「マスク」タグアーカイブ

花粉症やインフルエンザ流行の時期になると「口臭ケア」が気になる!?その理由とは?




Googleトレンドでは検索ワードの検索数の推移が見られますが、「口臭ケア」で検索してみると、3月から4月にかけてと、11月中旬に検索数が上昇しているのがわかります。

なぜこの時期に「口臭ケア」が気になるのかと考えると、二つの時期に当てはまると考えるのが「マスク」です。

花粉症やインフルエンザの予防のためにマスクをつけていると自身の口臭に気がつき、「口臭ケア」をしないとと考える人が多いのではないでしょうか?

8年ほど前の記事(「口がクサイという理由で友達と距離をとる」98%もいると判明|多くの女性が自分・他人の口臭に悩んでいる)では、口臭に対して悩みを持っていても、アメやガムといった一時的な対策をしている人が多く、歯間ブラシやフロス、歯周病対策、舌苔除去といった根本的な対策はしていないようです。

日本の人が海外の人の(特に脇の)ニオイに敏感なのに対し、海外の人は日本人の口臭に敏感だと聞いたことがあります。

しかし、Googleトレンドの傾向(5年間の推移)をみると、口臭ケアが気になる人が増えており、また特に現在はほとんどの人がマスクをつけているので、口臭に気づいた人も多いでしょうから、徐々に歯間ブラシやフロスなどの口腔内ケアやドライマウス対策をする人も増えていくのではないでしょうか?

→ 口臭の原因・対策 について詳しくはこちら

→ ドライマウス(口腔乾燥症)の症状・原因・治し方 について詳しくはこちら

■まとめ

Beautiful woman with grimace beacuse of bad smell. Isolated on white.

by Aqua Mechanical(画像:Creative Commons)

オーラルケアで歯周病予防|予防歯科(セルフケアと歯科医によるケア)で紹介した日本、アメリカ、ドイツ、オーストラリア、イギリス、スウェーデンの6か国で行われた調査によれば、日本人は歯周病に対する認知度は高いものの、実際にオーラルケアにかける時間・お金は6か国中最も低いという結果が出ているそうです。

歯周病を予防するには、日々のブラッシングなどで、歯周病の原因となる細菌をできる限り取り除くことが重要です。

しかし、歯周病予防には歯磨きだけでは完全にプラークを除去できないため、歯間ブラシ・フロスやタフトブラシ、デンタルリンス・マウスウォッシュなどを活用したいところですが、日本人は歯ブラシ以外のアイテム使用率が他国と比べて低いという結果となっています。

歯周病予防の基本はブラッシングですが、歯ブラシだけでなく、糸状のフロスやインタースペース・ブラシで歯のすき間の汚れも落とすことが重要です。

歯磨き剤には、歯の表面を硬くコーティングするフッ素入りのものをおすすめです。

また、歯周病を進行させる因子として喫煙(たばこ)も挙げられているので、禁煙することも重要です。

ただブラッシングを正しく行えば70%ほどのプラーク(歯垢)を落とすことはできても、セルフケアでは、やはり限界があるようです。

日々のセルフケアに加えて、定期的にプロの歯科医によるケアを受けるのがより効果的なので、歯の定期検診を受けるようにしたいですね。







花粉症患者の約8割が実感するのどの異常の理由とは?

> 健康・美容チェック > 花粉症の症状 > 花粉症患者の約8割が実感するのどの異常の理由とは




【目次】

■花粉症患者の約8割が実感するのどの異常の理由とは

First Time In Snow

by M I T C H Ǝ L L(画像:Creative Commons)

乾燥は大敵! 花粉症患者の約8割が実感する“のどの異常”の理由とは

(2011/2/19、東京ウォーカー)

「花粉症の症状としては、目のかゆみやくしゃみ、鼻水などがよく知られていますが、意外にも喉頭症状(のどの症状)を訴える人は多いんですよ。

喉頭症状は、スギ花粉の患者の内、78%の方が症状を感じているという報告もあります」と話すのは、アレルギー内科、呼吸器内科の専門医である大谷先生。

花粉症の症状といえば、目のかゆみやくしゃみ、鼻水などがあげられますが、喉の症状を訴える人も多いそうです。

Yahoo!で「花粉症 症状」と検索すると、関連ワードに「のどの痛み」が表示されていますので、それだけ悩んでいる人が多いようです。

喉の症状が出る原因とは何なのでしょうか。

喉頭症状は、のどの異常感、かゆみなどが挙げられるが、実は、これらはアレルゲンである花粉がのどの粘膜に付くことで炎症となってしまう場合があるという。

さらに、“のどの乾燥”に悩む人も多くなるそうが、これは鼻づまりから口呼吸になってしまうことで乾燥感を助長させている場合と、花粉症治療薬の影響である場合が。

花粉症を治療する抗アレルギー薬は、神経信号を伝達するために神経細胞が放出する化学伝達物質・アセチルコリンの作用を遮断する副作用(抗コリン作用)を起こし、だ液の分泌を減少させてしまうそうなのだ。

しかし、殺菌や抗菌作用のあるだ液の分泌が減ると、大変困ったことに。

花粉症がもたらす“のどの荒れ”、口呼吸による“のどの乾燥”などと合わさって、のどの防御機能として働く、のどや鼻の粘膜の“線毛(せんもう)”が、役割を果たさなくなり、インフルエンザや風邪など、細菌・ウィルスの感染リスクを上昇させてしまうという。

喉の症状が出る原因としては、

○花粉が喉の粘膜につくことで炎症になる

○鼻づまりから口呼吸になることで乾燥

○花粉症治療薬の副作用で唾液の分泌が減少してしまう

があるそうです。




■花粉症対策

そこで、大事になってくるのは、のどを潤し、乾燥を防ぐこと。

“マスクをする”“湯気を吸い込む”“空気清浄機・加湿器を使う”ことに加え、「こまめにのど飴を摂取することでも、乾燥からのどを守ることができますよ」とコメントする。

また、「花粉シーズンは、“できるだけ窓を閉め、花粉の飛散が多い時刻や多い日には外出を控える”“外出の際はマスク・メガネを使用し、帰宅後は洗顔・うがいをする”といった一般的な花粉症対策も大切です」と話していた。

花粉症対策をまとめてみます。

  • マスクをする
  • 湯気を吸い込む
  • 空気清浄機・加湿器を使う
  • こまめにのど飴を摂取する
  • できるだけ窓を閉める
  • 花粉の飛散が多い時刻や多い日には外出を控える
  • 外出の際はマスク・メガネを使用
  • 帰宅後は洗顔・うがいをする

花粉症にならないためにも、花粉症の症状がひどくならないためにも、ぜひ対策を行ってください。

花粉症の症状(目・鼻・のど) について詳しくはこちら

花粉症対策 について詳しくはこちら

目がかゆい|目のかゆみの原因・対策・対処法 について詳しくはこちら

目の充血(目が赤い)の原因・治し方 について詳しくはこちら







【のどの花粉症の症状 関連記事】
続きを読む 花粉症患者の約8割が実感するのどの異常の理由とは?

市川海老蔵さんのCMでも注目!花粉を水に変えるマスク|花粉等のタンパク質を分解し水に変える「ハイドロ銀チタン®テクノロジー」を用いた、医師が考えた新しい発想のマスク

> 健康・美容チェック > 花粉症の症状 > 花粉症対策 > 市川海老蔵さんのCMでも注目!花粉を水に変えるマスク|花粉等のタンパク質を分解し水に変える「ハイドロ銀チタン®テクノロジー」を用いた、医師が考えた新しい発想のマスク

【目次】




■花粉を水に変えるマスク|花粉等のタンパク質を分解し水に変える「ハイドロ銀チタン®テクノロジー」を用いた、医師が考えた新しい発想のマスク

参考画像:「花粉を水に変えるマスク」竜登場篇(30秒)|YouTubeスクリーンショット

市川 海老蔵さんが青い竜となり、花粉を撃退!?マスクの上からのぞく迫力ある表情、目力にも注目DR.C医薬 「花粉を水に変えるマスク」の新CM2018年2月1日(木)より全国で順次放映開始

(2018/1/29、DR.C医薬株式会社)

「花粉を水に変えるマスク」は、花粉等のタンパク質を分解し水に変える「ハイドロ銀チタン®テクノロジー」を用いた、医師が考えた新しい発想のマスクです。汗、ニオイ・不衛生タンパク質を分解するため数日間の使用が可能となります。
 1月より順次発売となった今回の新商品は、ハイドロ銀チタン®の濃度(+4、+6、+10)で選べるラインナップとなっており、マスクのサイズ(大、小)、くもり止めの有無と計12種類をご用意しております。
 花粉の季節の日常使いや予防、花粉ピーク時のスポーツ・受験時などでの使用、花粉・ハウスダストが多い場所での使用など用途に合わせてお選びいただけます。

感染症・アレルギー疾患治療薬開発を専門とするDR.C医薬は、花粉等のタンパク質を分解し水に変える「ハイドロ銀チタン®テクノロジー」を用いた「花粉を水に変えるマスク」を販売しています。




■「花粉を水に変えるマスク」のポイントは3つ!

花粉を水に変えるマスク」のポイントは3つ!

ポイント1.花粉・ハウスダスト等のタンパク質を分解

ポイント2.汗、ニオイ・不衛生タンパク質を分解するので数日間使用可能

ポイント3.分解作用は水分子レベルでの変化なのでマスクが濡れたり、湿ったりすることはありません

一般のマスクは花粉やハウスダストをブロックしますが、花粉やハウスダストはマスクに付着したままです。

「花粉を水に変えるマスク」は、花粉・ハウスダスト・カビ等のタンパク質や、汗・ニオイ・不衛生タンパク質を分解して水に変える新素材「ハイドロ銀チタン®️」を使うことで、花粉やハウスダストを吸いこむ量を減らすことにより、効果的な花粉対策をすることができるようになったそうです。

花粉を水に変えるマスク ハイドロ銀チタンマスク 花粉対策 4 ふつうサイズ 3枚入

新品価格
¥864から
(2018/2/16 10:35時点)

「花粉を水に変えるマスク」の新CMに市川海老蔵さんが起用され、2018年2月1日(木)より全国で順次放映を開始しています。

「花粉を水に変えるマスク」竜登場篇(30秒)

花粉症対策マスクの選ぶポイント|ガーゼ型・プリーツ型・立体型タイプのうちどれがおすすめ?によれば、マスクの選び方の大事なポイントは、花粉症が鼻や目の粘膜につかないようにすること。

顔とマスクの間に隙間が空いていると、花粉が入ってきてしまいますので、花粉症対策におススメのマスクは、「ガーゼ型 < プリーツ型 < 立体型タイプ」となります。

→ 花粉症の症状 について詳しくはこちら

→ 花粉症対策 について詳しくはこちら







【花粉症対策 関連記事】

【花粉症 関連記事】

【目の花粉症の症状 関連記事】

【鼻の花粉症の症状 関連記事】

【のどの花粉症の症状 関連記事】

【肌の花粉症の症状 関連記事】

乳幼児・子供にも 花粉症の低年齢化が進んでいる

huh... huh...

by Jeroen(画像:Creative Commons)

> 健康・美容チェック > 花粉症 > 乳幼児・子供にも 花粉症の低年齢化が進んでいる




乳幼児にも 花粉症

(2009/2/25、読売新聞)

花粉症シーズン真っ最中、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどの症状に悩むのは、大人だけではない。

最近は、乳幼児も含め、子どもの花粉症が増えている。

乳幼児を含めた子どもの花粉症が増えているようです。

花粉症の低年齢化に合わせて、子ども用のマスクやゴーグルなどの花粉症対策グッズも販売されているそうです。

風邪か花粉症か区別がつかないことも多いので、勝手に判断せず、一度病院で診てもらうことをおすすめします。

乳幼児・子どもの花粉症対策としては以下のように紹介しています。

防御法は大人とほぼ同じで、できるだけ花粉に触れないようにすることが大事だ。

花粉が多い時期は、外出時にマスクや眼鏡、帽子を着けさせる。

帰宅時は、衣服をはたいて花粉を落としてから家に入る。手洗いとうがいに加え、洗顔で目の周りの花粉を落とすのも効果的だ。

花粉にできるだけ接触しないように、マスク・メガネをつけることが大事。

そして、家に帰ってきたら、花粉を落としてから家に入るようにする。

手洗い・うがいに加えて、目の周りの花粉を洗顔で落とすようにしたほうが良いようです。

→ 花粉症の症状 について詳しくはこちら

→ 花粉症対策 について詳しくはこちら

→ 目がかゆい|目のかゆみの原因 について詳しくはこちら







【のどの花粉症の症状 関連記事】

【目の花粉症の症状 関連記事】

【鼻の花粉症の症状 関連記事】

【肌の花粉症の症状 関連記事】

花粉症対策の進化|「見えないマスク」「ワクチン開発」「免疫療法」「対症療法」…

SPRAYED

by Brad Higham(画像:Creative Commons)

> 健康・美容チェック > 花粉症 > 花粉症対策 > 花粉症対策の進化|「見えないマスク」「ワクチン開発」「免疫療法」「対症療法」…




「見えないマスク」「ワクチン開発」…花粉対策の進化

(2009/2/14、朝日新聞)

スギの花粉が本格的に飛び散り始める時期を示す「花粉前線」が北上中だ。

近畿では今月末までに全域で飛散し、量は昨年の2~3倍と予測されている。

花粉症の人にはつらい日々が続きそうだが、市販の対策商品は進化を続け、ワクチン開発など抜本的な解決に向けた取り組みも始まっている。

今回の記事では、花粉症対策について特集しています。

 

■花粉症対策グッズ

花粉症の人が増加を続ける中、花粉症対策として、花粉防護用のマスクや眼鏡、静電気で花粉が衣服につくのを防ぐスプレーなど花粉症対策グッズに注目が集まっているようです。

記事の中では、興味深い花粉症グッズとして、「見えないマスク」を紹介しています。

「見えないマスク」と銘打った「ノーズマスクピット」は、スポンジ状のフィルターを鼻孔に詰めて使う。松山市の会社が昨年末から3個入り(525円)など2種類を約20万セット出荷したが、生産が注文に追いつかない状況だという。

■花粉症対策のための対症療法・免疫療法

また、医療機関では、花粉症対策として、薬物で症状を抑える対症療法、免疫療法ができるそうです。

医療機関では、薬物で症状を抑える対症療法と、スギ花粉のエキスを注射してアレルギーを起こさないよう体を慣れさせる免疫療法が受けられる。

免疫療法は今のところ根治の可能性がある唯一の方法だ。

急性アレルギー反応によるショックを起こさないようにエキスの濃度を徐々に上げるため、治療に3年ほどかかるのが一般的。

治療を受けた人の6割以上に有効だったというデータもある。

■花粉症撲滅を目指して、「ワクチン開発」

そして、現在、花粉症撲滅を目指して、ワクチン開発にも取り組んでいるところがあるそうです。

理化学研究所の免疫・アレルギー科学総合研究センター(横浜市)は「スギ花粉症の撲滅」を目指し、ワクチン開発に取り組む。

すでに動物実験で有効性や安全性は認められ、製薬会社と連携して10年後までに市場に出る可能性があるという。

■花粉症のもとを断つ対策とは

国は、花粉症を元から立つ対策を考えています。

林野庁は、根元を断つ対策に乗り出した。

今年度から首都圏と京阪神地域の周辺のスギについて、花粉をほとんど出さない品種や広葉樹に転換させる事業を開始。

10年後には現在のスギの5割を植え替えてしまうのが目標だ。

花粉症の症状に悩んでいる人は増加を続けており、花粉症の影響で仕事の効率が悪くなることから、国の経済にも花粉症が影響を与えているそうです。

花粉症を根本から断つ対策をぜひ行ってほしいものです。

【花粉症とは】

体内に入った花粉にアレルギー反応を起こし、くしゃみ、鼻づまり、目のかゆみなどの症状が出る。

原因となる植物は様々だが、日本の森林面積の2割を占めるスギによる患者が最も多い。

花粉を吸い続けると、アレルギー反応を起こす物質として体内に作られる抗体が許容量を超え、発症するともいわれる。

→ 花粉症の症状 について詳しくはこちら

→ 花粉症対策 について詳しくはこちら

→ 目がかゆい|目のかゆみの原因 について詳しくはこちら







【のどの花粉症の症状 関連記事】

【目の花粉症の症状 関連記事】

【鼻の花粉症の症状 関連記事】

【肌の花粉症の症状 関連記事】