「梅」タグアーカイブ

梅ジャムの作り方・レシピ|パン(トースト)に塗ったり、ヨーグルトと一緒に食べたり♪




■梅ジャムの作り方・レシピ

梅ジャム
梅ジャムの作り方・レシピ|パン(トースト)に塗ったり、ヨーグルトと一緒に食べたり♪

6月といえば「梅」!

今回紹介するのは、梅とグラニュー糖で作る「梅ジャム」の作り方・レシピです。

【材料】

梅
  • 梅 1kg
  • グラニュー糖 900g

ポイント1.

追熟した黄色い梅を使いましょう。

【作り方】

  1. 梅をよく水洗いします。
  2. 爪楊枝や竹串などでヘタを取ります。
  3. 乾いた布巾やキッチンペーパーで水気をよく拭き取ります。
  4. 梅を鍋に入れ、少し潰してください。梅のエキスが出てきます。
  5. 梅を木べらでつぶしながら、グラニュー糖を少しずつ加え、弱火で温めていきます。
    鍋底が焦げ付かないように、まんべんなく混ぜるようにしましょう。
  6. 梅から果肉がとれて種が出て来たら、種を取り出し、種の周りの果肉をこし、鍋に加えます。
  7. さらにグラニュー糖を少しずつ加えながら弱火で温めていき、一度固まり具合を確認するために、いったん火を止めます。
  8. 十分冷ましたところでとろみの状態をチェックします。
  9. まだ十分にとろみが出ていない場合は、グラニュー糖を加えて、弱火でさらに温め、練るように混ぜます。
  10. 十分にとろみが出ると出来上がり!

ポイント2.

弱火でグラニュー糖を少しずつ加え、鍋底が焦げ付かないように、まんべんなく混ぜるようにしましょう。

ポイント3.

梅ジャムづくり
梅ジャムづくり

出来上がりのタイミングがポイント!

色が飴色になり、木べらですくってみた時に、落ち方がポトポトっとゆっくりになると出来上がり。

落ち方が早すぎるとまだ十分に固まっていない状態で、落ちないくらいに固まってしまうと冷やした時に固まりすぎてしまうためトーストなどに伸ばしにくくなります。

梅ジャムをパンにつけて
梅ジャムをパンにつけて
梅ジャムを塗ったパン
梅ジャムを塗ったパン







【AD】
続きを読む 梅ジャムの作り方・レシピ|パン(トースト)に塗ったり、ヨーグルトと一緒に食べたり♪

梅に疲労軽減効果|和歌山県が産学官の共同研究で実証




Japanese apricot / ume. 梅の実

by T.Kiya(画像:Creative Commons)

梅に疲労軽減効果 県が共同研究で実証

(2010/4/27、紀伊民報)

和歌山県は26日、産学官の共同研究で、梅果実成分の肉体疲労軽減効果を実証したと発表した。

梅由来のクエン酸と梅酢ポリフェノールの併用摂取で効果が高まることも分かった。

県は「梅の効能を裏付けることで、売り上げ増につなげたい」と話している。

和歌山県は産学官の共同研究で、梅に疲労軽減効果があることを実証したそうです。

以前もこのブログでは、梅は胃がんと糖尿病予防に効能 和歌山・みなべ町が特許取得を取り上げましたが、和歌山県は梅を健康的な特産品として販売していくために、積極的に研究を行なっているようですね。







【梅 関連記事】
続きを読む 梅に疲労軽減効果|和歌山県が産学官の共同研究で実証

梅干しを1日1個以上食べると胃がんと糖尿病の予防ができる!?|和歌山・みなべ町が特許取得

健康・美容チェック > 糖尿病 > 梅干しを1日1個以上食べると胃がんと糖尿病の予防ができる!?|和歌山・みなべ町が特許取得




■梅干しを1日1個以上食べると胃がんと糖尿病の予防ができる!?

梅と梅酒 (57)

by merec0(画像:Creative Commons)

梅は胃炎と糖尿病予防に効能 和歌山・みなべ町が特許取得

(2009/12/17、MSN産経)

梅に含まれる成分が胃炎や胃がんの原因となるピロリ菌の運動を抑える可能性があり、糖を体内に取り入れる酵素の働きを弱め糖尿病予防にも期待できることが、和歌山県みなべ町と近畿大、県立医大など9機関の共同研究でわかり、同町が16日、研究に関する特許を取得したことを明らかにした。研究者らは「梅干しの効能が科学的に立証された」としている。

県立医大の宇都宮洋才講師や近畿大の宮沢三雄教授らが、梅の成分でポリフェノールの一種の「シリンガレシノール」にピロリ菌の働きを阻害する効果があることを確認した。

また、小腸で糖を吸収する役割の酵素「α-グルコシダーゼ」の作用を妨げ、食事後の血糖値上昇をゆるやかにする可能性も解明した。

和歌山県みなべ町と近畿大、県立医大など9機関の共同研究によれば、梅に含まれる成分「シリンガレシノール」が胃がんの原因となると考えられているピロリ菌の働きを抑える働きがあることで胃がんの予防につながる可能性があるそうです。

また、小腸で糖を体内に吸収する働きを持つ酵素「α-グルコシダーゼ」の働きを弱めることで、食後血糖値の上昇を緩やかにする可能性があることにより、糖尿病の予防に期待ができるそうです。

研究グループによると、梅干しを1日1個以上食べると、胃がんや糖尿病などの予防効果が見込めるという。

1日一個以上食べることで胃がんや糖尿病の予防効果が見込めるそうですので、積極的に梅を摂りたいものですね。

→ 糖尿病の症状・初期症状|糖尿病とは について詳しくはこちら

→ 胃がん|胃がんの症状・原因・手術・食事 について詳しくはこちら







【梅 関連記事】
続きを読む 梅干しを1日1個以上食べると胃がんと糖尿病の予防ができる!?|和歌山・みなべ町が特許取得