タグ別アーカイブ: instagram

ユニ・チャームが出資する中国で一億回再生される育児動画メディア「Babily(ベイビリー、贝贝粒)」に注目!

参考画像:Babily (貝貝粒)|スクリーンショット




■ユニ・チャームが出資する中国で一億回再生される育児動画メディア「Babily(ベイビリー、贝贝粒)」に注目!

ユニ・チャームとBCG Digital Venturesが出資する(※1)育児動画メディア「Babily」が中国で合計200万ユーザーを突破

(2017/11/8、ワンドット株式会社)

ワンドットが中国にて展開する育児動画メディア「Babily(ベイビリー、中国名”贝贝粒”)」のユーザー数が2017年11月5日時点で200万人を突破したそうです。

Babily (貝貝粒)」はどんなメディアなのでしょうか?

プレスリリースによれば、「Babily (貝貝粒)」は、「子育てに関わる全ての人を笑顔に。」をコンセプトに、育児ノウハウ、離乳食のレシピ、手作りグッズの作り方、育児用品や知育玩具の紹介、子連れでのお出かけ先情報などを、スマホでも見やすい1分動画で制作・配信している育児動画メディアなのだそうです。

「Babily (贝贝粒)」は、2017年2月に中国の微博(ウェイボー)で本格的にサービスを開始し、InstagramFacebook微博(Weibo)秒拍美拍といったソーシャルメディアや動画プラットフォームで展開しているそうです。

中国のベビー・マタニティ市場は40兆円市場とも言われており、「2016中国母婴产品消费趋势报告」21世紀経済研究院、京東調べによれば、一人っ子政策の撤廃等により今後も15%以上の高い成長が予測されているそうです。

スマートフォンの普及によりスマホ動画市場も急拡大していて、eMarketer調べによれば、スマホ動画ユーザーは2017年に4.3億人を超えており、また近年の急速な経済発展に伴い、育児観や子育て方法も大きく変化しており、日本や海外の育児ノウハウを含む多様な育児情報へのニーズが拡大しているそうです。

健康に最も関心を持っているのは「プレママ・新ママ」!?で紹介した日本総合研究所 総合研究部門 社会・産業デザイン事業部 ヘルスケアイノベーショングループ ディレクターの木下輝彦さんが健康増進ビジネスのターゲットとしてあげたのは、「プレママ・新ママ(20~30歳代を中心とする、妊娠中または出産後まもない女性)」です。

健康に関連する仕事をしている肌感としても、確かに20~30歳代の妊娠中または出産後まもない女性は健康(特に子どもの健康)・教育に対して関心が高いと思っていました。

ただ、気になるのは、自身の健康ではなく、お子さんの健康となると、あまりにも心配になりすぎて過剰に反応・行動してしまうお母さんも多いことです。

情報を提供するメディアにはアクセルとブレーキの絶妙なバランスをとることが求められそうです。







10代が「Instagram」「Twitter」で検索するのは「今」「リアル」というモノの価値観が高くなっているから

504820936

by verkeorg(画像:Creative Commons)




■10代は「Instagram」「Twitter」で検索する

知りたいことは「Twitter」「Instagram」で検索–友達の言葉を鵜呑みにする10代

(2016/2/20、cnet)

Googleが33%でトップなのは大人世代と変わらないが、次いでTwitter(31%)、Instagram(24%)、Yahoo!(12%)となっている。なんと、GoogleとTwitterは利用率がほぼ同じ。InstagramはYahoo!の2倍となっているのだ。

検索といえば、GoogleやYahoo!を思い浮かべる人が多いと思いますが、若者を対象にしたLIDDELL調べ(2016年2月)によれば、検索サービスとして、TwitterやInstagramを利用している若者が多いそうです。

調べることの違いで検索サービスを使い分けているようです。

■Google

GoogleやYahoo!は、主に「分からないことを探す時」という理由で使われていた。Googleは、さらに「正しい情報を探す時」という理由で使われている。

GoogleやYahoo!はわからないことを探す時に使っているそうです。

■Twitter

ニュース速報、ライブ情報、ゴシップ・トレンドなど、最新の情報を探す時に使っているのだ。

Twitterは、検索エンジンでは探せない情報、例えば、速報性のあるニュースやライブ情報などを調べたいときに使っているそうです。

例:電車の遅延状況、地震

■Instagram

10代は主に画像を通して情報を得たい場合、つまり髪型や洋服、ネイル、メイク、食べ物、観光地を探す時に利用するという。

<中略>

飲食店や観光地ではハッシュタグが活用されている。

髪型や洋服、ネイル、メイク、食べ物、観光地などの画像を通じて情報が欲しい場合にInstagramを使っているそうです。

大きく分けると、過去に起きたことを調べるときには「Google」「Yahoo!」を使い、今起きていることを調べるときには「Twitter」「Instagram」を使っていると考えられます。

【追記(2016/5/11)】

女性のSNS利用と消費行動に関する調査、トレンド情報の検索と購入のきっかけはグーグルからインスタグラムへ

(2016/5/11、FMJ)

ほぼ毎日または、週に数回投稿している女性を「インフルエンサー型」、月に数回投稿または、一度も投稿したことがない女性を「フォロワー型」と定義づけた。

<中略>

「知らないことを調べる際、検索に利用しているもの」としては、インフルエンサー型・フォロワー型ともに検索エンジンである「Google」「Yahoo!」を利用してはいるものの、インフルエンサー型の33.5%、フォロワー型の22.5%が「Twitter」、インフルエンサー型の33.9%、 フォロワー型の17.8%が「Instagram」と回答。トレンド情報の検索ツールとしてSNS が活用されていることがわかる。

「知らないことを調べる際、検索に利用しているもの」

Google(インフルエンサー型77.7%、フォロワー型80.4%)
Yahoo!(インフルエンサー型65.8%、フォロワー型62.0%)
Twitter(インフルエンサー型29.9%、フォロワー型18.5%)
Instagram(インフルエンサー型15.8%、フォロワー型7.2%)

「トレンドを知りたい際、検索に利用しているもの」

Google(インフルエンサー型37.0%、フォロワー型33.6%)
Yahoo!(インフルエンサー型36.0」%、フォロワー型30.0%)
Twitter(インフルエンサー型33.5%、フォロワー型22.5%)
Instagram(インフルエンサー型33.9%、 フォロワー型17.8%)

以上の結果からわかることは、知らないことを調べるときにはGoogle・Yahoo!に偏っているが、トレンドをつかむ場合には、検索サイトだけではなくTwitterやInstagramといったSNSもその選択肢に含まれているのがわかります。

高城剛×石田衣良の対談から考えるコンテンツのヒントとは?で紹介した高城剛さんが言っていたのは、

「会う」「ライブ」「生」というモノの価値観が高くなっている

ということです。

10代は「今」に関心があるからこそ、それに適したツールである「Twitter」「Instagram」を活用しているのです。

そして、もう一つの理由として、「リアル」を求めていると考えられます。

Googleは使わない、SEO対策しているから——Instagram有名人のGENKINGが語った10代の「リアル」

(2016/3/3、TechCrunch)

「Googleで検索すると文字が出てくるし、(検索結果は)SEO対策されている。あとはスポンサー(広告)とかが上がってきて…ネットってリアルじゃない。Instagramは検索することで言葉より画像が表示される」。

自分が憧れていたり、友達の「リアル」のライフスタイルを知りたいと考えているからこそTwitterやInstagramを活用していると考えられます。

■まとめ

10代は「今」「リアル」に関心があるからこそ、それに適したツールである「Twitter」「Instagram」を活用しているのです。







【追記(2016/3/17)】

【小嶋 陽菜(AKB48)×ハイロック】 最新のデジタルアイテムを使いこなす、こじはる流おしゃれライフ!

(2016/3/17、Difa)

小嶋 陽菜:そうなんだ。うーん、Googleで検索して出てくるモノって、もう既に世の中にあるモノ、みんなが知ってるモノしか出てこないって感覚なんですよね。私は、新しいモノとかみんながまだ知らないものを見つけたいし発信したいから、Instagramアプリの「発見」てとこに流れてきて可愛いと思った投稿のハッシュタグをたどってみたり、そこで「おすすめ」に出てきたアカウントを開いてみたり……。何か探そうって目的があって検索するよりも、出会っていくっていう感じかなぁ。

Googleで検索して出てくるものは、「すでに世の中にあるもの、みんなが知っているもの」であり、Instagramで検索して出てくるものは、「新しいもの、みんながまだ知らないもの」という感覚があるようです。

【関連記事】

#バーチャルユーチューバー って何?#バーチャルYouTuber が #ライブ配信 ・ #ライブコマース ・クイズ番組の司会をする時代になる!|その仕組みが気になる!

Virginia De Giglio | Playlist di WebStars Magazine n° 10 - Agosto

by Marco Del Torchio(画像:Creative Commons)




■バーチャルユーチューバーって何?バーチャルYouTuberがライブ配信・ライブコマース・クイズ番組の司会をする時代になる!

YouTuberと聞けばそれだけで新しい職業だと思っていたのですが、すでに「バーチャルユーチューバー」に注目が集まっているそうです。

【参考リンク】

「バーチャルユーチューバー???」という人も多いと思います(私もそのうちの一人)ので、バーチャルユーチューバーがどれだけの注目度なのかを数字で見てみたいと思います。

ユーザーローカルのバーチャルYouTuberランキングを参考にすると、「キズナアイ」のYouTubeチャンネル「A.I.Channel」はチャンネル登録者数120万人を突破しています。

あんな声やこんな声で話題の声ゲーに挑戦♡

「ミライアカリ」のYouTubeチャンネル「Mirai Akari Project」は約30万人、「輝夜月(かぐやるな)」のYouTubeチャンネル「Kaguya Luna Official」は約27万人、「電脳少女YouTuberシロ」のYouTubeチャンネル「電脳少女YouTuber シロ Siro」は約20万人弱です。

【Getting Over It】月ちゃんおこだよ!!!!!おこ

日本のトップYouTuberのチャンネル登録者数が600万弱ですので、すでにこれだけのチャンネル登録者数(ファンといっていいのかな?)がいるというのはすごいことなのではないでしょうか?

バーチャルユーチューバーが人気だということを知れば、これから芸能事務所がスカウトして、テレビに出演したり、CMに出演したり、歌を歌って配信したり、キャラクターグッズ展開が行なわれたり、商品やサービスとのコラボが行なわれるようになっていくことでしょう。

スマホだけでゲーム実況・生配信ができるアプリ「Mirrativ(ミラティブ)」では参加型クイズ配信「ミラティブQ」でバーチャルユーチューバーの「ときのそら」が司会者を務めていました。

ライブ配信・ライブコマースといった分野に注目が集まっていますが、このペースでいけば、バーチャルユーチューバーがライブコマースを行うというのも2018年の初めごろには行われるのではないでしょうか。

※ライブ配信は、リアルタイムでの映像配信を行うサービスで、Instagramのインスタライブや「SHOWROOM」、「LINE LIVE」が有名です。

※ライブコマースとは、リアルタイムの映像配信で商品の紹介・販売をおこなう、簡単に言えば、テレビショッピングのインターネット版といえるのではないでしょうか。「メルカリ」や「BASE LIVE」、「SHOPROOM」が有名です。




■バーチャルユーチューバーの仕組みが気になる!

【ReDo】週報(2017.12.30 – 2018.01.05)

バーチャルYouTuberのやり方

(2018/1/7、ReDo)

バーチャルYouTuberになるには、バーチャルな部分を担当する3Dモデルと、なんらかのモーションキャプチャシステムが最低限必要です。

バーチャルユーチューバーの仕組みとしては、大まかに考えると、3Dモデル(キャラクター自身)と動きを反映させるモーションキャプチャーシステム(トラッキング)、リップシンクなどが必要なようです。(詳しくは元リンクを読んだ方がいいです)

【参考リンク】

OpenPose: Hand, Face, and Body Keypoint Detection in Realtime

Webカメラからリアルタイムにボーン検出できるソフト「OpenPose」が無償公開

(2017/5/10、PC WATCH)

GitHubにて、単一画像から複数の人間の体/手/顔のキーポイントをリアルタイム検出可能なソフトウェア「OpenPose」が公開されている。

これが実際使われているかどうかは別として、バーチャルユーチューバーをするのに必要なものが一般人の手に届くようになったならば、これからは一人一人が自分が思い浮かべるペルソナ(仮想の人物の意味)を作り上げて、バーチャルの世界でのコミュニケーションを行なうようになるのではないでしょうか?

Twitterではそういう匿名でのコミュニケーションが実際に行なわれており、また、オンラインゲームでもそのようなやり取りはおこなわれているため、後はバーチャルユーチューバーグッズが手に入りやすくなり、プラットフォームとなる場所が出来上がるだけで、一気に広がりそうな予感です。

→ iPhoneXであなたも #バーチャルYoutuber になれる!バーチャルライブアプリ「にじさんじ」とは?#YoutubeLive #Mirrativ #Periscope について詳しくはこちら







【関連記事】

個人ブロガーやアフィリエイターは新しいメディア・SNSのインフルエンサーから学ぼう!

IMG_1506.jpg

by AFS USA(画像:Creative Commons)




■個人ブロガーやアフィリエイターは新しいメディア・SNSのインフルエンサーから学ぼう!

2017年は情報操作やフェイクニュースなど情報の信頼性が話題になりましたが、大手メディアの情報を優先するGoogleと個人のつながりを優先するFacebook|メディアのような影響力を持つ個人のインフルエンサーの価値が高まる?では、GoogleとFacebookという大手IT企業のアプローチが全く違い、Googleは個人ではなく、大手メディアや医療機関などで信頼性の高さを担保しようとし、Facebookは大手メディアではなく、親しい友人や家族といった個人の信頼関係・つながりで信頼性の高さを担保しようとしているのではないかと書きました。

メディアの掲載の仕方が変わるということは、メディアにとっての大きな変化となります。

こうした変化は常に起こり、大手メディアだけに限らず、個人ブロガーやアフィリエイターの稼ぎ方もこれからどんどん変化していくのだと思います。

今はサイトやブログで収益を十分にあげている人や企業であっても、ユーザーのいる環境がどんどん変化していますので、TwitterやInstagramのようなSNS、YouTubeやSHOWROOMのような動画サイト・アプリを活用した稼ぎ方を併用していく必要も出てくるのだと思います。

【関連記事】

YouTuberやバーチャルユーチューバー、バーチャルSHOWROOMER、プロゲーマー、「Tik Tok」「musical.ly」「live.ly」「Talkroom」「Houseparty」といった新しいアプリで稼ぐ新しい職業が生まれていますが、現在はこうした職業は主流でなくても、その年代を過ごしてきた世代がどんどん主流になってきますので、今稼いでいるメディアがあっという間に廃れてしまう恐れもあるのです。

医師からの信頼が高いメディアはインターネット!|医師の9割が「ネット検索で自分の症状に合った医療情報を得るのは容易ではない」|医師の9割が今後の発信についても消極的によれば、「インターネット」における医療・健康情報は、他メディアよりも信頼性は高いと医師が評価している一方で、「インターネット検索」で自分に合った医療情報にたどり着くのは「容易ではない」と答えており、もしかすると、新しい世代は、インターネットには正しい情報がないと考えて、友達や自分がいるオンラインコミュニティのインフルエンサー・フォロワーが提供する情報を選択するようになるかもしれません。

もしかすると、インフルエンサーの情報のほうが医師や医療機関などの権威のある情報よりもよいというような選択するようなことがあるのではないでしょうか。

参考画像:不安な個人、立ちすくむ国家~モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか~|経済産業省PDF

このように、世代間で見ているメディアが変わっていて、また、自分の周りの世界のことを信用するようになれば、コミュニティやインフルエンサーの価値がさらに高まっていくようになり、今好調のメディアであっても、その波にのまれてしまう恐れもあるでしょう。

自分とは興味のないメディアを利用しないまでも、そういうメディアがあるということを知ることは重要です。

ダグラス・アダムスの法則は興味深い仮説で、もしかすると、自分もそうなりつつあるのではないかと肝に銘じながら、考えて動いていく必要があるでしょう。

「サードウェーブ」(著:スティーブ・ケース)ではサーフィンが上手い仲間に対してアドバイスを求めたシーンがあります。

サードウェーブ 世界経済を変える「第三の波」が来る (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

新品価格
¥1,380から
(2017/1/5 15:16時点)

「知る必要があるのはひとつだけだ」と、彼は言った。「波がいちばん高くなったとき、きみはチューブ(波が砕ける前のトンネル)の中にいるか、砂の中にいるかどっちかだってことさ」

大手メディアや個人ブロガー、アフィリエイターだけでなく、様々な職業でもこのことは言えると思いますので、波に乗れる準備だけは欠かさないようにしたいですね。







P.S.

なぜ人はSNSのフェイクニュースやデマ、陰謀論をシェアして拡散してしまうのか?によれば、IMTルッカ高等研究所のウォルター・クアトロチョッキさんが情報がSNS上(Facebook)でどのようなパターンで伝播するのかを調査した結果があるのですが、WIREDでは、その情報伝播に大きく影響するカギとして、「同質性」、「エコーチェンバー」、「確証バイアス」を挙げています。

同質性とは、SNSでの人間関係は同じような価値観を持つ同士がコミュニティが作られており、その中で「情報」とはお互いの共感が得られる「媒体」としての役割を持っていて、情報が事実かどうかが重要ではなく、その情報がコミュニティの連帯感を強化する道具としての役目を果たしているのです。

エコーチェンバー(共鳴室)とは、どんなにインターネット上に情報があふれているといっても、自分に関わりがある情報以外に対しては、シェアをすることはなく、自分の価値観とは違うものは自然と排除してしまい、そのこと自体が偏った考え方を蔓延させてしまう原因になってしまいます。

確証バイアスとは、初めから結論ありきで情報を調べてしまい、そもそも自分が期待する答えを覆してしまうようなことを調べるようなことをしないということが偏った思考を生んでしまう恐れがあります。

情報に含まれている価値観というのは、自分自身の世界観に触れる存在であるため、その世界観を揺るがすような情報に対しては、人は簡単に受け入れることができないそうです。

【関連記事】

#長谷川京子 さん、#インスタ ではじめたばかりのヨガポーズを公開|#yoga

Gloria - Yoga Pose-3

by Cohen Van der Velde(画像:Creative Commons)




■長谷川京子さん、インスタではじめたばかりのヨガポーズを公開

少しずつ。

長谷川京子さん(@kyoko.hasegawa.722)がシェアした投稿 –

長谷川京子さんがインスタでヨガポーズの投稿を始めています。

インスタの投稿によれば、はじめたばかりとのことですが、前後への180度開脚ができるほど柔軟性があるようですので、以前から体を動かしていたのではないでしょうか。

長谷川京子:美容は「継続が大事」 顔のエクササイズも

(2015/5/15、MANTANWEB)

モデル時代から続けているのは「化粧をちゃんと落とすこと」「保湿をすること」で、最近始めたのは「顔の筋肉の運動」だ。

<中略>

ボディーケアは「運動をしたり、食べ物や睡眠に気をつかったり、サプリメントを取ったりと、健康であるための努力はしていますけど、スタイルはそれ(健康に)についてくればいいなと思っています」というスタンスだ。

2015年のインタビュー記事によれば、健康であるための努力として、運動、食事、睡眠に気をつけており、また、美容のために、「化粧をちゃんと落とすこと」「保湿」「顔の筋肉の運動」をモデル時代から行なっているそうです。

ヨガには、ホットヨガ・空中ヨガ(エアリアルヨガ・無重力ヨガ・ハンモックヨガ・フライングヨガ)、SUPヨガ(水上でサーフボードのうえで行うヨガ)などいろいろな種類のヨガがあり、多くの芸能人もヨガをやっています。




■まとめ

スタイルの良い人の「何もしてない」を信じてはいけない!でも紹介しましたが、以前は、スタイルの良い人は何もしていないわけではなく、美しさを維持するために、そして更に磨きをかけるために、常に努力をしているのですが、これぐらいではしているうちに入らないという高い理想があるため、質問された時には、「何もしてない」「特に変わったことはしていない」と答えていた感じがします。

海外のハリウッドスターは、体重が多くても、筋肉トレーニングによってカラダを引き締め、メリハリがあるため、結果的にスタイルが良く見えるのです。

ただ、最近ではインスタで本人が情報発信をするようになり、海外セレブやモデルがトレーニングをしている姿を投稿し始めてから、変化が表れていると思います。

日本では、スタイルが良くすること=体重を落とす・脂肪を落とす、ことばかり考えられがちでしたが、海外セレブやモデルがトレーニングによって体を引き締め、筋肉を付けることで健康的でメリハリのある美しいスタイルを作っているということがSNSで発信されてきたことによって、美しさの考え方が変わってきました。

そして、健康・美容に対して努力することはポジティブなイメージを与えるようになり、日本でも積極的にどんなエクササイズをしているのか、どんな体のケアを行っているのかということをより詳しく発信するように変わったのではないでしょうか?







【ヨガ関連記事】

【関連記事】