家に帰りたくない…帰宅拒否症は「軽症うつ病」!?|「帰宅拒否症」チェックリスト


> 健康・美容チェック > メンタルヘルス(うつ・鬱病・不安) > 家に帰りたくない…帰宅拒否症は「軽症うつ病」!?|「帰宅拒否症」チェックリスト




【目次】

■家に帰りたくない…帰宅拒否症は「軽症うつ病」!?

日イヅル國ノ

by Yosuke Watanabe(画像:Creative Commons)

帰りたくない…帰宅拒否症は働き盛りの「軽症うつ病」

(2008/12/8、夕刊フジ)

軽症うつ病は、抑うつ気分、意欲低下、不眠や食欲不振といった症状が本物のうつ病に比べて軽度のため、不調を訴えてもあまり仕事や生活面には大きな支障をきたさない。

ただ、その兆候がさまざまな形で現れることがある。

帰宅拒否症もそのひとつだ。

家に帰りたくても帰れない帰宅拒否症の方がいるそうです。

この帰宅拒否症は、40代から50代の働き盛りの人に現れやすい軽症うつ病の一種なのだそうです。

帰りたくても帰れない人は、ぜひこの記事にあるチェックをしてみましょう。

■「帰宅拒否症」チェックリスト

【「帰宅拒否症」チェックリスト】

 (1)仕事だけが生きがいだ

 (2)仕事がうまくいっていない

 (3)生真面目で要領が悪い

 (4)小心なため、もめごとが嫌い

 (5)特定なことに恐怖心を持ちやすい

 (6)趣味もなく、スポーツもしない

 (7)出世が止まり、給料があがらない

 (8)妻が出世や収入についてうるさい

 (9)妻は出勤時に見送らない

 (10)妻や家族との会話が乏しい

 (11)妻が健康管理にうるさい

 (12)子供に受験生がいる

 (13)子供に勉強を教えるように強いられる

 (14)子供にバカにされている

 (15)家では居場所がなく、気が休まらない

 (16)家庭の中で無視されている

 (17)社宅住まいである

 (18)なにかと近所と比較される

 (19)いつも小遣いに困っている

 (20)財布のヒモは妻が握っている

 「10項目以上当てはまる場合は要注意」

 *初台関谷クリニック・関谷透院長作成

帰宅拒否症の兆候の始まりは、会社に残る必要がないのに、会社に残っていたり、また、退社してもまっすぐ帰宅せずに時間をつぶしてから帰宅したりするところから始まるそうです。

また、帰宅拒否症になりやすいのは、まじめなタイプの人が多いとのこと。

紹介したチェックシートに当てはまる項目が多い人は、ぜひ一度カウンセリングを受けてみましょう。




■男性ホルモンが低下するとうつ症状を起こすことがある!?

「がんや認知症も!?コワ~い“男の更年期障害”」|#クロ現プラスによれば、「やる気が出ない」「気分が落ち込む」「イライラする」といった症状がある場合、最初に頭に浮かぶのが「うつ病」である人も多いかと思いますが、実は男性ホルモンが低下する「男性更年期障害」が原因となってうつ症状を起こすことがあります。

神経質・イライラ|急に神経質になった原因|男性更年期(更年期障害)の症状によれば、男性で更年期障害を発症しやすい性格の方とは、神経質・真面目・几帳面・責任感がある方に多いようですが、イライラする、神経質になったという項目はAMS(Aging Males Symptoms)調査票に含まれています。

男性ホルモンであるテストステロンを上げるための方法としては、夜更かしをしない・運動をするなどの健康的なライフスタイルで、友達と会ったり、女性と話したり、元気になれる場所に出かけてストレスを解消する、といったアクティブな行動がテストステロン値を上げてくれるようです。







【関連記事】