「女性ホルモン」タグアーカイブ

女性がダイエットを成功させるカギは、女性ホルモン?|ためしてガッテン(NHK)

foodiesfeed.com_family-gathering

by Sidney SL Lam(画像:Creative Commons)

健康・美容チェック > ダイエット > 女性がダイエットを成功させるカギは、女性ホルモン?|ためしてガッテン(NHK)




2010年1月13日放送のためしてガッテンのテーマは、「挫折なし!失敗なし!女性の最強ダイエット」を取り上げました。

■女性がダイエットを成功させるための切り札は女性ホルモン

女性が甘いものが好きなのは、女性モルモンが関わっているそうです。

女性がダイエットを成功させるには、女性ホルモンの周期をうまく活用することが必要です。

 

●エストロゲン

エストロゲンは内臓脂肪を小さくしてくれるそうです。

エストロゲンの多い時期は、生理後~約10日間。

エストロゲンは内臓脂肪を小さくしてくれるので、この時期はダイエットしやすい時期と言えます。

そのため、エストロゲンの多い時期に有酸素運動を行うと効果的なのだそうです。

 

●プロゲステロン

プロゲステロンは、エネルギーを脂肪(主に皮下脂肪)として蓄える

プロゲステロンの多い時期は、生理前の約10日間。

プロゲステロンが多いと皮下脂肪になりやすいので、食べ過ぎに注意する時期と考えましょう。

 

■女性がダイエットに失敗しやすい原因:食べるの大好き・おしゃべり大好き

女性の脳の特徴

右44野 模倣・共感

左44野 おしゃべり

内側前頭前野 他人への関心

女性は男性に比べて、コミュニケーション能力の高さや他人との協調性の高さといった女性の脳の持つ特徴により、ダイエットの邪魔をしている場合があるようです。

 

ダイエット方法の選び方 はこちら

ダイエット方法ランキングはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ダイエット方法ランキング







挫折なし!失敗なし!女性の最強ダイエット|ためしてガッテン(NHK)

Women

by tangi bertin(画像:Creative Commons)




  • ダイエットの切り札は女性ホルモン
  • 女性が甘いものが好きなのは、女性モルモンが関わっている
  • 女性がダイエットを成功させるには、女性ホルモンの周期をうまく活用することが必要
  • エストロゲンは内臓脂肪を小さくしてくれる
    エストロゲンの多い時期は、生理後~約10日間。
    エストロゲンは内臓脂肪を小さくしてくれるので、この時期はダイエットしやすい時期と言えます。
    エストロゲンの多い時期は、生理後~約10日間。エストロゲンは内臓脂肪を小さくしてくれるので、この時期はダイエットしやすい時期と言えます。
    エストロゲンの多い時期に有酸素運動を行う
  • プロゲステロンは、エネルギーを脂肪(主に皮下脂肪)として蓄える
  • プロゲステロンの多い時期は、生理前の約10日間。
    プロゲステロンが多いと皮下脂肪になりやすいので、食べ過ぎに注意する時期と考えましょう。
    プロゲステロンの多い時期は食べ過ぎに注意する
  • 女性がダイエットに失敗しやすい原因:食べるの大好き・おしゃべり大好き
    女性の脳の特徴
    右44野 模倣・共感
    左44野 おしゃべり
    内側前頭前野 他人への関心

2010年1月13日放送予定のためしてガッテンのテーマは、「挫折なし!失敗なし!女性の最強ダイエット」を取り上げるそうです。

ためしてガッテンの放送予告によれば、

ダイエットに挑戦しても、なぜかうまくいかない女性たち……。

最新の研究から、“女性がダイエットに失敗しやすい”科学的な根拠があることが判明。

「甘いものがやめられない」「友達との食事が楽しくて仕方がない」……。多くの女性が話すこうした“言い訳”には、ちゃんとした理由があり、反対にそれを逆手に取れば、効率よくダイエットを成功させることも可能なのだ。

1回目は、体内で作られ、ダイエットの成否に大きくかかわる“あるもの”に注目。

ガッテン流のダイエットの秘策をお伝えする。

最新の研究によると、女性がダイエットに失敗しやすいのには、科学的な根拠があるそうです。

なぜか失敗!女性のダイエット

以前ガッテンでご紹介し、大きな反響があった「計るだけダイエット」。

朝と晩、自分の体重を計ってグラフにつけるだけで、いつの間にかやる気が出てくるという超簡単なダイエット法だ。

しかし男性の成功率が高い反面、特に女性から「長続きしない」「リバウンドした」という声が。

どうしてうまくいかないのか、“失敗”の実態をつぶさに調査し、その原因を探る。

体重を計るだけと言う比較的簡単なダイエット方法でも長続きしない、リバウンドしてしまうという女性が多いそうです。

それにはどんな原因があるのか気になります。

だからやせられない!カギを握る2つの物質

女性がダイエットに失敗してしまう大きな原因は、なんと女性の体の中に隠されていた。

ついつい「甘いものを食べたい!」と思ってしまうのも、「せっせと脂肪を体にためこんでしまう」のも、実は体内にある2つの物質が大きく関わっていたのだ。

この物質を正しく理解して、逆手にとることこそが、女性のダイエット成功への近道なのだ。

女性がダイエットに失敗してしまう2つの原因とは、なんなのでしょうか。

そして、その物質を理解することがダイエット成功への近道なのだそうです。

気になる内容が続きます。

“タイミング”が命!ダイエット成功への道

この2つの物質を上手にコントロールし、ダイエットを成功に導くためには、適切な“タイミング”を知ることが重要。

女性にはダイエット効果が出やすい時期と出にくい時期がある。

そのためむやみにダイエットを行っても結局やせられず、投げ出すきっかけになってしまうのだ。

「とにかく食べ過ぎに注意する」時期と、「積極的に体を動かす」時期を使い分け、効果的に体重を落とすコツをご紹介!

女性にはダイエット効果が出やすい時期と出にくい時期があるそうです。

食べ過ぎに注意する時期と積極的に運動する時期を使い分けることが体重を効果的に落とすコツとなりそうです。

女性の方には注目の内容となりそうですね。







ダイエット方法の選び方 はこちら

ダイエット方法ランキングはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ダイエット方法ランキング

女性は記憶障害に強い?=エストロゲンが脳血流改善|理研




女性は記憶障害に強い?=ホルモンが脳血流改善-理研

(2009/4/10、時事通信)

女性ホルモンのエストロゲンが脳血管を拡張し、記憶障害を改善する機能を持つことが、理化学研究所の研究チームによるマウスを使った実験で明らかになった。

老化や動脈硬化による記憶障害を予防したり、改善したりする薬の開発に役立つことが期待される。

理化学研究所の研究チームによるマウスを使った実験によれば、女性ホルモンのエストロゲンには、記憶障害を改善する機能があるそうです。

このことにより、記憶障害の予防・改善に役立つ薬の開発が期待されます。







女性ホルモン、浮気の原因となる可能性=米研究

Whisperings in the sunset

by george erws(画像:Creative Commons)




女性ホルモン、浮気の原因となる可能性=米研究

(2009/1/15、ロイター)

女性ホルモンのエストロゲンが多い女性は、より美しく見えたり自分のことを美しいと感じたりするだけでなく、そうした感覚に基づき次々と別の男性に接近する可能性を示す研究結果を、米国のチームが13日報告した。

テキサス大オースチン校のクリスティーナ・ドゥランテ博士が率いるチームが「Royal Society Journal Biology Letters」上で発表した。

テキサス大オースチン校のクリスティーナ・ドゥランテ博士が率いるチームのけんきゅうによれば、女性ホルモンのエストロゲンが多い女性は、次々と別の男性に接近する可能性があるという研究結果を発表したそうです。

男性の場合は男性ホルモンが原因なのでしょうか。

興味深いですね。







目の難病「シェーグレン症候群」発症メカニズム解明|徳島大

Window to the Soul

by Matthew(画像:Creative Commons)

> 健康・美容チェック > 目の病気 > 目の難病「シェーグレン症候群」発症メカニズム解明




目の難病発症のメカニズム解明  ホルモン低下が炎症起こす

(2008/12/6、47ニュース)

免疫異常で目の組織などに炎症が起きる難病の「シェーグレン症候群」が、女性ホルモン低下に伴う特定のタンパク質の活性化によって引き起こされるのを、徳島大の林良夫教授らのチームが6日までに解明した。

徳島大の林良夫教授らのチームによれば、目の難病であるシェーグレン症候群の原因は、女性ホルモン低下に伴う特定のタンパク質の活性化によって、炎症を起こすそうです。

この特定たんぱく質を何らかの方法で抑えることができれば、新たな治療法の解明ができそうです。

■シェーグレン症候群の特徴

この病気はドライアイや関節リウマチ、全身の疲労感などを伴い、更年期女性に多いのが特徴。

口の中の病気(口臭・口内炎・ドライマウス・舌で胃腸や肝臓の病気がわかる)|駆け込みドクター(TBS)によれば、シェーグレン症候群は、40~50代の女性に多い自己免疫疾患で、涙腺と唾液腺が炎症を起こす病気なのだそうです。

林教授は「更年期の女性が発症しやすいメカニズムがようやく分かった」としている。

女性ホルモンの低下に伴って起こるために、更年期の女性に多いというわけですね。

【関連ページ】







【関連記事】

目の病気

緑内障とは|緑内障の症状・原因・眼圧・予防

飛蚊症とは|飛蚊症の原因・症状・治し方・見え方

加齢黄斑変性症とは|症状・原因・治療・サプリメント

白内障とは|白内障の症状・原因・治療・予防

ドライアイとは|ドライアイ(目が乾く)の症状・原因・治療

眼精疲労の症状(頭痛)・原因・マッサージ・ツボ

老眼とは|老眼の症状(初期症状)・予防・改善

スマホ老眼の症状・原因・予防

糖尿病網膜症の症状・治療・分類・予防

VDT症候群とは|VDT症候群の症状・原因・対策

網膜剥離とは|網膜剥離の症状・原因・見え方

近視とは|強度近視・仮性近視

結膜弛緩症とは|結膜弛緩症の症状・原因・治療

斜視(隠れ斜視)

眼瞼下垂(まぶたのたるみ)の症状・原因

まぶたの痙攣の治し方|まぶたがピクピクする原因

翼状片の症状・原因・予防

瞼裂斑の症状・原因・予防・対策

紫外線対策と目の病気(翼状片・瞼裂斑・白内障)

コンタクトレンズと目の病気・正しい使用法・ケア

目の症状

目の充血の原因・治し方|目が赤いのは目の病気のサイン?

目の疲れを取る方法(ツボ・マッサージ)|目が疲れる原因

目の痙攣の治し方・止め方|目がピクピクする原因

目の下のクマを取る方法 原因と解消方法

目がかゆい|目のかゆみの原因・対策・対処法

目が痛い|目の痛みの原因となる目の病気と解消法

目のかすみの症状・原因・対策|目がかすむ

肩こり頭痛解消法|めまい・吐き気の原因は眼精疲労?

目やにの原因となる目の病気|どんな色の目ヤニが出ている?

光がまぶしい・目がまぶしい

目がゴロゴロする|目の異物感の原因はゴミそれとも病気?