング方法(やり方)によれば、老け顔は、加齢による表情筋の衰えが、一番の原因なのだそうです。

表情筋の中にも「頬筋(きょうきん)」、「眼輪筋(がんりんきん)」、「前頭筋(ぜんとうきん)」などがあるそうなのですが、顔のたるみ解消には、口元の表情筋である「口輪筋(こうりんきん)」を中心に鍛えたらよいようです。

唇の周囲を取り囲む筋肉である口輪筋は、唇を閉じたりすぼめたりする時に働きますが、日ごろ意識して動かすことが少ないため、加齢とともに衰えやすい筋肉であり、また、たくさんの表情筋が口輪筋から放射状に伸びており、口輪筋が弱くなると、周囲の表情筋もあまり動かなくなってしまい、老け顔になってしまうというわけのようです。

そこで、表情筋を鍛えるトレーニング方法が紹介されるのですが、この考え方に「FaceDance Challenge!」が組み合わせると、変顔ゲームアプリが美容アプリに変わるのではないかと考えました。

美容のために表情筋を鍛えるトレーニングをするよりも、遊んでいるだけで自然ときれいになっているという方が魅力的な感じがします。

ぜひ「FaceDance Challenge!」に表情筋について詳しいアドバイザーがついてほしいですね。

→ ほうれい線を消すマッサージ・エクササイズ・舌回し体操 について詳しくはこちら







【関連記事】

Apple Heart Study|Apple Watchの心拍センサーを使って心房細動を通知するアプリ スタンフォード大学と提携

【目次】




■Apple Heart Study|Apple Watchの心拍センサーを使って心房細動を通知するアプリ スタンフォード大学と提携

参考画像:Apple Heart Study launches to identify irregular heart rhythms(2017/11/30、Apple)|スクリーンショット

以前、APPLE WATCHの心拍数を表示する機能によって、17歳の青年の命が救われた!?というニュースを取り上げましたが、Appleは、スタンフォード大学と提携して、Apple Watchの心拍センサーを使って不規則な心臓リズムに関するデータを収集し、心房細動(AFib)を経験しているユーザーに通知するアプリ「Apple Heart Study」アプリを発表しました。

Appleによれば、脳卒中の主な原因である心房細動(AFib)は、毎年アメリカで約13万人の死者と75万人の入院患者の原因となっているそうです。

以前「HEARTILY」|東大とドコモ、RESEARCHKITで脈の揺らぎを測定するアプリを開発 不整脈と生活習慣病の関連性解析では、Appleが提供している医学・医療研究向けに設計したオープンソース・ソフトウエアフレームワーク「ResearchKit」とiPhoneのカメラを活用して、脈を検知し、脈拍を定期的に収集することによって脈の揺らぎを簡単に測定・記録するiPhoneアプリ「HearTily(ハーティリー)」を公開し、臨床研究を開始したというニュースを取り上げましたが、この考え方に近いものですね。

スタンフォード大学の医学部長であるロイド・マイナー(Lloyd Minor)さんによれば、「Apple Heart Studyを通じて、スタンフォード大学医学部は、Apple Watchの心拍センサーのようなテクノロジーが、Precision Healthアプローチの中心的な予防的ヘルスケアの新しい時代を導く助けとなるかどうかを探求します。」とあります。




■Precision Healthとは?

Precision Healthとはどのような考え方なのでしょうか?

スタンフォード大学医学部では「Precision Health(直訳すると、精密医療・高精度医療でしょうか?)」をスローガンとして掲げているようで、プレシジョン・ヘルスとは、病気の予防、病気の発症予測、健康とQOL(生活の質)をできる限り維持することを目的とし、データサイエンスツールを活用して膨大な研究と臨床データを患者や医師が利用できるようにすることを考えているようです。

スマートウォッチは病気の早期発見に役立つ|正常値とベースライン値の確立が重要|スタンフォード大で紹介したスタンフォード大学のマイケル・スナイダーの研究によれば、フィットネスモニターや他のウェアラブルバイオセンサーが心拍数、肌の温度などの異常が起きているかを知らせてくれることにより、病気になっていることを伝えてくれることについて取り上げており、現在進行中の研究の重要な要素は、正常値またはベースライン値を確立することということでした。

つまり、スタンフォード大学はAppleと提携することで、予防医学を前に進めようと考えていることではないでしょうか。

■まとめ

フィットネストラッカーのデータから心房細動は脳卒中によるものと判断され救われたケースがあるによれば、すでにフィットネストラッカーをつけている人の心拍数のベースラインと異常値のデータを参考に病気を判断したケースがありました。

Fitbitのおかげ。世界初、フィットネストラッカーが人命救助

(2016/4/20、ギズモード)

患者の検査の際に、腕に付けるアクティビティトラッカー(Fitbit Charge HR)を着用していることが確認されました。それは患者のスマートフォン上のアプリケーションと同期されており、フィットネス・プログラムの一環として彼の心拍数が記録されていました。このアプリケーションを患者のスマートフォンを通じて閲覧したところ、彼の心拍数のベースラインが毎分70から80回であり、脳卒中が発生した大体の時間において突如、持続して毎分140から160回の幅へと上昇していたことが分かりました。心拍数はジルチアゼムを投与するまで上昇した状態が続きました。

Fitbitのデータのおかげで、心房細動は脳卒中によって引き起こされたものであり、電気的除細動を行って良いことが確認されたということです。

フィットネストラッカー「Fitbit Charge HR」に記録されている心拍数のデータを参考に、医師は心房細動は脳卒中によって引き起こされたと判断し、電気的除細動を行なったそうです。

ウェアラブルデバイスで得た生体データによる病気の予兆を検知することで運転手の突然の体調変化による死亡事故を未然に防ぐシステムによれば、リストバンド型の血圧測定デバイスを運転手につけてもらい、脈拍、心電図、体温、呼吸数、血中酸素濃度をクラウド上でモニターすることで、病気の予兆を検知するサービスが考えられています。

また、福井の京福バスではIoTで交通事故を防ぐシステムの実証実験が行われているそうで、運転手がNTTと東レが開発した機能素材を使った衣類を着用することにより、心拍数をリアルタイムでチェックし、また運転手の動作(急ハンドル・急ブレーキ)や車の動きを総合して分析し、事故を未然に防止することを目的としています。

今後、様々な生体データのベースラインを見つけることができれば、スマートウォッチでの健康管理にもっと活かせるようになるのではないでしょうか。







【参考リンク】

Apple Heart Study launches to identify irregular heart rhythms

(2017/11/30、Apple)

AFib, the leading cause of stroke, is responsible for approximately 130,000 deaths and 750,000 hospitalizations in the US every year. Many people don’t experience symptoms, so AFib often goes undiagnosed.
To calculate heart rate and rhythm, Apple Watch’s sensor uses green LED lights flashing hundreds of times per second and light-sensitive photodiodes to detect the amount of blood flowing through the wrist. The sensor’s unique optical design gathers signals from four distinct points on the wrist, and when combined with powerful software algorithms, Apple Watch isolates heart rhythms from other noise. The Apple Heart Study app uses this technology to identify an irregular heart rhythm.

“Through the Apple Heart Study, Stanford Medicine faculty will explore how technology like Apple Watch’s heart rate sensor can help usher in a new era of proactive health care central to our Precision Health approach,” said Lloyd Minor, Dean of Stanford University School of Medicine.

How Stanford Medicine will “develop, define and lead the field of precision health”

(2015/6/8、Stanford Medicine)

Precision health includes precision medicine but boldly expands its focus. Precision medicine provides personalized treatments once illness occurs; in contrast, precision health aims to prevent and predict illness, maintaining health and quality of life for as long as possible. Precision health draws on data science tools to translate volumes of research and clinical data into information patients and doctors can use.

【参考リンク】

【関連記事】

割り勘アプリ「LINE Pay」「paymo」「Kyash」「ONE PAYMENT」に注目!|2017年に成人となる約5割の女性がデート費用は「割りカン」がよい!?

Date and Dateless

by Guian Bolisay(画像:Creative Commons)




■割り勘アプリ「LINE Pay」「paymo」「Kyash」「ONE PAY」に注目!

最近では、「LINE Pay」「paymo」「Kyash」「ONE PAY」といった割り勘アプリに注目が集まっています。

paymo(ペイモ)

「paymo Table Trick」 #スゴ技 #神業 #ワンカット #girl

割り勘アプリ paymo(ペイモ)の動画なのですが、ほぼワンカット撮影だったので、自然とみてしまいました。

LINE Pay

【公式】LINE Pay「割り勘あるある」編

チャージをすると、加盟店での買い物や、LINEの友だちへ送金や割り勘ができます。

Kyash(キャッシュ)

Kyash(キャッシュ) – かんたん送金アプリ 請求や割り勘にも

クレジットカード、またはデビットカードをKyashカードに登録することで、誰にでもかんたんに送金ができます。

また、Kyashなら送金だけでなく請求することもでき、飲み会の精算や友達へのプレゼント代金を集める際に、わずらわしいお釣りの用意も必要なく、かんたんに集金管理が出来ます。

ONE PAYMENT(ワンペイメント)

ONE PAYMENTカードスキャナーで、クレジットカードを読み取って決済完了する仕組みで割り勘ができます。




■2017年に成人となる約5割の女性がデート費用は「割りカン」がよい!?

男性は女性にデートでおごるべきか?それとも割りカン?では、「男性は女性におごるべきかどうか?」という話題を取り上げました。

上の世代の感覚からすれば、デート費用は男性が払うものという感覚の人が多いかと思いますが、今の10代、20代前半くらいは、男女平等であるようにと教えられてきているからでしょうか、食事をするなら割り勘でもいいというようになっているようです。

【#成人式】成人おめでとう!2017年の新成人の恋愛・結婚観で紹介した2017年に成人となる全国の独身男女 600 名を対象に実施された恋愛・結婚意識についての第22回新成人意識調査によれば、約5割の女性がデート費用は割り勘がよいと回答しています。

普段のデート費用についての考えを調査したところ、53.1%もの女性が、デート費用は「割り勘がよい」と回答。昨年の 36.3%を大きく上回りました。
一方、「男性がすべてを払うのがよい」、「男性がやや多めに払うのがよい」を合計すると男性は 60.7%で女性の 45.3%を上回りました。
この結果からデートの費用については女性のほうが平等意識が強いことがわかり、「男性はこうあるべき!」という考えにとらわれているのは、実は男性のほうなのかもしれません。

男性がデート代を多く払う理由としては経済的な余裕を見せるものという考えがあったかもしれませんが、今の女性はそうしたことを求めておらず、対等に付き合いたいと考えているようです。

そう考えると、今の10代、20代からは割り勘が当然という形に自然と変わっていくかもしれませんね。







【関連記事】