「オクラ」タグアーカイブ

夏野菜の揚げびたしの作り方・レシピ【ばあちゃんの料理教室】/How To Make Agebitashi (Deep-fried Summer Vegetables in Dashi Broth)




夏野菜の揚げびたしの作り方・レシピ【ばあちゃんの料理教室】/How To Make Agebitashi (Deep-fried Summer Vegetables in Dashi Broth)

今回のばあちゃんの料理教室は、夏野菜の揚げびたしの作り方を紹介します。

RECIPE Start :: ▶ 0:08

【概要欄の目次】


◎夏野菜の揚げびたしの材料・作り方◎

【材料】

【材料(3人分)】
なす 1本
ズッキーニ 1/2本
パプリカ(黄色・赤色) 各1/2個
かぼちゃ 1/8カット
ミニトマト 4個
ししとう 小3本
オクラ 3本
アスパラガス 2本
大葉 適量

【漬け汁】
だし汁 450㏄
砂糖 大さじ1
しょうゆ 大さじ2
酒 大さじ1
みりん 大さじ1
塩 小さじ1

黒ごま素麺 100g

えごま蕎麦 100g

【道具】
包丁
まな板
ボウル
キッチンペーパー
天ぷら鍋
網じゃくし

【作り方】

【夏野菜の揚げびたしレシピ】1.なすのヘタを落とし、輪切りにして水にさらします。ズッキーニを輪切りにします。パプリカを半分に切り、種をとって縦4等分にします。かぼちゃは種とわたを取り約5mm厚さにスライスします。ししとうを半分に切りタネを出します。オクラを斜めに切ります。アスパラガスを3等分に切ります。野菜は水気をよく拭いておきます。
【夏野菜の揚げびたしレシピ】1.なすのヘタを落とし、輪切りにして水にさらします。ズッキーニを輪切りにします。パプリカを半分に切り、種をとって縦4等分にします。かぼちゃは種とわたを取り約5mm厚さにスライスします。ししとうを半分に切りタネを出します。オクラを斜めに切ります。アスパラガスを3等分に切ります。野菜は水気をよく拭いておきます。

1.なすのヘタを落とし、輪切りにして水にさらします。ズッキーニを輪切りにします。パプリカを半分に切り、種をとって縦4等分にします。かぼちゃは種とわたを取り約5mm厚さにスライスします。ししとうを半分に切りタネを出します。オクラを斜めに切ります。アスパラガスを3等分に切ります。野菜は水気をよく拭いておきます。

【夏野菜の揚げびたしレシピ】2.昆布・椎茸・かつお節で出汁をとった後、砂糖・醤油・酒・みりん・塩を入れて、一度煮立たせます。
【夏野菜の揚げびたしレシピ】2.昆布・椎茸・かつお節で出汁をとった後、砂糖・醤油・酒・みりん・塩を入れて、一度煮立たせます。

2.昆布・椎茸・かつお節で出汁をとった後、砂糖・醤油・酒・みりん・塩を入れて、一度煮立たせます。

【夏野菜の揚げびたしレシピ】3.揚げ油を180度くらいで、なす、ズッキーニ、パプリカ、ししとう、アスパラガス、オクラを素揚げします。
【夏野菜の揚げびたしレシピ】3.揚げ油を180度くらいで、なす、ズッキーニ、パプリカ、ししとう、アスパラガス、オクラを素揚げします。

3.揚げ油を180度くらいで、なす、ズッキーニ、パプリカ、ししとう、アスパラガス、オクラを素揚げします。

【夏野菜の揚げびたしレシピ】4.素揚げした野菜を耐熱容器に入れ、煮立たせた漬け汁をかけて、千切りした大葉を載せ、2~4時間ほど味をなじませます。
【夏野菜の揚げびたしレシピ】4.素揚げした野菜を耐熱容器に入れ、煮立たせた漬け汁をかけて、千切りした大葉を載せ、2~4時間ほど味をなじませます。

4.素揚げした野菜を耐熱容器に入れ、煮立たせた漬け汁をかけて、千切りした大葉を載せ、2~4時間ほど味をなじませます。

【夏野菜の揚げびたしレシピ】5.えごま蕎麦・黒ごま素麺をそれぞれ目安の時間茹で、ザルに上げ、水で洗い、器に盛りつけて、最後に夏野菜の揚げびたしをのせて完成!
【夏野菜の揚げびたしレシピ】5.えごま蕎麦・黒ごま素麺をそれぞれ目安の時間茹で、ザルに上げ、水で洗い、器に盛りつけて、最後に夏野菜の揚げびたしをのせて完成!

5.えごま蕎麦・黒ごま素麺をそれぞれ目安の時間茹で、ザルに上げ、水で洗い、器に盛りつけて、最後に夏野菜の揚げびたしをのせて完成!


◎作り方のポイント◎

●出汁の取り方

鍋に水と昆布と椎茸を入れて、15分ほど置いておいたら、煮立たせて沸騰する前に昆布を取り出します。しばらく椎茸を入れたままで出汁をとったら、かつお節を入れて、火を止めます。しばらく置いて、かつおだしが出たら、取り出します。


◎おススメする方◎


◎Q&A◎

◎関連レシピ◎

焼きとうもろこしご飯(炊き込みご飯)の作り方【炊飯器で簡単!トウモロコシレシピ】

夏野菜とはちみつ梅マリネのえごま蕎麦レシピ

夏野菜たっぷり!ラタトゥイユレシピ・作り方

夏野菜たっぷり!豆乳カレーそうめん


◎最後に◎

夏野菜の揚げびたしは素麺やそばにのせても美味しいので、ぜひ作ってみてくださいね。

※動画を見て作り方がわからないときはコメント欄に「0:00(何分何秒) ○○がわかりにくい」というようにコメントしてくださいね。

→チャンネル登録はこちら







———————————————————————–

★ FOLLOW Hakuraidou ★

📺 Please SUBSCRIBE ▶︎ YouTube
Ⓗ 舶来堂|長崎逸品のお取り寄せ
Ⓢ Store ▶︎ ハクライドウストア
🌎 Website ▶︎ 40代・50代のための健康情報ならハクライドウ
Ⓑ Blog ▶︎ 40代・50代のための健康美容ブログ「HAKUR」|ダイエット・恋愛
🐤 Twitter ▶︎ Twitter
📖 Facebook ▶︎ Facebook
📷 Instagram ▶︎ Instagram
Ⓟ Pinterest ▶︎ Pinterest
Ⓣ TikTok ▶︎ TikTok

———————————————————————–

#ばあちゃんの料理教室 #おばあちゃんの料理
#夏野菜の揚げびたし
#作ってみたくなるハクライドウグルメ
#レシピ #料理 #自家製

———————————————————————–

撮影機材(Equipment)

Camera:Osmo Pocket(DJI)

———————————————————————–

【#こんな私は何を食べればいいですか】糖尿病予防にオクラ茶レシピ!高血圧対策にサトイモポテトサラダの作り方!肩こり解消にアーモンドのはちみつ漬け!|11月26日

2018年11月26日放送の「#こんな私は何を食べればいいですか」では「糖尿病・高血糖予防にオクラ茶レシピ」「高血圧対策にサトイモポテトサラダの作り方」「肩こり解消にアーモンドのはちみつ漬け」「老眼にアスタキサンチン!紅鮭のごま油焼き!」「甘いものを食べる時に、きな粉を食べると太りにくくなる!」を取り上げました。




【目次】

■糖尿病・高血糖予防にオクラ茶!オクラ茶レシピ!

■高血圧対策に里芋!サトイモポテトサラダの作り方!

■肩こり改善にアーモンド!アーモンドのはちみつ漬け!

■老眼にアスタキサンチン!紅鮭のごま油焼き!

■甘いものを食べる時に、きな粉を食べると太りにくくなる!







【世界一受けたい授業】ネバネバヌルヌル食材の健康効果|もずく(フコイダン)・山芋(ジオスゲニン)・オクラ・うなぎ




2010年5月1日放送の世界一受けたい授業では「体に良いネバネバヌルヌル食材」を取り上げました。

講師 津久井 学 先生(関東学院大学准教授)

 

●納豆には、疲労回復効果だけでなく、ネバリの成分にカルシウム吸収の促進効果もあるそうです。

●ウサイン・ボルト選手は、ヤマイモの一種のヤムイモを食べていたそうです。

 

■ネバネバヌルヌル成分の効果とは

もずく酢

by Ippei Suzuki(画像:Creative Commons)

●ネバネバヌルヌル成分というのは、人の粘膜と同じような働きをするので、胃の粘膜の保護や胃潰瘍にも効果があるそうです。

●糖分や脂肪分の吸収を遅らせる効果・吸収を阻害する効果もあるそうです。

そのために、糖尿病やその予防に効果があると言えるそうです。

 

■体型が気になる人に効果的!もずく

もずくのぬめり成分フコイダンが今注目されているそうです。

フコイダンを継続的に摂取した際、中性脂肪値が減少したそうです。

つまり、ダイエット効果があるということですね。

また、この研究では、悪玉コレステロール値は下がり、善玉コレステロールは高くなるという結果も出たそうです。

その他にも、フコイダンには、がん細胞の増殖を抑える効果もあるという研究結果が出ているそうです。

【もずくの効果的な食べ方】

●もずく酢は食前に食べるのがよい。

胃が空っぽの状態だと、胃の粘膜にフコイダンが働きやすいからなのだそうです。

弱った細胞の修復し、脂肪の吸収を阻害してくれるそうです。

 

■年齢が気になり始めた人におすすめ!ヤマイモ

ヤマイモの中には、ジオスゲニンという成分が含まれているそうです。

ジオスゲニンは、ホルモンのバランスを整えて、更年期障害などの症状を和らげることが知られているそうです。

マウスの実験では、脂肪の代謝を活性化させる、運動の機能を高める効果があることを遺伝子的に証明したそうです。

●ヤマイモを「冷凍」するとかゆくならない。

ヤマイモの細胞には針状のものがあるためにかゆくなることがあるが、冷凍すると大丈夫なのだそうです。

 

■疲労回復したい人におすすめ!オクラ
カットしたオクラ
カットしたオクラ

オクラには、ビタミンB1という疲労回復効果のある成分が含まれているそうです。

ネギには、ビタミンB1の吸収を約10倍以上高めるといわれる成分が入っているため、ネギと一緒にオクラを食べると疲労回復効果が高まるそうです。

また、オクラには、βカロテン・ビタミンC・ビタミンE・カルシウム・鉄分などを豊富に含んでいるため、糖尿病や動脈硬化の予防に効果があるといわれているそうです。

●オクラは、ゆで時間に注意が必要。

ゆで時間が長くなると、ネバネバ度は上昇していくのですが、反対にオクラ特有の硬さがなくなっていくそうです。

そのために、2分ほどにしておくとちょうど良いのだそうです。

 

■体が弱っている時に効果的!うなぎ

Unagi over rice

by Andrew Choy(画像:Creative Commons)

ウナギには、ビタミンAが豊富。

ビタミンAは、病原菌などの侵入を防ぐ効果があるそうです。また、歯や骨の形成にも使われるそうです。

その他にも、うなぎには、DHA・EPAが含まれているそうです。







⇒ あなたにあった ダイエット方法の選び方 はこちら

ダイエットの基礎知識 はこちら

ダイエット方法ランキングはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ダイエット方法ランキング