タグ別アーカイブ: 寿命をのばすワザ百科

糖尿病予防に亜鉛を含む食品|寿命をのばすワザ百科 9月3日

2010年9月3日放送の寿命をのばすワザ百科では、病気を予防する食材を紹介していました。

■糖尿病予防に亜鉛を含む食材

カキに多く含まれる「亜鉛」が血糖値を正常に保つ手助けをして、糖尿病から守ってくれるそうです。

カキの栄養について詳しくはこちら。

亜鉛 についてはこちら。

糖尿病の症状・初期症状|糖尿病とは についてはこちら。

糖尿病関連ワード

糖尿病の症状・初期症状|糖尿病とは

糖尿病の診断基準(血糖値・HbA1c)

糖尿病改善・予防する方法(食べ物・運動)

糖尿病危険度チェック

糖尿病の原因(生活習慣)|女性・男性

薬局でもできる糖尿病の検査|検尿(尿糖検査)と採血による血糖検査

糖尿病の合併症|網膜症・腎症・神経障害

糖尿病の食事(食事療法)|血糖値を抑える食べ方

糖尿病の運動(運動療法)|筋トレ・有酸素運動

インスリン(インシュリン)とは|血糖を下げる働きがあるホルモン

血糖値(正常値・食後血糖値・空腹時血糖値)・血糖値を下げる食品

脳梗塞予防にタウリンを含む食品|寿命をのばすワザ百科 9月3日

2010年9月3日放送の寿命をのばすワザ百科では、病気を予防する食材を紹介していました。

■脳梗塞予防にタウリンを含む食品

えびなどの甲殻類に多く含まれるタウリンには、悪玉コレステロールを減少させる効果があるそうです。

タウリン についてはこちら。

コレステロール についてはこちら。

悪玉コレステロール についてはこちら。

 

P.S.  番組放送の当日に、「高コレステロール=長寿、脂質栄養学会が指針」とニュースが流れていましたが、実際コレステロールと長寿の関係はどうなのでしょうか。

現在の個人的な意見としては、コレステロール値が適切なのかというのが気になる点であり、また全体的な数値とのバランスをみたほうがいいのではないか、と思っています。

【タウリン関連記事】

朝スープカレーダイエットの効果・作り方・レシピ

Squash and Red Pepper Soup

by Migle(画像:Creative Commons)




2010年3月29日放送の寿命をのばすワザ百科では、朝スープカレーダイエットを紹介しました。

 

■朝スープカレーダイエット

カレーには、ダイエットと脳血流を増やす成分が入っている。

適度な運動を加えることで、脂肪の燃焼はより効果があるそうです。

交感神経が高まる。

 

■朝スープカレーダイエットの効果|やせるメカニズムとは?

ウコン(ターメリック)の色素成分の「クルクミン」には、コレステロールを減少させる働きがある。

肝臓に作用して脂肪の代謝を促進してくれるので、血中の脂質を減らし、代謝も上げる(日本薬科大学 丁宗鐵さん)

クルクミンには、脂肪細胞の増殖を抑える効果があることをヒトの細胞培養およびマウスにおいて確認(ボストンのタフツ大学の論文より)

カレーのスパイスには、体温を高めたり、代謝を活発にしたり、結果としてダイエット効果をもたらしてくれるものが多いそうです。

例:

ジンジャー:体温を高めて、代謝を活発にする効果がある。

ブラックペッパー:消化を促進し、脂肪を減少させる。

クローブ(丁字):胃を温める効果あり

 

■イタリアンスープカレーの作り方(2人分)

【材料】

  • 鶏肉 100g
  • トマト 1個
  • キャベツの葉 2枚
  • 市販のカレールウ 1.5かけ
  • 粉チーズ 大さじ2
  • 水 400CC

【作り方】

  1. 鶏肉・トマト・キャベツの葉を鍋で煮込む。
  2. 野菜がしんなりしてきたら、カレールウを加える。※後で入れたのは濃度の調節がしやすいため。
  3. とろみが出てきたら、粉チーズを入れて完成。

 

■朝スープカレーダイエットの結果

実験によれば、約76kgの女性が67kgとなり、約-9kgダイエットに成功していました。

ダイエット方法の選び方 はこちら

ダイエット方法ランキングはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ダイエット方法ランキング







黒豆ダイエットとは|黒豆ダイエットの方法・効果

黒豆

by Hirotaka Nakajima(画像:Creative Commons)




2010年3月29日放送の寿命をのばすワザ百科では、黒豆ダイエットを紹介しました。

■黒豆ダイエットのやり方

一日1回70グラムの黒豆を食べる。

※一日一回黒豆を食べれば、他の食事をしてもよい。

■黒豆ダイエットの効果

ノザキクリニック 野崎豊さんによると、「黒豆には、水溶性食物繊維である”ペクチン”などが含まれている。」ので、満腹感が持続する。

また、黒豆でダイエットできるのは、便意を促すオリゴ糖や水溶性食物繊維などが含まれているのも理由の一つにあるそうです。(薬学博士田村哲彦さん)

便秘解消でデトックス効果があり、美肌効果も。

黒豆に含まれる、サポニンが脂肪分を覆い、体内への吸収を抑え、体外に排出してくれる効果もあるそうです。

■黒豆ダイエットの結果

安田大サーカスのHIROさんは、1ヶ月の実験で、153kg⇒132.2kgとなり、-20.8kgのダイエットに成功していました。

ダイエット方法の選び方 はこちら

ダイエット方法ランキングはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ダイエット方法ランキング






肉食ダイエット|肉を食べてやせるメカニズムとは

Steak

by Windslash(画像:Creative Commons)




2010年3月29日放送の寿命をのばすワザ百科では、肉食ダイエットを紹介しました。

■肉を食べてやせるメカニズムとは

肥満の原因を減らし、脂肪を燃やす

崇高クリニック 荒木裕 院長によれば、

「炭水化物には糖質が含まれており、この糖質が肥満の原因なのだそうです。

肉などを減らした野菜中心の食事にすると、タンパク質が不足してきて、筋肉量が落ちてしまい、やがて基礎代謝が低下してしまいます。

そうすると、リバウンドして、かえって太ってしまうと考えられるそうです。」

糖質は運動して消費しないと脂肪になり蓄積されるので、脂肪のもととなる糖質の量を減らし、筋肉のもととなるタンパク質を摂ることで、筋肉量が増えて、多くの脂肪が燃焼されて、やせると考えられるそうです。

■肉を食べてやせる秘訣

1.肉の余分な脂肪はカットする。

2.糖質の多い根菜ではなく、葉野菜を食べる。

3.ビタミンCはレバーから摂って、果物はなるべく食べない。

4.卵やチーズなどタンパク質なら間食してもOK。

※適度な運動を加えていました。

■結果

番組での実験によれば、約167kgの男性は、-19kg痩せていました。







ダイエット方法の選び方 はこちら

ダイエット方法ランキングはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ダイエット方法ランキング