5月17日は「高血圧の日」|高血圧ニュースをまとめました


sphygmomanometer

by Yuya Tamai(画像:Creative Commons)

病気・症状 > 高血圧 > 血圧が高い > 5月17日は「高血圧の日」|高血圧ニュースをまとめました




■5月17日は「高血圧の日」

5月17日が高血圧の日ということで、これまでこのブログで紹介してきた高血圧に関する記事をおさらいしてみます。

5月17日が高血圧の日ということで、高血圧啓発イベントが各地で行われています。

脳卒中や心筋梗塞など循環器疾患の予防にはメタボ対策より高血圧対策が重要

厚生労働省研究班による大規模調査によると、脳卒中や心筋梗塞(こうそく)など循環器疾患の予防には、メタボ対策だけでなく、高血圧対策にも力を入れる必要があるそうです。

朝から血圧チェックで早朝高血圧予防

心筋梗塞や脳梗塞は朝に起こることが多いことから、早朝高血圧が注目されているようです。

 

妊娠高血圧症候群 晩産化で増加傾向。脳出血、胎盤早期はく離併発も

妊娠高血圧症候群とは、かつては妊娠中毒症と呼ばれていたもので、05年に改められたそうです。

妊娠20週から出産後12週までの間に最高血圧140以上、最低血圧90以上になる場合や、同時に尿にたんぱくが出る場合をさします。

 

子供の10人に1人が肥満、脂肪肝や高血圧、高脂血症、糖尿病などが増加|北京市

世界的にも、肥満の人が増加し、高血圧や糖尿病脂肪肝などの生活習慣病になる人が増えています。

高血圧は世界的な問題となっています。

知らないと損する!医療費徹底節約|たけしの本当は怖い家庭の医学

高血圧になると健康を害するだけでなく、金銭的にも影響を与えます。

高血圧になった場合、174万7500円の医療費が増えるそうです。
 

高血圧、減塩と血圧測定で予防

高血圧には注意したいものですが、痛みなどの自覚症状をあまり感じないため、発見が遅れがちです。

高血圧を早期に発見・予防するためには、日頃からの血圧測定と食事の減塩が大事になってきます。

高血圧を予防するためには、まずは食生活など生活習慣の改善、日頃からの血圧測定による健康管理が重要です。

しかし、それでも高血圧になってしまう場合や症状が良くならない場合もあります。

そのような場合は、医師と相談のうえ、降圧剤などの薬を利用するようにしてください。

9割以上が「塩分は高血圧を引き起こす原因」と知っていても、減塩への取り組みは約半数

しかし、9割以上が「塩分は高血圧を引き起こす原因」と知っていたそうですが、実生活で減塩に取り組んでいたのは約半数しかいなかったそうです。
 

高血圧:メタボの方、正常範囲でも要注意 学会が目標値、5年ぶり新指針

血圧を測った時に正常値の範囲の方でも注意していただきたいのは、メタボな方です。

日本高血圧学会は、標準的な治療方法を示す「高血圧治療ガイドライン(指針)」を5年ぶりに改定しましたが、そのガイドラインでは、血圧が、やや高めだが高血圧の基準に達しない「正常高値」の人でも、糖尿病など他の危険因子があれば、高血圧患者と同様の生活習慣の改善や治療が必要だと指摘しています。

更年期高血圧とは!?|女性の高血圧は40代以降、急増する

平成22年国民健康・栄養調査の高血圧(正常高値も含む)の年代別頻度によれば、女性の場合は、40代以降から高血圧になる人が急増しています。

「家庭血圧」による診断を優先する|高血圧治療ガイドライン2014

2014年4月に5年ぶりに改訂された「高血圧治療ガイドライン」(日本高血圧学会)での大きな変更点は、「診察室血圧と家庭血圧の間に診断の差がある場合、家庭血圧による診断を優先する」という「家庭血圧」を重視している点です。

家庭血圧とは、病院ではなく家庭で血圧を測ることです。

頭痛(頭が痛い)|高血圧の症状と頭痛の組み合わせは危険!?|高血圧の症状

頭痛は、一般的に、脳の血管が広がって、神経を刺激するために起こると考えられます。

しかし、血圧が上昇しても、脳の血流に影響を与えることがないため、実際には、高血圧によって頭痛が起きているということは考えにくいです。

つまり、高血圧によって頭痛が起きているのではなく、高血圧と頭痛という症状が起きているということは、動脈硬化などの何らの病気を疑ったほうがいいと考えられます。

めまい・ふらつき|高血圧でめまいがなぜ起こるのか?|高血圧の症状

通常は、人間の脳の血液循環は、自動調節能により一定に保たれていますが、高血圧が長く続いたり、血圧が急激に上昇すると、この自動調節能の働きに異常が起こり、脳内の圧力が上昇した結果、血液循環が乱れてしまいます。

そして、血液量が乱れることによって、高血圧脳症、浮動性めまい(ふわふわする)、吐き気、嘔吐といった症状を起こすと考えられるそうです。

白衣高血圧(白衣現象)とは|病院で緊張して血圧が上がる

「家で測ると正常なのに、病院で血圧を測定すると、血圧が高い」という人いませんか?

これを「白衣高血圧(診察室でのストレスによる血圧上昇を白衣現象と呼ぶ)」といいます。

白衣高血圧とは、通常は血圧が正常なのに、病院で血圧を測定すると血圧の値が高くなってしまうことです。

■まとめ

これを機会に、ぜひご自身の血圧管理を行ないましょう。

→ 高血圧とは|高血圧の症状・食事・予防・原因・対策 について詳しくはこちら

→ 血圧を下げる方法(食べ物・サプリメント・運動) について詳しくはこちら







【高血圧関連記事】