「胸」タグアーカイブ

胸が垂れてしまう!「オバさんバスト」になるNG習慣とは?|カリスマフィッターさんによる美しい胸をキープするための方法

胸がどんどん垂れて「オバさんバスト」になる毎日のNG習慣6つ(2014/2/25、美レンジャー)で紹介されているニューヨーク発のランジェリーショップ『ブラデリスニューヨーク』のカリスマフィッターさんによる美しい胸をキープするための方法を参考に胸が垂れないようにするための方法についてまとめました。




【目次】

■1:ブラジャーを朝から着っぱなしにしている

日中の活動とともに、必ずブラジャーの位置はずれてきます。そこでできるだけ日中、トイレに行くたびに何度かブラジャーの位置を直しましょう。

胸がどんどん垂れて「オバさんバスト」になる毎日のNG習慣6つにこのことについてわかりやすいアドバイスがありました。

ご存知だと思いますが、ブラは消耗品です!
最初のフィット力は徐々に落ちていきますから、
こまめにつけ直し、定位置を身体に覚えさせることが大切ですね。

こまめにつけ直すことが大事ということですね。

巨乳も夢じゃない!? 元グラドルが教える“美しいバスト”を作る秘訣8つ

(2015/9/28、恋愛jp)

私は20歳のころボーイッシュな見た目をしていて、メンズ服をカッコ良く着こなしたいがためにブラジャーではなく『ナベシャツ』という、バストを平らにつぶして胸板のように見せるものを着用していました。1年くらい着用していたあるとき、鏡を見ていつの間にかバストが変化していたことに気がつきました。乳首の位置が明らかに左右に離れていて、バストの脂肪が確実に周囲へ解散しつつあったのです。

反対に、バストを平らにつぶして胸板のようにしていた女性の胸はバストが変化し、バストの脂肪が広がってしまったそうです。

■2:バストマッサージをしていない

バスト周りの血行を良くすることで、脂肪をやわらかくして本来のバストの位置に移動させるのは、美胸に欠かせないポイントです。

バストマッサージはキレイな胸のために欠かせないと言われていますが、一つ注意が必要なのは、過度の乳房マッサージなどの刺激によって、乳腺組織やクーパー靭帯が痛められることがあり、下垂につながるということです。

やり過ぎには気をつけてくださいね。

【関連記事】




■3:カップ付きキャミソールに頼りすぎている

バストは加齢などによる筋肉の衰えや、重力による下垂などにより日々崩れていきます。そこで、しっかり下から持ち上げ、横から寄せて上げることで、下垂や離れ胸の原因を防ぐことができます。

胸が垂れてしまう原因とは?によれば、バストが足れるのを防ぐには、バストの内部を支えているクーパー靭帯に大きな負荷がかからないようにすることが重要なのだそうです。

また、ノーブラ状態で過ごすとおっパイが大きくなる?で紹介されている大手下着メーカー、ワコールの調査結果によれば、「バストが長期にわたって揺れる状態、つまりホールド力のない下着や自分の体に合っていない下着を身に着けていると、クーパー靭帯が伸びてしまい、バストの下垂を早める原因となってしまう」とあります。

まとめると、カップ付きキャミソールは休日などのリラックスしたいときに使った方がいいということになりそうです。

【関連記事】

■4:姿勢が悪い

姿勢を正すことだけでも、バストは美しく見えるものです。

基礎代謝をアップして痩せやすい身体を作る4つの方法でも紹介しましたが、良い姿勢を維持することは美しくなるために欠かせません。

超簡単に100キロカロリー消費できる5つの方法によれば、背筋を伸ばして立っているだけでも筋肉が緊張するためカロリーを消費するそうです。

姿勢よく立つ-10分×8回

背筋を伸ばして立っているだけでもカロリーを消費する。立っているには様々な筋肉の緊張が必要だからだ。

8時間労働の場合、1時間ごとに10分立っていれば、100キロカロリー消費することができる。

立った姿勢の方が、座った姿勢よりもカロリー消費が高く、また、健康にとっても良いです。どうしても座った姿勢で仕事をしないといけないという人は、1時間に10分姿勢良く立つということを取り入れてみましょう。

■5:体を冷やす生活をしている

胸が大きくならない原因は「バストの冷え」?によれば、バストアップのために、バストによい食べ物や飲み物、サプリなどを摂っていたとしても(効果があるかどうかは別として)、血行が悪ければ栄養が行き届かない事が考えられるそうです。

そのため、バストが冷えている方は、血行を良くすることで、低体温・冷え性を改善する必要があるそうです。

■6:理想のバストをイメージできていない

美しいバストをイメージしながら、ブラジャーを正しく着けていきましょう。

イメージすることも重要なんですね。

■まとめ

Dr. No Redux

by micadew(画像:Creative Commons)

1.正しいブラジャーを着ける(着け直す)。

2.バストマッサージなどで身体を冷やさないようにする。

3.理想のバストをイメージする。




→ 胸が垂れてしまう原因とは?バストの下垂を遅らせる方法 について詳しくはこちら




【関連記事】
続きを読む 胸が垂れてしまう!「オバさんバスト」になるNG習慣とは?|カリスマフィッターさんによる美しい胸をキープするための方法

熊田曜子式バストアップ&ダイエット方法|お腹の肉を胸に移動させるマッサージと『ながらエクササイズ』のやり方!

熊田曜子さんが紹介するバストアップ&ダイエット方法は、おなかや腕のぜい肉を胸にあげるマッサージと日常の『ながらエクササイズ』です。

【目次】




■おなかや腕のぜい肉を胸にあげるマッサージと日常の『ながらエクササイズ』

Sexy Peru Babe

by Thomas S.(画像:Creative Commons)

「これはクルっ?」タレント熊田曜子流ダイエット術!

(2010/4/8、日刊スポーツ)

熊田曜子さんは「やせたい」とジム通いをしたり、エステに行ったり、糖分抜きダイエット、寒天ダイエットなど様々なダイエット方法を試したそうですが、納得の良く結果が出ていなかったそうです。

そこで、始めたのが、1日1時間マッサージを行うこと。

顔のマッサージを始めて1か月後くらいから、体重は変わっていないのに「痩せたんじゃない?」といわれて楽しくなってきて、毎日1時間自分の身体を触るようにしたそうです。

1時間というと、かなり長いように感じるのですが、インタビューによれば、〇〇しながらマッサージをすることで、自然と1時間マッサージが出来ているようです。

マッサージと聞くと、エステでのマッサージや鏡の前で真剣にマッサージする姿を思い浮かべますが、〇〇しながら部分部分のマッサージを行えば、1時間のマッサージなんてあっという間なのではないでしょうか。

熊田曜子さんはテレビを見ながら、携帯を触りながら鎖骨の上下を指の関節を使ってマッサージをしたり、新幹線などの乗り物に乗っているときは、太ももをぞうきんでしぼる感覚でキュッとマッサージを行ない、内もものフワフワ感が残るように加減をしながら触りたくなる肌を目指しているそうです。

顔は朝・晩化粧水をつける時に10分ほど指を曲げた第二関節を使い内側から外側へマッサージをしているそうです。




■ブラ装着時が「胸上げ」勝負

また、ブラ装着時が「胸上げ」が勝負なのだそうです。

体をサイドに傾けたとき、また下にかがんでおなかの肉が重力で下がった部分を上にあげて、ブラジャーの中で押し込む。

「3時間に1回、トイレに行ったときに固定の位置に修正するんです。

毎日やれば、変わり始めます。

本当にお肉が『自分はここだ』と認識してくれるんだと感じました」。

二の腕も同様。

二の腕のお肉をマッサージし、ぜい肉を胸に寄せて胸をマッサージすれば二の腕の肉も「宝」に変身するのだ。

以前テレビ番組でも紹介されたバストアップエクササイズの考え方に近いようです。

AカップからHカップにバストアップする方法|魔女たちの22時

■バストアップエクササイズの方法

●土台づくり

  1. 胸の前で両手の平を合わせて、押しあうようにする。
  2. この動きを今度は、左胸・右胸の前で行う。*このエクササイズは、胸まわりの筋肉を鍛え、バスト(トップ)が垂れないようにする土台作りをする意味があるそうです。

●バストアップ

  1. 片腕ずつ、二の腕についている脂肪を溶かすイメージで5分ほどマッサージします。
    5分ほどマッサージすると、やわらかくなってくるそうです。
  2. そして、その柔らかくなった二の腕の脂肪を、バストに流し込むようなイメージでマッサージをするそうです。
  3. 次に、二の腕と同じように、イメージしながらお腹についた脂肪もよく揉みほぐし、その柔らかくなった脂肪をバストへもってくるというイメージでマッサージをします。
    これらのエクササイズを15分間ほど行うとよいそうです。

また、熊田曜子さんは普段の姿勢を意識することで、腹筋や背筋などを鍛えることができることも紹介しています。

運動する時間がないという人は、日頃の姿勢をきちっとすることで、具体的には、腹筋と背筋を使っていることを意識して垂直にイスに座り、脚もかかとと膝をつけるようにすることで、腹筋・背筋・脚の筋肉を鍛えることができるそうです。

10分やるだけでも違ってくるそうですので、ぜひ取り入れたいところです。

また、姿勢が崩れそうなときには、両手を後ろで組んで姿勢を治したり、立っている時には壁を使って体を一直線にすることを意識するとよいそうです。

熊田曜子さんの考え方は、

  • 食べたいものはしっかり食べる
  • ながらエクササイズで体をチェックし、マッサージを行う
  • 日頃の姿勢を意識する
  • 体重計で自分の体重を管理しながら、食べ過ぎても数日で調整するようにする

というもの。

取り入れやすいものだと思いますので、やってみてはいかがでしょうか。

→ 熊田曜子さんが引き締まった腹筋・くびれを手に入れた方法とは? について詳しくはこちら







P.S.
続きを読む 熊田曜子式バストアップ&ダイエット方法|お腹の肉を胸に移動させるマッサージと『ながらエクササイズ』のやり方!

なぜダイエットをすると胸から痩せる(しぼむ・縮む)の?理由・対策

なぜダイエットをすると胸から痩せる(しぼむ・縮む)のでしょうか?

その原因・対策について考えてみました。




1.胸にある脂肪は燃焼しやすいから

The kids are back

by John Benson(画像:Creative Commons)

女性が、胸から痩せるのはどうして?

(2015/11/20、Mocosuku)

太ももやお腹の脂肪はセルライト化していて燃焼しやすい状態です。一方で胸はセルライト化しにくい脂肪といわれ、燃焼しにくい特徴があります。(原文ママ)

文脈から判断すると、太ももやお腹の脂肪は燃焼しにくく、胸の脂肪は燃焼しやすいので、胸が痩せてしまうと考えられるようです。

2.栄養不足

女性が、胸から痩せるのはどうして?

(2015/11/20、Mocosuku)

胸に栄養を運んでいるのは血液ですが、ダイエットをすることで正常に血液が作られず、循環不足になります。

バストを維持するためには、胸の細胞を維持していく必要がありますが、食べない系のダイエットをすることで、栄養不足に陥ると、血液が作られないため、胸の細胞を維持できなくなることが考えられるようです。

ダイエットによる食事制限や運動で栄養素が足りなくなると、胸の重さを支えるクーパー靭帯が弱くなってしまいます。

胸はクーパー靭帯によって支えられていますが、このクーパー靭帯も栄養不足によって弱くなり、下垂の原因になるようです。

【関連記事】

3.女性ホルモンの分泌低下により乳腺が衰退するから

過度なダイエットをすると女性ホルモンの分泌が減少されます。女性ホルモンは胸の形や大きさを保つ役割をしていますが、分泌量がへることで「乳腺」自体もしぼむため、胸がしぼんでしまいます。

肉も魚も卵も食べない「ヴィーガン」生活を経験した女性に起きた身体の異変とは?によれば、女性ホルモン(エストロゲン)の原材料はお肉などに含まれるコレステロールなのですが、ヴィーガンの食生活ではたんぱく質を摂取しないので、そのことも生理不順(月経不順)にかかわっているものと思われます。

過度なダイエット(肉などのたんぱく質を摂取しない)をすると、女性ホルモンのもととなる栄養素がないため、女性ホルモンの分泌が減少し、乳腺がしぼむことで、胸がしぼんでしまうと考えられます。

【関連記事】




■胸をしぼませないでやせるにはどうしたら良いか?

ダイエット実験 人は胸からやせるのか!?|潜入!!リアルスコープによれば、食事ダイエットはカップ数が減少する傾向にあるのに対して、運動ダイエットはカップ数は変わらない傾向にあると言う結果が出ていました。

こうすると、運動ダイエットだけを勧めているように感じますが、運動ダイエットだけをやるよりも、やはり食事ダイエットと運動ダイエットを組み合わせて行うとダイエットとしてはより効果的です。

ただ、食事ダイエットに頼ると、胸がやせてしまい、美しくやせるという目的を果たすことができないということですよね。







【参考記事】
続きを読む なぜダイエットをすると胸から痩せる(しぼむ・縮む)の?理由・対策

水着グラビアが話題の吉岡里帆さんのナイスバディを保つダイエット方法とは?

> 健康・美容チェック > ダイエット > 『ゼクシィ』CMガール&水着グラビアが話題の吉岡里帆さんのナイスバディを保つダイエット方法とは?




【目次】

■水着グラビアが話題の #吉岡里帆 さんのナイスバディを保つダイエット方法とは?

NHK朝ドラ『あさが来た』やTBS系『カルテット』など人気ドラマに出演し、TBS系火曜午後10時放送「きみが心に棲みついた」ではドラマ初主演に挑み、また結婚情報誌『ゼクシィ』の9代目CMガールに選ばれ、グラビアでも活躍し、今注目されている吉岡里帆さんのダイエット方法について調べてみました。

2016年6月4日放送のメレンゲの気持ちに出演しましたが、吉岡里帆さんの水着グラビアを見たHey! Say! JUMPの伊野尾慧さんからも「最高っすね」という言葉がもれてしまうほどのスタイルです。

吉岡里帆さんの第2検索ワードを見ても、出演した番組やCM以外に「カップ」「画像」「写真集」「水着」が出ていますので、それだけ注目されているのがわかります。

ついに!!吉岡里帆の1st写真集が9月15日発売!!撮りおろし&映画オマージュカット&秘蔵インタビュー掲載の“大切な一冊”(2017/7/19、時事通信)によれば、吉岡里帆さんの1st写真集が2017年9月15日(金)に発売されるそうです。

■吉岡里帆さんの2018年のダイエット方法は「腹3分目から5分目に抑える」超節制生活

2018年1月4日放送の「櫻井・有吉THE夜会」に出演した吉岡里帆さんはドラマ「きみが心に棲ついた」で連続ドラマ初主演に挑むため、半年前から役作りのために節制生活を送っているそうです。

太りやすい体質であるため、食事は多くても腹五分目、普通は腹三分目で抑えている(以前は友達と焼肉→現在は夜中にめかぶ)そうです。

また、体調を崩したら周囲に迷惑をかけるとして、血液検査で体調管理を行っているそうです。

●食生活

吉岡里帆「がむしゃらに、もっと必死にやらないと」ブレイクしてなお変わらぬ姿勢

(2018/1/16、livedoor)

ここ1年くらいはずっとスムージー生活をしています。きっかけは、パーソナルトレーナーさんとトレーニングするようになってからですね。

ミランダカーさんや優香さん、加藤あいさん、道端ジェシカさん、道端アンジェリカさん、滝沢眞規子さん、小倉優子さんといった芸能人・有名人がスムージーを取り入れているとこのブログでも取り上げています。

●スキンケア

一番大切なのは保湿だと思っていて、毎日パックをしてますね。乾燥がとにかく大敵なので。泥パック、ジェルパック、コットンパックとか、いろいろ試してます。

美肌のためには、保湿が欠かせないというのは、常識のようになっていますが、そのやり方には人によってこだわりが違います。

例えば、ミス・ユニバース・ジャパン原綾子インタビュー|美ボディ・食生活・肌ケア・バストケア・睡眠時間・ヘアケア・運動によれば、ミス・ユニバース・ジャパン2012の原綾子さんは、洗顔が終わった後30秒以内に化粧水をなじませてコットンパックを5分くらい毎日しているそうです。

ただ、あまり栄養を与えすぎると自分で回復する力や保湿する力がなくなってしまうという考えがあるそうで、美容液は乾燥が気になる時やスペシャルな日だけ美容液をつけるようにしているそうです。

肌年齢マイナス10歳!憧れの綾瀬はるかさんのような美肌になるスキンケア方法・食事方法とは?によれば、綾瀬はるかさんは保湿の方法もいつも同じようにするのではなく、その日の肌の調子を見ながら、化粧水を塗るそうです。

また、時間がない時でも乳液はつけるようにしているそうです。

なりたい顔NO.1森絵梨佳になる方法(スキンケア)によれば、森絵梨佳さんは化粧水を2回から3回して、肌に潤いを与えるように保湿をしているそうです。

#三吉彩花 さんの美容法|美脚・美肌・美髪になる方法まとめで紹介した2013年のブログによれば、自分に合ったスキンケア用品を使って、一週間に一回はパックをしているとコメントしています。

しっかりと保湿をすることは共通しているスキンケア方法と言えそうです。

■吉岡里帆さんの女優になる前のダイエット方法は「筋トレ・温活」

-6kgが実現♥吉岡里帆さんが取り組んでいるダイエット法って!?

(2017/5/17、With Online)

「高校に入ったあたりから太りはじめて、スカートがはけなくなったり、太ももにセルライトを発見したり……。しばらく放置していたのですが、本格的に女優を目指すにあたって、朝はフルーツに温かいミルク。昼夜は温かい野菜スープを中心の食事にチェンジ。筋トレなども行いつつ、常に身体が温かい状態を保ったところ、1年で約6kg落とすことができました」

吉岡里帆さんが女優になる前のダイエット方法は温かいミルクや野菜スープといった食事で体を温かい状態に保ち、筋トレを行うというもので、この方法で1年で6キロのダイエットを行なったそうです。

■吉岡里帆さんの2017年の体型をキープする秘訣

All Women Lifeguard Tournament 2013

by Hypnotica Studios Infinite(画像:Creative Commons)

●体型を意識する

「自分がどう映るかということは、仕事柄とても大切。

#橋本マナミ さんの美ボディーの秘訣とは?|鏡でスタイルチェック・ウォーキング|#メレンゲの気持ち #人体で紹介した橋本マナミさんのご自宅は鏡張りで、いつも裸で鏡を合わせ鏡にしながら、横のラインやバックショットをチェックしているそうです。

橋本マナミさんによれば、鏡でチェックするようになってから太らなくなったそうです。

他の有名人の方も鏡を使うなど見た目のラインで体型を維持する方法を行なっています。

モデル・マギーのスタイル管理は体重計やサイズではなく、見た目のラインでチェックするによれば、モデルのマギーさんは、スタイルのチェックは体重やサイズで管理するのではなく、見た目のラインで管理するようにしているそうです。

釈由美子さんのような美脚になるための方法とは?(2010/4/27)によれば、釈由美子さんは体重計には乗らないのだそうです。

それは、体重ではなく、「見た目の美しさ」を重視しているからなのだそうです。

ミス・ユニバース・ジャパン ファイナリストのスタイルキープのための運動方法・ボディのチェック方法

服を着る時、お風呂に入る前、入った後に自分の全身を鏡でチェックすることですね。これは、ファイナリストになってから始めたことですが、自分の体って毎日一緒にいるからこそ、なかなか変化に気づけないんですよね。なるべく客観的に自分の体を見て、どこに筋肉が必要で、どこの脂肪を落とすべきか考えることが大切だと思います。

<中略>

鏡の前で全身裸になって自分の体をよく見ること。自分の体をあまり見たくないという女性も多いと思いますが、裸になることで自分体の改善点も見えてくるし、意識も高まると思います。

毎日体重を測る習慣もよいときにはよいでしょうが、グラム単位で増えた減ったを見ると、精神的にもあまりよいようには思えません。

体重計で自分の体を把握するのではなく、自分の持っている感覚で自分の体の変化を気づけるというのはそれだけ自分の体を知っているということにつながるというのは大変参考になる意見ではないでしょうか。

【関連記事】

●温活

吉田羊さんに伺った、靴下を4枚ばきしてとにかく身体を冷やさない『冷え取り』も実行中。温めることで代謝を上げています。

とにかく冷やさないことが大切。ホットミルクやショウガ紅茶、スープなどを常に飲んでいます。

スタイル維持や美容、冷え性対策、むくみ解消のために温活をしている女性有名人の方は多いですよね。

吉岡里帆さんは、吉田羊さんから教えてもらった「冷え取り」をおこなったり、ホットミルクやショウガ紅茶、スープなどで体を冷やさないように心がけ、体を温めることで代謝を上げることを意識しているそうです。

●運動(ランニング)

大事な撮影の数日前には、朝夜の食事はプロテインに置き換えています。最近はまっているのは一駅分走って一人カラオケして、ジョギングして戻ってくることです(笑)!」

気が向いた時に、1時間ほど走っています。

運動を大切にし、ランニングをずっと続けているそうです。

ただ、注意したいのはランニングにおける準備で、道端カレン、女性がジョギングで気をつけることをアドバイスによれば、女性の胸を引き上げている「クーパーじん帯」は、ジョギングの衝撃で切れてしまい、その影響で胸が下がってしまうそうなので、しっかりとスポーツブラでガードすることが大切なのだそうです。

夏のノーブラで日本女性の胸が危ない!?によれば、クーパー靭帯とは、乳房内部で乳腺組織を支えている繊維の束で、バストの自重や揺れなどでこのクーパー靭帯に負荷がかかることが、下垂などの加齢による体型変化の要因となるそうです。

ノーブラ状態で過ごすとおっパイが大きくなる?|フランス・ブザンソン大学で紹介した大手下着メーカー、ワコールの調査結果によれば、「バストが長期にわたって揺れる状態、つまりホールド力のない下着や自分の体に合っていない下着を身に着けていると、クーパー靭帯が伸びてしまい、バストの下垂を早める原因となってしまう」そうです。

ジョギングをすると、胸が大きく揺れることによって、胸の形が崩れてしまう恐れがありますので、しっかりとスポーツブラでガードすることを心がけましょう。

吉岡里帆×成田凌が誌上初デート ar8月号インスタ動画再生回数190万回突破!(2017/7/12、共同通信ワイヤー)によれば、吉岡里帆さんと成田凌さんの超貴重な妄想カップルの動画がインスタ動画再生回数190万回突破し話題となった「ar」8月号デート特集号では、体型については健康であることを心がけ、栄養バランスよい食事を欠かさず、美容ケアも怠らないようにしているとのことです。

■吉岡里帆さんの2015年のダイエット方法は「りんごダイエット」

Apple

by Kim Siever(画像:Creative Commons)

秋、柿、好き

(2015/10/17、吉岡里帆オフィシャルブログ)

1週間、集中ダイエットです。

普段はりんごをダイエット食にしていますが秋なので柿です。

果物、ヨーグルト、野菜のお味噌汁、後の足りない栄養はサプリメントに頼ります。

吉岡里帆さんのダイエット方法は「りんごダイエット」で、秋には「柿ダイエット」をしているそうです。

食事としては、果物・ヨーグルト・野菜の入ったお味噌汁・足りない栄養素をサプリで補うというやり方です。

【りんご関連記事】




なぜダイエットをすると胸から痩せる(しぼむ)のか?理由・対策

ブログによれば、食事による集中ダイエットでやせるようにしているそうですが、運動はしているのでしょうか?

食べない系のダイエットをすると、胸から痩せてしまう傾向があります。

1.胸にある脂肪は燃焼しやすいから

太ももやお腹の脂肪は燃焼しにくく、胸の脂肪は燃焼しやすいので、胸が痩せてしまうと考えられるようです。

2.栄養不足

バストを維持するためには、胸の細胞を維持していく必要がありますが、食べない系のダイエットをすることで、栄養不足に陥ると、血液が作られないため、胸の細胞を維持できなくなることが考えられるようです。

また、胸はクーパー靭帯によって支えられていますが、このクーパー靭帯も栄養不足によって弱くなり、下垂の原因になるようです。

【関連記事】

3.女性ホルモンの分泌低下により乳腺が衰退するから

肉も魚も卵も食べない「ヴィーガン」生活を経験した女性に起きた身体の異変とは?によれば、女性ホルモン(エストロゲン)の原材料はお肉などに含まれるコレステロールなのですが、ヴィーガンの食生活ではたんぱく質を摂取しないので、そのことも生理不順(月経不順)にかかわっているものと思われます。

過度なダイエット(肉などのたんぱく質を摂取しない)をすると、女性ホルモンのもととなる栄養素がないため、女性ホルモンの分泌が減少し、乳腺がしぼむことで、胸がしぼんでしまうと考えられます。

【関連記事】

■胸をしぼませないでやせるにはどうしたら良いか?

ダイエット実験 人は胸からやせるのか!?|潜入!!リアルスコープによれば、食事ダイエットはカップ数が減少する傾向にあるのに対して、運動ダイエットはカップ数は変わらない傾向にあると言う結果が出ていました。

こうすると、運動ダイエットだけを勧めているように感じますが、運動ダイエットだけをやるよりも、やはり食事ダイエットと運動ダイエットを組み合わせて行うとダイエットとしてはより効果的です。

ただ、食事ダイエットに頼ると、胸がやせてしまい、美しくやせるという目的を果たすことができないということですよね。

ダイエット成功のため悪循環から抜け出そう|ダイエット方法ランキング はこちら

⇒ ダイエットの基礎知識 はこちら







■吉岡里帆さんプロフィール・CM・動画


吉岡里帆|A-Team.Inc

生年月日 1993.1.15

出身地 京都府

身長 158cm

趣味 猫と遊ぶ・新派観劇

特技 書道・アルトサックス

「踊る!歌う!That’s ファースト エイジングケア」篇 60秒|資生堂

エリクシール ルフレ メイキング「吉岡里帆60秒ワンカットCM、撮影の記録」|資生堂

吉岡里帆が語る「グラビアのお仕事のこと」

(2018/1/16、文春オンライン)

グラビアの仕事では戸惑いもあったそうですが、その仕事で出会った人たちとのつながりができて、あの時間がなければ今の自分はないと思うほど、感謝しているそうです。

【スムージー 関連記事】
続きを読む 水着グラビアが話題の吉岡里帆さんのナイスバディを保つダイエット方法とは?

ジョギングやマラソンなど走った衝撃でクーパー靭帯が切れて胸が垂れてしまうのをスポーツブラでしっかりとガードしよう!




【目次】

■ジョギングやマラソンなど走った衝撃でクーパー靭帯が切れて胸が垂れてしまうのをスポーツブラでしっかりとガードしよう!

2012 SFU Women's Soccer

by Simon Fraser University – University Communications(画像:Creative Commons)

篠崎愛が胸にまつわるエピソードを披露し男性陣驚愕「走ると筋が切れちゃう」

(2014/9/13、livedoorニュース)

さらに、篠崎は自身が所属するアイドルグループ「AeLL.(エール)」の活動にマラソンがあったことにも触れ「(胸を)押さえて走ったりしましたけど無理でしたね」「ここの筋っていうか、切れちゃうんですよ」と明かした。

胸を支える「クーパー靭帯」が切れないようにジョギングやマラソンをしない女性有名人の方もいらっしゃいます。

2016年4月にはフルマラソン完走を目標にランニングを始めた「NON・NO」モデルの馬場ふみかさんも2015年12月のインタビューではバストをキープするため、走らないようにしていると答えていたほどです。

→ パーフェクトボディ!「NON・NO」モデル馬場ふみかさんのスタイルキープの秘訣(食事・運動)とは? について詳しくはこちら

ミスユニバース日本代表だった宮本エリアナさんによれば、ジョギングをすると、胸が大きく揺れることによって、胸の形が崩れてしまう恐れがあるそうです。

→ ミスユニバース日本代表宮本エリアナが実践するダイエット方法|1日6食食べる・ジョギングをお勧めしない理由・100秒トレーニング|林先生が驚く初耳学 について詳しくはこちら

橋本マナミさんはジムに通ったり、夜な夜な1時間以上ウォーキングを行なっているそうですが、ジョギングはしないようにしているそうです。

ジョギングをしない理由は、胸のクーパー靭帯が切れてしまうと胸が垂れてしまうからなのだそうです。

→ #橋本マナミ さんの美ボディーの秘訣とは?|鏡でスタイルチェック・ウォーキング|#メレンゲの気持ち について詳しくはこちら

■まとめ

篠崎は「本当に気を付けようと思って」と切り出し、筋が切れた後はスポーツブラを2枚重ねにして、さらしのようなものを巻いて走ったそうだが、今度は酸欠のような状態になって走れなかったと話した。

胸が大きい女性とスポーツとの相性は悪いようで、テニスのシモーナ・アレ選手はプレーに支障が出るほど、胸が負担だと感じていたようで、胸の縮小手術を行なったほどです。

【関連記事】

道端カレン、女性がジョギングで気をつけることをアドバイスによれば、女性の胸を引き上げている「クーパーじん帯」は、ジョギングの衝撃で切れてしまい、その影響で胸が下がってしまうそうなので、しっかりとスポーツブラでガードすることが大切なのだそうです。

胸が大きな女性が好きなように運動ができるようになるためのブラができるといいですね。




→ 胸が垂れてしまう原因とは?バストの下垂を遅らせる方法 について詳しくはこちら




【関連記事】
続きを読む ジョギングやマラソンなど走った衝撃でクーパー靭帯が切れて胸が垂れてしまうのをスポーツブラでしっかりとガードしよう!