「目の病気」タグアーカイブ

#一条ゆかり さん、緑内障を告白|自覚症状がなく、点眼をやめ、病院にも行かなかった所、緑内障になった【緑内障の芸能人・有名人】

> 健康・美容チェック > 目の病気 > 緑内障 > 一条ゆかりさん、緑内障を告白|自覚症状がなく、点眼をやめ、病院にも行かなかった所、緑内障になった




■一条ゆかり さん、緑内障を告白|自覚症状がなく、点眼をやめ、病院にも行かなかった所、緑内障になった

Eye

by Haylie Jaed(画像:Creative Commons)

一条ゆかり:自身の緑内障を告白 「拡大しながら直してます」創作の苦労話も

(2009/5/27)

「有閑倶楽部」「プライド」などの少女マンガ家、一条ゆかりさん(59)が27日、自らの緑内障を製薬会社「ファイザー」(東京都渋谷区)のセミナーで告白。

一条ゆかりさんが自身の緑内障を告白したそうです。

緑内障とは、視野が欠ける病気で、失明の恐れもある目の病気です。

一条ゆかりさんによると、緑内障の症状は以下のようだったそうです。

一条さんは5年前に緑内障が判明したといい、「(仕事中に目のチェックをしていたら)右と左で暗さが(電球の)40ワットと100ワットぐらい違った。

次の日に病院に行ったら『ほぼ中期の緑内障』と言われた」と語った。

記事によれば、一条さんの家系は、眼圧が高い家系なのだそうで、以前から一条さんのお姉さんに検査するように言われていたそうです。

しかし、自覚症状がなかったため、点眼しなくなり、病院にも行かなかったところ、5年前に緑内障になったそうなのです。

「自分は5年ほっといて(進行が)あの程度だから、1年に1回検査に行けば、初期の緑内障で止められるんだと思う。

だから年に1回は(緑内障の)検査に行ってください」と早期発見の重要性をアピールした。

緑内障は早期発見・早期治療が重要です。

緑内障などの目の病気を予防するためにも、ぜひ定期的に眼科で診てもらいましょう。

→ 緑内障とは|緑内障の症状・原因・予防・チェック について詳しくはこちら。







【関連記事】
続きを読む #一条ゆかり さん、緑内障を告白|自覚症状がなく、点眼をやめ、病院にも行かなかった所、緑内障になった【緑内障の芸能人・有名人】

日本人には正常眼圧緑内障(NTG)が多い!?

健康・美容チェック > 目の病気 > 緑内障 > 正常眼圧緑内障 > 日本人には正常眼圧緑内障(NTG)が多い!?




【目次】

■日本人には正常眼圧緑内障(NTG)が多い!?

20120803IMG_3988-Japanese Garden visit

by ocean yamaha(画像:Creative Commons)

怖い正常眼圧緑内障 気付かぬまま静かに進行

(47ニュース)

日本緑内障学会が2000年から01年にかけ、岐阜県多治見市で40歳以上を対象に行った大規模調査では、緑内障と診断された人は約5・8%。しかもその6割はNTGだった。
「日本の40歳以上では緑内障が398万人、NTGは243万人いる計算になる」と同学会の北澤克明理事長。

2000年から01年にかけ、岐阜県多治見市で40歳以上を対象に行なった大規模調査によれば、緑内障と診断された人は約5.8%で、そのうちの6割が正常眼圧緑内障だったそうです。

つまり、日本人には、正常眼圧緑内障(NTG)が多いということですね。

→ 正常眼圧緑内障(NTG)の症状・原因・治療 について詳しくはこちら

緑内障の主な原因は、前房内の房水が隅角からうまく排出されず、眼球内の圧力が高くなることなのですが、正常眼圧緑内障とは、眼圧が高くないにもかかわらず緑内障になることをいいます。

睡眠時無呼吸症候群の患者は緑内障になるリスクが高い|正常眼圧緑内障の原因は「低酸素状態」の可能性があるによれば、睡眠時無呼吸症候群の患者は緑内障になるリスクが高く、無呼吸と眼圧の関係について何らかの関係があると考えられていたそうです。

北海道大学の研究グループによれば、睡眠時無呼吸症候群の患者は発作時に気道が閉塞して息が吸い込めなくなるために胸腔内の圧力が下がって眼圧が下がることがわかったそうです。

無呼吸発作が起きると、眼圧が下がると同時に血中酸素飽和度も下がることがわかったため、睡眠時無呼吸症候群の患者は、低酸素状態などの眼圧上昇以外の仕組みによって視神経障害が引き起こされるという可能性があり、このことは、正常眼圧緑内障の原因の解明につながることが期待されます。

→ 睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状・原因・治療法・予防・チェック について詳しくはこちら

【参考リンク】




■40歳以上になったら眼科検診を受けましょう!

緑内障の治療において最も重要なことは、検査を受けて、早期発見をすること。

早期発見をして、目薬によって眼圧をコントロールできれば、視野欠損を防ぐことができます。

40歳になったら、まず一度眼科検診をしていましょう。

→ 緑内障とは|緑内障の症状・原因・眼圧・予防 について詳しくはこちら

→ 目の病気(目の病気・症状チェック) について詳しくはこち




→ 目の病気(目の病気・症状チェック) について詳しくはこちら




【関連記事】
続きを読む 日本人には正常眼圧緑内障(NTG)が多い!?

緑内障治療とiPS細胞による再生医療|緑内障治療にiPS細胞は使われるか?

> 健康・美容チェック > 目の病気 > 緑内障 > 緑内障治療とiPS細胞による再生医療|緑内障治療にiPS細胞は使われるか?




■緑内障治療とiPS細胞による再生医療|緑内障治療にiPS細胞は使われるか?

Eye

by Alper Çuğun(画像:Creative Commons)

世界初の「iPS」移植手術、患者「視界明るい」加齢黄斑変性の患者にiPS細胞から作った網膜細胞を移植したというニュースを以前取り上げましたが、そのことが影響しているのでしょうか、「緑内障 iPS」で検索されている方が増えているようです。

→ 緑内障とは|緑内障の症状・原因・予防・チェック について詳しくはこちら

現在、緑内障患者に対してiPS細胞を活用するための研究が行われているのかどうかについてのページを見つけましたので、ご紹介したいと思います。

iPS細胞 Q&A|iPS TREND

Q. 緑内障について、iPS細胞を緑内障患者に役立てるための研究の進捗状況を教えてください。

A. 目はよくカメラに例えられますが、目の奥にはカメラのフィルムにあたる網膜と呼ばれる場所があります。外から目に入った光は網膜でうけとられ、その情報が神経節細胞と呼ばれる神経を通じて脳に伝わり、ものが見えます。緑内障ではこの神経が徐々に失われていくため、視野が狭くなったり視力が低下したりします。神経節細胞は目と脳を結ぶ神経で、一つの細胞の長さが約10cmと非常に長いのが特徴です。これは、一般的な細胞(数十ミクロン)の100倍以上の長さです。iPS細胞を用いた再生を考えた場合、このような巨大な構造を再生することは現時点では難しいと考えられています。したがって、緑内障に再生医療を適用しようとする研究は現段階ではあまり行われていないと思います。

記事によれば、緑内障にiPS細胞を用いた再生医療を適用する研究は現段階ではあまり行われていないようです。

医学の道は一歩一歩進んでいくもので、着実に成功事例を積み重ねていく必要があるのだと思います。

緑内障に悩んでいる人が増え続ける中で色々なアプローチで解決の道を探ろうとしている研究者がいるはずです。

それがiPS細胞かもしれませんし、まったく違ったアプローチがあるかもしれません。

医学の発展に期待しましょう。




【追記(2015/2/11)】

世界初、iPS細胞から視神経細胞作製‐国立成育医療センターによれば、国立成育医療研究センターなどの研究グループがiPS細胞から「軸索」と呼ばれる神経線維を持つ視神経細胞を作製に成功したそうです。

今回の研究は、緑内障に伴う視神経障害の治療につながることが期待されます。

【追記(2016/8/19)】

マウスIPSとESで視神経細胞を作製 「失明原因1位」緑内障の治療法の開発に期待|国立成育医療研究センターなどによれば、マウスのiPS細胞(人工多能性幹細胞)とES細胞(胚性幹細胞)から視神経細胞を作製することに世界で初めて成功したそうです。

新しい治療法などの開発にはマウスなどでの動物実験が欠かせないそうですが、動物種や幹細胞の種類に関係なく、同様の技術で視神経細胞が作れることが分かったことにより、失明の恐れがある緑内障など視神経の病気で、視覚を回復させる治療法開発につながることが期待されます。

緑内障が治療できる日もそう遠くないかもしれません。

→ 緑内障とは|緑内障の症状・原因・予防・チェック について詳しくはこちら







【関連記事】
続きを読む 緑内障治療とiPS細胞による再生医療|緑内障治療にiPS細胞は使われるか?

【加齢黄斑変性予防!奥薗レシピ】パセリミートソースの作り方|ミートポテトグラタン|ミートソースパスタ|#たけしの家庭の医学

> 健康・美容チェック > 目の病気 > 加齢黄斑変性症 > ルテイン > 【加齢黄斑変性予防!奥薗レシピ】パセリミートソースの作り方|ミートポテトグラタン|ミートソースパスタ|みんなの家庭の医学

2016年5月17日放送の「みんなの家庭の医学」で「加齢黄斑変性」を予防する栄養素として挙げられたのは「ルテイン・ビタミンC・ビタミンE・亜鉛」の4つ。

→ 加齢黄斑変性症|症状・原因・治療・サプリメント について詳しくはこちら

その4つの栄養素を含むレシピを奥薗壽子さんが紹介しました。




【関連記事】

【奥薗レシピ】パセリミートソース

Green / Parsley

by Philipp Rudloff(画像:Creative Commons)

パセリ(ルテイン)を使ったレシピです。

【材料(3食分)】

  • パセリ 2袋(140g)
  • 牛ひき肉 150g
  • 玉ねぎ 1個(220g)
  • トマト 2個(300g)
  • しょうゆ 小さじ1〜2
  • ケチャップ 大さじ4
  • オリーブオイル 大さじ1
  • にんにく(すりおろし) 1かけ
  • 酒 大さじ1
  • コショウ 適量
  • 塩 小さじ1/4
  • 粉チーズ 大さじ4
  • しょうゆ 大さじ1/2

【作り方】

  1. 玉ねぎをみじん切りにして、トマトを皮ごとぶつ切りにします。
  2. 牛ひき肉を塩(小さじ1/4)、酒(大さじ1)、すりおろしたにんにく(1かけ)で下味をつけて、牛ひき肉から出る油でじっくり炒めます。
  3. 火が通ったら、玉ねぎを加え、玉ねぎが透き通るまで炒めます。
  4. ケチャップ(大さじ4)を加え炒めて、水分が飛んで全体がねっとりするぐらいまで炒めます。
  5. トマトを加えてさっと炒め、蓋をして5分ほど蒸します。
  6. パセリを切ります。(軸の部分と葉の部分に分け、軸の部分はみじん切りにします)
  7. フライパンにオリーブオイル(大さじ1)を入れて、パセリを炒めます。(軸から炒めていく)
  8. しょうゆ(大さじ1/2)を加えて味を調え、粉チーズ(大さじ4)を加えて更に炒めます。
  9. 先ほど作ったミートソースにしょうゆ(小さじ1〜2)とコショウ(適量)を加え、味を調え、パセリと粉チーズを炒めたものを加えます。

【アレンジ1】ミートポテトグラタン

ふかしたじゃがいもにパセリミートソースをかけて、オーブンで焼きます。

ドリアやオムレツにも合うそうです。

【アレンジ2】ミートソースパスタ

■まとめ

緑内障・白内障に次ぐ第3の目の病気「加齢黄斑変性」を予防するためにも「ルテイン・ビタミンC・ビタミンE・亜鉛」を含む食べ物を積極的に取り入れましょう!

→ 加齢黄斑変性症とは|症状・原因・治療・サプリメント について詳しくはこちら







【関連記事】
続きを読む 【加齢黄斑変性予防!奥薗レシピ】パセリミートソースの作り方|ミートポテトグラタン|ミートソースパスタ|#たけしの家庭の医学

【#主治医が見つかる診療所】加齢黄斑変性の症状・治療・チェック方法

> 健康・美容チェック > 目の病気 > 加齢黄斑変性症 > 加齢黄斑変性の症状・治療・チェック方法|主治医が見つかる診療所

2015年3月9日放送の主治医が見つかる診療所のテーマは目の病気の「加齢黄斑変性」です。

→ 加齢黄斑変性|症状・原因・治療 について詳しくはこちら




【目次】

■失明の恐れのある病気「加齢黄斑変性」チェック方法

Genetic inheritance

by Patrik Nygren(画像:Creative Commons)

  1. スマートフォンが手放せない(1点)
  2. 40歳以上(1点)
  3. 外食が多い(1点)
  4. 日中は外にいることが多い(1点)
  5. タバコを吸っている(1点)
  6. よく転ぶようになった(3点)
  7. コップにお茶が上手く注げなくなった。(3点)
  8. 細かい文字が読めなくなった(3点)

合計点数4点以上は放っておくと失明につながる目の病気である加齢黄斑変性の可能性がある。

1.スマホのブルーライトによる影響があるのではないかという意見がある。

【関連記事】

2.40歳以上から発症することが多い

3.栄養の偏りも加齢黄斑変性に関係があるようです。

<加齢黄斑変性によいとされる栄養>

ビタミンA:レバー、ニンジン
ビタミンC:赤ピーマン、キウイ
ビタミンE:アーモンド、たらこ
亜鉛牡蠣、牛肉
ルテイン:ほうれん草、ブロッコリー
オメガ3えごま

また、野菜や果物・魚の皮に抗酸化成分が含まれているので、皮も一緒に食べることをおすすめしていました。

4.紫外線による影響もあるそうです。

UVカットのサングラスやコンタクトで紫外線から目を守りましょう。

骨粗しょう症には陽に当たることが重要なのですが、目の病気から守るためにも、日が陰ってから30分ほどの日光浴で良いそうです。

5.タバコは一番のリスク要因

加齢黄斑変性は海外では女性に多いのですが、日本では男性の方が多いそうです。

その理由として、タバコが関係しているのではないかと考えられるそうです。




■加齢黄斑変性の初期症状

黄斑は網膜の中心にあり、物を見るための重要な場所なのですが、何らかの原因で変性し、黄斑を再生しようと新生血管というもろい血管が発生することによって起きるのが加齢黄斑変性という目の病気です。

加齢黄斑変性の初期症状としては、視力が衰える、物が歪んで見える、黒い円が見えるなどですが、症状が片目に現れることが多く、片方の目や脳で補正するために症状に気づきにくく、また老眼などの目の病気があるため、発見が遅れがちです。

その他にも、よく転ぶようになった・青色が黄緑色になった・遠近感がつかめなくなったという症状がある人は要注意です。

■加齢黄斑変性チェック方法

格子状の紙を目から30cmほどの距離から片目で見る。

格子の線が歪んで見えたり、欠けて見えると加齢黄斑変性の可能性がある。

■目の検査方法

  • 眼圧検査
  • 視野検査(緑内障など)
  • 光干渉断層検査(加齢黄斑変性・緑内障の早期発見につながる)

■加齢黄斑変性の治療方法・手術

早期発見できると、注射をすることで、新生血管の成長を抑え、膨らんだ黄斑をもとに戻すことができます。

今回番組で取り上げた深作眼科では、網膜の上に出来た薄い膜を剥がすという手術を行なっていました。

大事なことは、早期発見・早期治療ですので、40歳以降は定期的に眼科で見てもらいましょう。

→ 加齢黄斑変性|症状・原因・治療 について詳しくはこちら







【関連記事】
続きを読む 【#主治医が見つかる診療所】加齢黄斑変性の症状・治療・チェック方法