「髪の毛」タグアーカイブ

女性の抜け毛の原因|なぜ髪の毛が抜けてしまうのか?

健康・美容チェック > 抜け毛・薄毛の原因 > 女性の抜け毛の原因|なぜ髪の毛が抜けてしまうのか?

髪の毛の薄毛・抜け毛の悩みは男性だけでなく、女性にも増えています。

女性の抜け毛の原因はひとつだけではありません。

抜け毛を予防するためにも、抜け毛の原因を知ることが解決の第一歩になるはずです。




【目次】

■バランスの悪い食生活による抜け毛

Behind the Scenes with Aveda™ – Adidas by Stella McCartney SS14 LFW – London Fashion Week Spring Summer 2014 – #LFW – September 17, 2013 – Creative Commons (cc) photos distributed by Mainstream via Aveda Corporation

by Mainstream(画像:Creative Commons)

バランスの悪い食生活、例えば肉類や油ものの摂りすぎも抜け毛の原因だといわれています。

髪を健康に保つためには、良質のたんぱく質や、ビタミン、ミネラルが欠かせません。

言うまでもなく髪の毛はタンパク質です。タンパク質と、タンパク質を運ぶための燃料(糖分)、そしてその代謝を助けるオイル(補酵素ビタミン、ミネラルなど)も必要ということです。

結局は毎日きちんとバランスよく食べること。

亜鉛は細胞分裂や再生に役立ちます。

それは髪だって例外ではないようです。

亜鉛が不足すると髪の毛の成長が遅くなったり、細くなって、切れ毛や抜け毛を起こすことがあります。

亜鉛が不足すると、身体中で最初に影響が出るのが髪の毛なのです。

亜鉛を摂れていないとお感じの方は、抜け毛予防のためにも、亜鉛を含む食品や亜鉛含有サプリメントを摂ることをおすすめします。

→ 亜鉛を含む食品 について詳しくはこちら

■ストレスによる精神的な抜け毛

ストレスも抜け毛の原因です。

ストレスによる代謝の異常やストレスによって、筋肉が収縮して血管が細くなり、毛根部に栄養分が十分運ばれなくなり、髪が育たなくなるなどいろいろな説がありますが、現時点ではどのような仕組みで起きているのか、はっきりとはわかっていません。

特に円形脱毛症の一番の原因はストレスだと言われています。




■間違ったシャンプーのやり方による抜け毛

洗わないで不潔にしていることや逆に朝晩のシャンプーなどの過度の洗髪によって頭皮を痛めることも抜け毛の原因になります。

また、パーマやヘアダイ、ドライヤーの使いすぎも抜け毛を促進する場合があります。

毎日シャンプーをしてもシャンプーの十分なすすぎを行なわないと抜け毛につながることがあります。

*市販のシャンプーの主成分の界面活性剤は、皮膚細胞内へ入り込み細胞を殺したり弱らせる作用があるといわれているため、十分にすすぎをしないと、抜け毛の原因になります。

→ 薄毛を防ぐ方法・正しい髪の洗い方(永本玲英子)|どや顔サミット について詳しくはこちら

永本玲英子さんによれば女性の8割以上の人が「薄毛」や「頭皮の痛み」に悩んでいるそうです。

■薄毛の原因

薄毛の原因1.頭皮の汚れ

間違った髪の洗い方だと毛穴に皮脂が残る。

薄毛の原因2.老化による頭皮のたるみ

頭皮のたるみが毛穴のたるみにもつながる。

■健康な頭皮

毛穴に汚れが無いので、くぼみがある。

■正しい髪の洗い方

1,シャンプー剤は手のひらで泡立てる。

シャンプー剤は両手で泡立ててから髪につけることが大事。

泡立てていないと、洗いむらができて、皮脂が残ってしまう。

2.髪の毛には洗う順番がある。

頭皮をリフトアップするため基本的に下から上へ洗う。

●髪を洗う正しい順番

  1. 耳の上から頭頂部へ
    指の腹でマッサージするようにする。
  2. 前髪の生え際から頭頂部へ
  3. 襟足からつむじへ

3.すすぎ洗いはシャンプーの2倍の時間で。

倍の時間すすがないと、泡が頭皮に残ってしまう場合も。

※シャンプーは2回することが基本。

1回目は髪と頭皮のおおまかな汚れを取る。2回目に上記の洗い方で洗う。

※髪を洗う時間

午前3時から朝の9時くらいまでの時間が髪が伸びる時間・発毛のゴールデンタイムなので、朝シャンは控えたほうが良いようです。

→ スカルプケア・頭皮マッサージ・正しい髪の洗い方 について詳しくはこちら

■紫外線による抜け毛

髪の毛のキューティクルは紫外線によってダメージを受けやすく、髪を長時間紫外線を浴び続けることも、抜け毛の原因の一つと考えられます。

■冷え性による抜け毛

女性は冷え性による血行障害が抜け毛の原因になっている場合があります。

→ 冷え性改善方法 について詳しくはこちら

■更年期による抜け毛

更年期になると抜け毛・薄毛(髪の毛が抜ける)が起きる原因|女性の更年期障害の症状によれば、エストロゲンには、艶やかな髪にするといった髪の毛の成長を促進する働きがあります。

しかし、更年期になると、髪の毛の成長を促進する働きを持つエストロゲン(女性ホルモン)が減少することによって、髪の毛が抜けてしまうのです。

■女性の薄毛の一因は頭皮の血流の低下

→ 薄毛・抜け毛の原因(男性・女性)・対策・予防・チェック について詳しくはこちら







【関連記事】

女性の薄毛の原因|なぜ髪が細くなってしまうのか?

なぜ9月に抜け毛が最も増えるのか?

夏に抜け毛が増える原因とは?

ミノキシジルとは|発毛効果をより効果的にするには健康的な生活が欠かせない!

毛髪のもと「毛包」を大量に作る技術の開発|薄毛など男性型脱毛症(AGA)の治療への応用に期待|理化学研究所など

> 健康・美容チェック > 抜け毛の原因 > 毛髪のもと「毛包」を大量に作る技術の開発|薄毛など男性型脱毛症(AGA)の治療への応用に期待|理研など




■毛髪のもと「毛包」を大量に作る技術の開発|薄毛など男性型脱毛症(AGA)の治療への応用に期待|理研など

Retired

by Kamyar Adl(画像:Creative Commons)

毛包器官再生医療に向けた非臨床試験開始について

(2018/6/4、オーガンテクノロジー)

毛髪の“もと” 大量に作る技術

(2018/6/4、NHK)

薄毛などの脱毛症に悩む人は全国に2500万人以上いると推計されていますが、男性ホルモンをコントロールする薬の投与など治療法は限られていて、理化学研究所などでは毛髪を作り出す「毛包」と呼ばれる器官を再生医療の技術で作り、移植する治療法の開発に取り組んでいます。

4日は理化学研究所やベンチャー企業の研究グループが会見を開き、ヒトの頭皮にある3種類の細胞を取り出して増やし、さらに専用の特殊な機械で3種類の細胞を一緒に培養することで、「毛包」を大量に作り出す技術の開発に成功したと発表しました。

理化学研究所などの研究グループは、髪の毛を作り出す「毛包」という器官を人工的に大量に作る技術を開発し、動物で安全性を確かめる試験を始めるそうです。

高齢化による薄毛の仕組みが解明|東京医科歯科大によれば、年を取ると毛が薄くなり抜けてしまうのは、毛を生み出す幹細胞が老化し、毛穴の小器官「毛包(もうほう)」が次第に縮小して消えてしまうためだと分かったそうです。

今後、「毛包」を人工的に大量に作る技術の安全性が確かめられれば、男性型脱毛症(AGA)などの「脱毛症」などの治療に応用されていくことが期待されます。

■まとめ

中年以降に薄毛となる脱毛症の患者の毛髪を再生させる臨床研究|東京医大や資生堂などのように脱毛症に対する研究が進んでいます。

薄毛や抜け毛で悩むということがなくなる時代が来るといいですね。

→ 薄毛・抜け毛の原因(男性・女性)・対策・予防・チェック について詳しくはこちら







【関連記事】
続きを読む 毛髪のもと「毛包」を大量に作る技術の開発|薄毛など男性型脱毛症(AGA)の治療への応用に期待|理化学研究所など

柴咲コウさんや水野美紀さん、片瀬那奈さんが行なった「ヘアドネーション(医療用ウィッグを作るため髪の毛を寄付する活動)」とは?




【目次】

■柴咲コウさんや水野美紀さんが行なった「ヘアドネーション(医療用ウィッグを作るため髪の毛を寄付する活動)」とは?

芸能人の方もヘアドネーションを行なっている方が増えています。

以前、柴咲コウさんもヘアドネーションを行なったことをインスタグラムにアップしていました。

髪の毛の寄付をしました #ヘアドネーション #JapanHairDonationAndCharity

柴咲コウ Ko Shibasakiさん(@ko_shibasaki)が投稿した写真 –

また、水野美紀さんも役柄に合わせて髪を短くするというタイミングで、ヘアドネーションを行なったそうです。

水野美紀さんが髪を切ったワケ 「日常の中でできる寄付、すてき」

(2016/4/12、withnews)

ちょうど長く伸ばしていた時期で、ドラマ「アイムホーム」(テレビ朝日系)の撮影前に、役柄に合わせて短くしてほしいと監督から言われて。せっかくだから寄付したいなと思って、美容室で測ってもらったら、寄付できるぎりぎりの長さだったので、お願いしました。髪なんてどうせ捨てちゃうものだから。役に立って再利用してもらえる、しかも、ウィッグが必要な子どもに無償で提供している団体に寄付すると聞いて、すてきな取り組みだし、髪の毛が足りていないと聞いていたので、少しでも役に立てたらと思いました。

三吉彩花さんが「ヘアドネーション(医療用ウィッグを作るため髪の毛を寄付する活動)」のために人生で初めてのショートボブ!によれば、三吉彩花さんは一つは、20歳のタイミングで何か大きく変わりたかったこと、もう一つは、ヘアドネーションのために、ロングヘアをバッサリ切り、人生初のショートボブにしていました。

0. ”20歳の三吉彩花” ついに20歳になりました そしてとてもびっくりしている方も多いと思いますが 髪の毛をばっさり切りました 人生で初めてのショートボブ この髪型にしたかったのには 理由があって ひとつは 20歳のタイミングで 何か大きく変わりたかった 新しい私をみんなに見てもらいたくて ずっと温めていたことでした そしてもうひとつは ”ドネーション” 病気や怪我などで髪の毛の悩みを抱えている子供たちの 医療用ウィッグを作るため 髪の毛を寄付するという活動です 20歳になったらドネーションをやるというのは 実は誰にも言ってなかったのですが 前から決めていた大きな決断 この私を見て ロングヘアーの方が好きだったって言ってくれる方もいるかもしれません だけど 今までの10個の言葉のカウントダウン 20歳になる私と 大好きなみんなに向けての言葉 もう一度じっくり ゆっくり読んで それを踏まえて 新しい三吉彩花も 応援してくれたら嬉しいです いつもありがとうね みんな大好きです

三吉彩花さん(@miyoshi.aa)が投稿した写真 –

ダレノガレ明美さんがロングヘアからショートカットにした際に、ヘアドネーションを呼び掛けていました。(ご本人は今回は長さが足りなかったためにヘアドネーションはできなかったそうです。)

【参考リンク】

ヘアドネーションとはどういうものなのでしょうか?




■ヘアドネーションとは


水野美紀さんが髪を切ったワケ 「日常の中でできる寄付、すてき」

(2016/4/12、withnews)

ヘアドネーションは、小児がんなどの病気やけがで、髪が少なくなったり生えなくなったりした子どものために、寄付された人毛でウィッグ(かつら)をつくり、無償で提供する活動です。1990年代にアメリカで普及し、日本ではNPO法人Japan Hair Donation&Charity(JHDAC=ジャーダック)が2009年9月に始めました。

<中略>

寄付する髪は、31センチ以上の長さがあれば、くせ毛や白髪交じりでも可。パーマやカラーをしていても、極端なダメージがなければ寄付できます。全国に800店以上の賛同美容室があり、特典が受けられる店もありますが、切り方など条件を守れば、行きつけの美容室や自宅で切って郵送することもできます。

ヘアドネーションとは、病気やけがで髪の毛の悩みのある子供たちのために、寄付された髪の毛でウィッグを作り、無償で提供する活動です。

寄付する髪は31センチ以上の長さがあればよいそうです。

切り方など条件を守れば、行きつけの美容室や自宅で切って郵送することもできるそうです。

【追記(2017/9/3)】

片瀬那奈さんが髪を26センチカットしてヘアドネーションを行なったというニュースがありました。

これまで31センチ以上の髪しか寄付できないと思っていましたが、15センチ(部分ウィッグ)から寄付できるというところもあるそうです。

ただし、国で認可された医療用ウィッグ(フルウィッグ)の製造するためには、31cmの長さの髪が必要なのだそうです。

【参考リンク】

  • つな髪®|髪の長さ15cmからできるヘアドネーション。髪の寄付によって小児がんや脱毛症のお子さんに医療用ウィッグをプレゼントする活動です。




■ヘアドネーションの流れ

What Happens When You Donate Your Hair?

■ウィッグ1体に必要な髪の毛の量や制作に必要な日数

hair_donation

参考画像:What Happens When You Donate Your Hair?|YouTubeスクリーンショット

ウィッグ1体に必要な髪の毛は20~30人分。JHDACには毎日50~100人分の髪の毛が届きます。長さ別に仕分け、髪質や髪色を均一にする科学処理のため工場に送られます。この処理だけで半年~1年。頭の採寸をしてウィッグを製作するまでさらに50日ほどかかります。すべての事務や作業を、JHDAC事務局長の渡辺貴一さん(45)ら数人でやっており、人手が足りていません。ウィッグを申し込んでから提供まで2~3年かかる状態で、現在約90人の子どもたちが提供を待っています。

『フルオーダーメイドの医療用ウィッグ』1体に必要な髪の毛は20~30人分で、髪の毛を長さ別に仕分け、髪質や髪色を均一にする化学処理だけで半年~1年かかるそうです。

また、頭の採寸をしてウィッグを製作するまでさらに50日かかるそうです。

現在医療用ウィッグを約90人の子供たちが待っているそうですが、全ての作業を数人で行なっているため、人手が足りておらず、出来上がるまで2から3年かかる状態なのだそうです。

【参考リンク】

Japan Hair Donation & Charity(通称 JHDAC ; ジャーダック)は、頭髪の悩みを持つ18歳以下の子供たちに、100%寄付された髪の毛を使って『フルオーダーメイドの医療用ウィッグ』を作り、無償でプレゼントしている、日本で唯一の特定非営利活動法人です。

■まとめ

ヘアドネーションは女性を中心に知られていますが、男性にはあまり知られていないそうです。

渡辺さんは「ネットや口コミでどんどん広まっているけど、まだまだ。ちょっとしたはやりのような感じで、40代、50代の男性にはほとんど知られていません。例えば、会社で女性が長い髪を短く切ったら、50代の男性部長からは『失恋したのか』と聞かれるくらいでしょ。それが『あ、ドネーションしてきたの?』と気軽に聞けるくらい、当たり前のように広まっていったら、安定した活動ができるようになると思います」と期待しています。

長い髪を短く切った女性がいたら、「ドネーションしたの?」というくらいに広まるといいですね。







【関連記事】
続きを読む 柴咲コウさんや水野美紀さん、片瀬那奈さんが行なった「ヘアドネーション(医療用ウィッグを作るため髪の毛を寄付する活動)」とは?

毛髪診断コンソーシアム|毛髪に蓄積された健康データで健康診断|理研など




■毛髪診断コンソーシアム|毛髪に蓄積された健康データで健康診断|理研など

ASEC

by Chris Yarzab(画像:Creative Commons)

毛髪に蓄積された健康データによる新しい診断技術と、その活用によるヘルスケア・医療事業の開発を目指して理化学研究所と多彩な企業群がコンソーシアムを結成-「毛髪診断コンソーシアム」の設立と共同研究の開始について-

(2017/12/27、アジュバンコスメジャパン)

毛髪は、毛包器官(毛髪をつくるいわば工場)の毛母細胞(上皮細胞)が細胞分裂して生み出され、内部にケラチンが蓄積して死んだ細胞の集合体であり、いわば「最近まで生きていた細胞の標本」です。毛髪は、非侵襲的に採取できる数少ない生体組織です。毛髪(頭髪)は、1 か月に約 1 ㎝伸びるため、根元から 1 ㎝には最近 1 か月の健康情報が、12 ㎝先には 1 年前の健康情報が蓄積した過去ログを持っている細胞標本と言えます。

理化学研究所とオーガンテクノロジーズ、ヤフー、アデランスなど、計 18 社の機関が参加して、毛髪診断コンソーシアムを設立し、毛髪に蓄積される健康指標や疾患指標による新たな非侵襲型診断システムの確立に向け、科学的なエビデンスに基づくビッグデータの構築を目指し、共同研究を開始するそうです。

病気を早期に検出するような目印となるマーカー物質を特定するため、個人の健康や習慣などの情報と毛髪の解析データをもとにビッグデータを構築していくそうです。

参画するのは、理化学研究所、オーガンテクノロジーズ、ヤフー、アデランス、アジュバンコスメジャパン、京セラ、コンピュータ技研、島津製作所、ダイキン工業、東ソー、NEC ソリューションイノベータ、公益財団法人先端医療振興財団、三井物産、アジュバンコスメティック、アデランスメディカルリサーチ、京セラオプテック、他2社(非公開)です。




■まとめ

今回は「毛髪」に蓄積された健康データで健康診断をするという研究に関するニュースですが、現在がん診断に関しては、「血液」「尿」「唾液」「呼気」から診断する研究が行われています。

いかに肉体的・精神的負担がなく診断ができるのかに注目してみていきたいですね。







【関連記事】

#草刈正雄 さんの娘さんの #紅蘭 さんが髪の毛を50センチカットし、「#ヘアドネーション 」

Before & After

by Nicki Varkevisser(画像:Creative Commons)




■草刈正雄さんの娘さんの紅蘭さんが髪を50センチカットし、「ヘアドネーション 」

紅蘭がヘアドネーション「新たなスタートを切れた」

(2017/11/8、日刊スポーツ)

頭髪に悩みを持つ子供たちに毛髪を提供する「ヘアドネーション」を行うため、腰まで伸びていた髪を取材陣の前で50センチ切った。

草刈正雄さんの娘さんの紅蘭さんが腰まで伸びていた髪を取材陣の前で50センチ切り、頭髪に悩みを持つ子供たちに毛髪を提供する「ヘアドネーション 」を行なったそうです。

今日はnobby by TESCOMさんのイベントに出演させてもらいました‼︎ ドライヤーが良すぎて私もこれから愛用させてもらいます! 軽いのに風量がすごくて嬉しいのですが なにより仕上がりがふんわり優しくて髪にボリュームが出た感じ‼︎ ツヤもでるしオイル要らず‼︎ さすがプロ仕様のドライヤー‼︎ イベントではずっとやりたかったヘアドネーションをしてもらいました 50センチバッサリと やはり50センチはカナリ貴重なモノだったみたいなので光栄でした‼︎ 公共の場でやることに少し抵抗があったのですが、、 皆様の前でやることによって よりヘアドネーションを拡散できるかな?と考えました 1人でも多くの方がヘアドネーションの存在を知ってもらえたらなと言う思いから やらさせてもらいました いつやろうか悩んでいたところテスコムさんからお仕事の依頼をいただいて、、 まさかのテスコムさんもヘアドネーションに賛同していたので是非この場をお借りしてできないか?と、、、 ほんとに素敵なイベントをありがとうございました‼︎ 今回の私の髪の毛が 病気の子供達の少しでも役に立てたらなと願ってます‼︎ #紅蘭 #イベント #nobbybytescom #ドライヤー #ヘアドネーション #50cm #寄付 #素敵な時間を #ありがとうございます #明日放送 #世界くらべてみたら #みてね #ところで #短いのどーですか?w

A post shared by 紅蘭 (@kurankusakari) on

柴咲コウさんや水野美紀さん、片瀬那奈さん、ベッキーさん、三吉彩花さんなど芸能人の方にヘアドネーションを行なっている方が増えています。

【関連記事】

ダレノガレ明美さんは、ロングヘアからショートカットにした際に、ヘアドネーションを呼び掛けていました。(ご本人は今回は長さが足りなかったためにヘアドネーションはできなかったそうです。)

【参考リンク】

ヘアドネーションとはどういうものなのでしょうか?




■ヘアドネーションとは


水野美紀さんが髪を切ったワケ 「日常の中でできる寄付、すてき」

(2016/4/12、withnews)

ヘアドネーションは、小児がんなどの病気やけがで、髪が少なくなったり生えなくなったりした子どものために、寄付された人毛でウィッグ(かつら)をつくり、無償で提供する活動です。1990年代にアメリカで普及し、日本ではNPO法人Japan Hair Donation&Charity(JHDAC=ジャーダック)が2009年9月に始めました。

<中略>

寄付する髪は、31センチ以上の長さがあれば、くせ毛や白髪交じりでも可。パーマやカラーをしていても、極端なダメージがなければ寄付できます。全国に800店以上の賛同美容室があり、特典が受けられる店もありますが、切り方など条件を守れば、行きつけの美容室や自宅で切って郵送することもできます。

ヘアドネーションとは、病気やけがで髪の毛の悩みのある子供たちのために、寄付された髪の毛でウィッグを作り、無償で提供する活動です。

寄付する髪は31センチ以上の長さがあればよいそうです。

切り方など条件を守れば、行きつけの美容室や自宅で切って郵送することもできるそうです。

これまで31センチ以上の髪しか寄付できないと思っていましたが、15センチ(部分ウィッグ)から寄付できるというところもあるそうです。

【参考リンク】

  • つな髪®|髪の長さ15cmからできるヘアドネーション。髪の寄付によって小児がんや脱毛症のお子さんに医療用ウィッグをプレゼントする活動です。

ただし、国で認可された医療用ウィッグ(フルウィッグ)の製造するためには、31cmの長さの髪が必要なのだそうです。

■ヘアドネーションの流れ

What Happens When You Donate Your Hair?

■ウィッグ1体に必要な髪の毛の量や制作に必要な日数

ウィッグ1体に必要な髪の毛は20~30人分。JHDACには毎日50~100人分の髪の毛が届きます。長さ別に仕分け、髪質や髪色を均一にする科学処理のため工場に送られます。この処理だけで半年~1年。頭の採寸をしてウィッグを製作するまでさらに50日ほどかかります。すべての事務や作業を、JHDAC事務局長の渡辺貴一さん(45)ら数人でやっており、人手が足りていません。ウィッグを申し込んでから提供まで2~3年かかる状態で、現在約90人の子どもたちが提供を待っています。

『フルオーダーメイドの医療用ウィッグ』1体に必要な髪の毛は20~30人分で、髪の毛を長さ別に仕分け、髪質や髪色を均一にする化学処理だけで半年~1年かかるそうです。

また、頭の採寸をしてウィッグを製作するまでさらに50日かかるそうです。

現在医療用ウィッグを約90人の子供たちが待っているそうですが、全ての作業を数人で行なっているため、人手が足りておらず、出来上がるまで2から3年かかる状態なのだそうです。

【参考リンク】

Japan Hair Donation & Charity(通称 JHDAC ; ジャーダック)は、頭髪の悩みを持つ18歳以下の子供たちに、100%寄付された髪の毛を使って『フルオーダーメイドの医療用ウィッグ』を作り、無償でプレゼントしている、日本で唯一の特定非営利活動法人です。

■まとめ

ヘアドネーションという考え方を知ると、ロングヘアをバッサリ切る人の髪の長さが気になってしまいますが、無理して伸ばすのではなく、自然と伸びた髪の毛を切りたいけど勇気がない人の背中を押すものが「ヘアドネーション」であるといいなと思います。

そして、長い髪を短く切った女性がいたら、「ドネーションしたの?」というくらいに広まるといいですね。







【関連記事】