カテゴリー別アーカイブ: 女性

#石原さとみ さんの美ボディの秘訣とは?|キレイになったのにはワケがある!

Imagen Modelo

by Skeyndor Cosmética Científica(画像:Creative Commons)

> 病気・症状 > ダイエット > 芸能人・有名人・セレブのダイエット方法 > 石原さとみの美ボディの秘訣とは?|キレイになったのにはワケがある!




■健康管理のため、乾燥を防ぐために家を加湿

石原さとみ、キュートなミニスカで登場 男性の頭皮は「気にしない」

(2012/1/11、モデルプレス)

正しいヘアケアには日常生活が大きく関係するということから、健康管理について聞かれた石原さとみは、「乾燥を防ぐために家を加湿しています」とコメント。

健康管理のため、乾燥を防ぐために家を加湿しているそうです。

【関連記事】

■石原さとみさんの美ボディの秘訣はたんぱく質を摂ること

さらに「朝の現場のお弁当で、からあげではなくて玉子を選んで、少しでもたんぱく質を取るようにしています。すごく細かいですけど(笑)」と美ボディを保つ秘訣を照れながら明かした。

朝の現場のお弁当で、からあげではなくて玉子を選んで、少しでもたんぱく質を取るようにしているそうです。

健康的にやせるには「たんぱく質」が欠かせない!によれば、たんぱく質が不足すると、以下のようなことが起こることが考えられます。

  • 筋肉のもととなるたんぱく質が不足することで、筋肉量が減少し、代謝が落ち、太りやすい体になる。
  • たんぱく質が不足することで、体の熱のもととなる筋肉量が減少すると、冷えやすい体になる。(低体温冷え性
  • アミノ酸が多い良質のタンパク質は肝臓などの内臓の再生・修復に役立っているのですが、そうした体を作るもととなるたんぱく質が不足すると、肌荒れなどを起こす原因となる。

ミス・ユニバース・ジャパン候補者のスタイルキープ法&美肌の秘訣でも紹介しましたが、健康的でメリハリのある美しいボディーラインと代謝の良い体を作るためには筋肉が欠かせないのですが、筋肉を作るために、タンパク質の多い食事を増やすことを心がけているそうです。

【関連記事】

細かく言えば、鶏の唐揚げもたんぱく質なので、鶏の皮の部分・油を避けたい、もしくは卵に含まれる栄養を摂りたいということなのかもしれないですね。

肝臓の働きを高める「卵」によれば、肝臓の働きを高めるためには、タンパク質が必要なのだそうで、卵には食事からとる必要のある必須アミノ酸がバランス良く含まれているためにおすすめなのだそうです。

また、たんぱく質は、酵素の原料となってくれるので、代謝がアップし、疲れにくくなるそうです。

そして、女性に多い「低体温」ですが、熱になりやすい栄養素であるたんぱく質が不足すると、熱が生み出せず、また筋肉を作る材料も不足してしまい、体が冷えやすくなってしまいます。

女性に多い『低体温』 体冷やさぬ生活で改善

■栄養不足、運動不足で熱が生み出せない

たんぱく質が不足すると、食事後の熱産生が小さくなり、筋肉などを作る材料も不足しがちに。

運動不足だと運動で生まれる熱が減り、筋肉量も減るので基礎代謝の低い体になる。

内臓型冷え性|たけしの本当は怖い家庭の医学

●冷え性の改善・予防に役立つ食事方法

冷え症の改善・予防には、熱になりやすい栄養素であるたんぱく質を摂ることが重要。

たんぱく質を多く含むのは、肉や魚、大豆など。

たんぱく質は食べただけで体を温めてくれるそうで、四肢末端型冷え症の予防・改善には不可欠だそうです。

しかし、たんぱく質を多く摂ろうとすると、カロリーや脂質が気になるものです。

そこで、番組で紹介したのが、高タンパク低カロリー食材を使用した食事です。

1. 鶏胸肉
2. 鮭
3. 豚ひき肉(赤身)







【関連記事】

#石原さとみ さんが美容のためにしている生活習慣とは?

Make-up

by Franck Michel(画像:Creative Commons)




「石原さとみ ダイエット」などの検索ワードで検索する方がいらっしゃいますが、多くの方が石原さとみさんがキレイになった秘訣について知りたいようです。

今回は、その美しくなった秘訣を取り上げた記事を参考に、石原さとみさんが美しくなるためにどんなことを習慣づけているのかを見てみたいと思います。

■クレンジングは徹底する


女優・石原さとみさんが美容のためにしている習慣とは?

(2010/7/23、25ans)

バスルームでは、洗顔後に専用のタオルでそっと目のまわりをふいて、メイクが残っていないか最終確認するのも“クセ”。

撮影後、アイメイクは綿棒で念入りに落とすそうです。

まつげの寿命を縮める5つのNG行動とは?で取り上げましたが、もし、まつ毛美容液や育毛剤を使っているのにあまり効果がないと感じていたら、それは落とし残しのせいかもしれないそうです。

まつげに負担をかけないようにしっかりとメイクを落とす→ケアをするというのが重要なのですが、石原さとみさんの目ヂカラは健康的なまつげがポイントなのかもしれません。

 

■半身浴で体を温める

まずは42℃に設定して、TV番組がCMに入ったくらいでぬるめにします」とお湯加減にもこだわりが。

<中略>

これに加えて、時間があるときは岩盤浴でじっくりと身体を温めたりもするそう。

体を温める習慣をしている芸能人の方は多いですよね。

【芸能人と温活 関連記事】

体を温める習慣を持つことで、スタイル維持であったり、肌のコンディションを整えることができるようなので、そのことが石原さとみさんの美の秘訣なのかもしれません。

【ガッテン】毛細血管ケアで若返り!血流をアップする方法・食べ物(入浴・スキップ・シナモン)|7月13日によれば、毛細血管は全身の血管の99%を占めていて、酸素と栄養を体のすみずみまで送り届ける大切な働きをもっており、毛細血管が衰えてしまうと、皮膚に酸素や栄養がいきわたらなくなれば、シミシワといった肌のトラブルの原因となってしまいます。

毛細血管の減少や劣化を防ぐ方法は「血流UP」なのですが、血流アップする方法として紹介されているのが、「入浴」で快適な温度(41℃程度)のお湯に、5~10分程度肩まで浸かるようにする(※水分補給を忘れずに!)と、血流が8%アップするそうです。

半身浴を週3回以上継続するとエネルギー代謝が高まる!|おすすめの温度は40℃!|#この差によれば、2016年11月22日放送の「この差って何ですか」(TBS系)では、「半身浴の温度の差」が取り上げられました。

38℃・39℃・40℃のお湯で半身浴をすることによって血流が変化するかを比較するという実験を行ないました。

実験によれば、最も効果的な温度だったのは「40℃」!

38℃・39℃の時と比較すると、大幅に血流量がアップするという結果になりました。

もう1つ違いが出たのは、「湯冷めの時間」。

38℃では20分後、39℃では25分後に湯冷めしましたが、40℃では50分が経過しても湯冷めしにくいことがわかりました。

■野菜を充分にとれているかを意識する。

「あれを食べなきゃ、これは食べたらダメ、など制限はしていません。ただ、ベトナム料理などの野菜たっぷりのアジアの料理が好きですし、一日のなかで、野菜を充分摂れているかは意識しているかもしれません。野菜好きですし。そして食後はスウィーツよりはフルーツが好きなんです」。

食事に制限はしていないものの、野菜が充分にとれているかは意識しているそうです。

いろんなことをやろうとすると続きにくいものですが、野菜が充分とれているかということに意識すれば、自然とバランスよい食事になるのではないでしょうか。

肌年齢マイナス10歳!憧れの綾瀬はるかさんのような美肌になるスキンケア方法・食事方法とは?によれば、美肌の秘訣として、旬な野菜を摂ったり、100%フルーツジュースを飲むようにしているそうです。

ビタミンCでアンチエイジング|ビタミンCが老化防止に役立つによれば、ビタミンCにはしみやそばかすなどの原因となるメラニンの生成を抑制する働きがあるそうです。

また、ビタミンCはコラーゲンの生成を促進してくれるそうです。

シミ・そばかす・ニキビ・乾燥肌など肌のトラブルや肌の老化防止にビタミンCは役立ちそうです。

実家暮らしのため、食卓に季節のものがのぼることも多く、自然に旬のものを美味しく食べるようになっているというのも食における美人グセ。

旬のものを取り入れるということも体を冷やさないためには欠かせない習慣と言えそうです。

胃が痛いときにはハチミツミルクや、日頃から「青汁」を飲むことは習慣になっているのだとか。「お湯に濃いめに溶いて、お茶のようにして飲むのがいいんです。美味しいし、身体も冷えないし」。

ここでも「身体を冷やさない」ことがでてきましたね。

 

■ストレス解消

胃が痛い時にはホットミルク。これは絶対です。オリゴ糖かハチミツで甘さを足して飲むとほっとします」。

「心の中身を携帯電話にメモ」するというもの。

<中略>
目的は、たくさんの仕事や作品をこなすなかで、混乱しないよう、頭のなかを常にスッキリさせること、また自分を客観的に見ることでストレス解消の手助けになることも。」

自分自身の身体の体調管理、心の体調管理をするための方法をもつことがキレイの秘訣なのかもしれません。

【関連記事】

【追記(2015/10/16)】

石原さとみがくびれで悩殺! 柔らか“美ボディ”披露

(2010/5/26、オリコン)

「美に関してはまるで無頓着だった」という石原が今回初めて自身の体と向き合い、加圧トレーニングやエステ、ヨガに挑戦。写真集でも見せたことがないというウエストラインを公開した。

2010年より以前は美に対して意識をしていなかったようです。

「腕や太ももが好きじゃなくて、今まで自分の体を鏡で真剣に見ることもなかった」という石原だが、「コンプレックスと向きあうことこそが、美ボディへの一歩と教えられました」と今回の企画を機に一念発起。食事などにも気を配り体の内側からも整えるなど、春から“美ボディ”を目指して奮闘し、見事なくびれを手に入れた。

腕や太ももといった体の部分にコンプレックスを抱えていたそうですが、コンプレックスと向き合い、食事を改善したことによって、美しさを手に入れているようです。

自分がやりたいことを実現させるには?|石原さとみさんと向井理さんのインタビューから感じたこと(2014/11/24)によれば、石原さとみさんが変わったといわれるようになったそのきっかけは4年前(2010年)に行った1か月の語学留学だったそうです。

石原さとみさんは、自分自身で何かを決めていくということを経験し、自分でプロデュースすることの楽しさを感じたことがきっかけで、生き方が変わったそうです。

2010年がターニングポイントの年だったということですね。

【関連記事】







【#プレ花嫁】結婚式前のダイエット、プレッシャーが重いほどリバウンドも大きい

WEDDING

by Chris Photography(王權)(画像:Creative Commons)




■【プレ花嫁】結婚式前のダイエット、プレッシャーが重いほどリバウンドも大きい

結婚式前のダイエット、プレッシャーが重いほどリバウンドも大きい

(2011/10/13、女性のためのビューティーナビニュース)

結婚式に向けてダイエットに励む女性は多いが、痩せなければいけないというプレッシャーが強いほど式後のリバウンドが大きいことが、新たな調査で明らかになった。

この調査結果は、オーストラリア南オーストラリア州にあるフリンダース大学のIvanka Prichard博士が、学術専門誌「Body Image」で発表したもの。

フリンダース大学の調査によれば、結婚式前にダイエットにおいて、やせなければならないというプレッシャーが大きいほど、その後のリバウンドが大きいという調査結果が出たそうです。

Prichard博士は約350人の新婦を対象に、結婚式の前と6か月後の調査を行った。

すると半数以上の新婦が結婚式までに痩せたいと回答し、そのうち半数近くが平均で9キロ落としたいと答えた。

実際にダイエットに成功した新婦は全体のおよそ半数で、1-2キロ痩せるケースが多かったという。

しかし結婚式前のダイエットのプレッシャーを重く感じていた新婦はリバウンドの反動が大きく、6か月後には平均で2.14キロ体重が増加していた。

Prichard博士は、厳しい食事制限やエクササイズからの解放感が原因と指摘。

厳しいダイエットからの解放感からリバウンドしてしまうようですね。

【関連記事】

短期間ダイエットをした人の78%が一定期間に体重を15%落とすという目標を達成できたのに対し、より長い期間のダイエットを実行した人で同じ目標に届いたのは48%だった。

一定期間に体重を○kg落とすという目標である場合には、ヤル気が継続するため、短期集中ダイエットのほうが成功しやすいようです。

しかし、この場合、健康的にダイエットするという条件がついていないため、リバウンドするおそれがあるのかもしれません。
加藤あい、ダイエットの目標は体重を減らすことではないと気づく

忙しくて食欲も撃退してトレーニングも来れなくて

体重計ではかなり落ちたそうだ。

お腹は確かにペタンコ!!だけど何か違う・・・

張りのないペタンコで、ただ痩せただけの感じ。

締りを感じられない・・・・・

体重はあってもトレーニングしてる時の方が身体に張りがあった。

と自分で感じたそうだ。

ダイエットの目標は体重を減らすことではなく、見た目の美しさや体の張りなど総合したものをみないといけないのではないでしょうか。
美の基準は一つではなく、健康の上にしか成り立たない。とおもいます。

⇒ あなたにあった ダイエット 方法の選び方 はこちら

ダイエットの基礎知識 はこちら

ダイエット方法ランキングはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ダイエット方法ランキング







日本人女性の7割は自分の脚にコンプレックスを抱えている!?

Legs

by Funk Dooby(画像:Creative Commons)




【目次】

■日本人女性の7割は自分の脚がコンプレックス!?

7割は自分の脚が嫌!? 驚くべき日本人女性の「体」悩み実態

(2012/2/27、美レンジャー)

『スリムウォーク』シリーズを発売しているピップ株式会社が、日本・韓国・中国の働く女性990人の美脚意識を分析したところ、日本人女性は他の2ヶ国の女性と比較して、“脚に対するコンプレックスが非常に大きい”ことが判明しました。

アンケート結果から、日本人女性は68.2%(自信がない・・・ 35.2%、まったく自信がない・・・33.0%)と回答。

対して、韓国人女性は49.7%(自信がない・・・35.8%、まったく自信がない・・・13.9%)、さらに中国は30.9%(自信がない・・・ 26.4%、まったく自信がない・・・4.5%)との結果が出ました。

日本人女性は韓国や中国の女性に比べて、脚に自信がないそうです。

なぜ日本人女性が2カ国に比べて脚に自信がないのでしょうか。

何か日本人女性特有の問題があるのかもしれません。

■下半身を引き締めるためにエクササイズの継続は難しい!?

「自分の体型に満足」な女性は0%、下半身に悩みによれば、

「自分の体型で、気になっている部分(複数回答)」を調べたところ、「太もも」が71.0%、「腰まわり」が70.7%、「ヒップ」が58.7%

と、下半身に悩みが集中しています。

下半身を引き締めるためにエクササイズをしているもののその継続は難しいようです。

「気になる部位」を改善するためのエクササイズをしているかでは、「毎日している」4.0%、「時々している」52.0%となんらかのエクササイズをしている人は半数を超えていた。

ただ、エクササイズをする際に継続が難しい理由(複数回答)として「気力がない」が69.3%と7割近くの人が挙げており、「やる気」が重要な要素であることもわかった。「適切な方法がわからない」も半数近くいた。

これは、下半身のエクササイズのやり方がよくわからないだけでなく、下半身のエクササイズは継続するのが難しい理由があるようです。

目に見えて結果が出づらい(わかりづらい)ということがあるために後回しになっているのかもしれません。

■美脚を妨げる要因とは

整形外科医/スポーツドクターの中村格子先生によると、そもそも、美脚を妨げる2大要因は、“むくみと筋肉不足”だそう。

脚の血行不良やリンパが停滞することによって、むくみが生じてしまいます。また、脚やおしりの筋肉量が不足することによって、疲れやすくなったり、メリハリがなくなってしまうことにもなるのです。

美脚を妨げる2つの要因は、「むくみ」と「筋肉不足」なのだそうです。

実際、「むくみ」は冷えによって起こると言われており、また筋肉不足は冷えの原因の一つでもあります。

脚への悩みの局在は1位:冷え、2位:乾燥、3位:むくみ、4位:太さ、5位:たるみの順に多く、それらが日本人女性の脚の悩みへの元凶であることがうかがえます。

もしかすると、日本人女性が脚に対するコンプレックスがあるのは「冷え」「低体温」が関係しているのかもしれません。

エリカ・アンギャル、日本女性が改善すべき点とは、冷え性と睡眠障害

日本女性に特有な悩みが、冷えのようです。

確かに、海外の健康サイトには、「冷え性」というキーワードに当たる言葉がないように思います。

食事を改善やお風呂、運動、サプリメントなど冷えを改善することで、血行が良くなれば、顔色も良くなり、よりきれいに近づくはずですね。

半袖外国人の謎|日本人より欧米人は体温が高い?「ミトコンドリア」「筋肉量」がキーワード

なぜ日本人より欧米人のほうが体温が高いのでしょうか。

それは、熱を発生させる筋肉量の違いです。

細胞の中にあるミトコンドリアが熱を発生させているのですが、筋肉量が多ければ、ミトコンドリアの数も多くなり、それにともなって体温が上昇すると考えられるそうです。

つまり、欧米人は、筋肉量が多いため、恒常的に高い体温を維持しているため、寒い日本でも半袖の人が多いというわけなんです。

反対に、日本人の平均体温は低体温化しているようです。

日本人の体温が下がった理由とはで紹介した石原結實さん著書「体温力」によれば、50年で日本人の体温は1度低下しているそうです。

たるみ解消・EMCL・スロトレ|ためしてガッテン 10月19日でも取り上げていましたが、最近10年間の日本人女性の変化をみてみると、痩せ型の割合はおよそ3%増加しているのですが、一日の平均歩数は800歩減少しているそうです。

本来であれば、歩いている歩数が減っているのであれば、太らなければいけないのに、やせているということは、日本人の女性は運動もしないし、また無理なダイエット(食事制限)によって、筋肉の材料となるたんぱく質(特に重要なのがアミノ酸)を含む食べ物も充分に食べていないので、たんぱく質が不足し、低体温を生んでいると考えられるのです。

日本人の女性の生活習慣そのものが「冷え」「低体温」をもたらし、美脚を妨げているのかもしれませんね。

体を温める生活習慣(食事・運動)で美脚になりましょう!

→ 脚やせ(足痩せ)方法まとめ|エクササイズ(運動)・ストレッチ・マッサージ について詳しくはこちら

体温を上げる方法 についてはこちら

低体温の改善・原因・症状 についてはこちら

冷え性改善方法 についてはこちら







【美脚関連記事】

P.S.

なぜ、ミネラル・ビタミンが不足すると、低体温になってしまうのか?

また、私たちは、食べ物に含まれる糖質からエネルギーや熱を作り、体温を保っています。

体内で糖質をエネルギーに変える時に必要なのが、亜鉛・マグネシウム・鉄・セレンなどのミネラルとビタミンです。

しかし、ミネラル・ビタミンが不足してしまうと、食べ物からエネルギーや熱を作ることができず、体温が上がらなくなり、低体温になってしまうのです。

P.P.S.

腕組みウォーキングで下半身太り解消ダイエット

ひざを曲げた状態で歩いている人は、かかとから足をおろしていないため、足音が1つしか聞こえません。

多くの女性が膝を曲げた状態で歩いているようです。

そのため、下半身が鍛えられており、いわゆる「大根足」になってしまうのだとか。

体幹を意識して歩くようになれば、足の力に頼らずにすむため、下半身の筋肉太りが改善されるそうです。

「所得と生活習慣等に関する状況」のグラフから見えてくるもの|厚生労働省調査

画像

参考画像:厚生労働省の調査による、金持ちとそうで無い人の生活習慣の違いが面白い




■「所得と生活習慣等に関する状況」のグラフから見えてくるもの|厚生労働省調査

1.喫煙率

smoke

by Juan Feer(画像:Creative Commons)

性別を問わず、年収が高いと喫煙率は低い、もしくは喫煙率が低いと年収が高いといえそうです。

年収が高い人は健康を気にしているため喫煙率が低いのか、それとも年収が高くなるにつれて、タバコを数時間がなくなってしまうのかもしれません。

【関連記事】

 

2.肥満率

I need a shave

by Leo Hidalgo(画像:Creative Commons)

肥満率に関しては、男性と女性でグラフに大きな違いが出ています。

男性の肥満は年収に影響を与えないのに対し、女性は肥満率が低くなるほど年収が高くなる、もしくは年収が高いほど肥満率が低いといえます。

「太っている女子」より「ヤセている女子」のほうが収入が高いでも紹介しましたが、体重が重い女子より、軽い女子がより多くの収入を得ているという結果が出ています。

女性においては、外見の魅力と収入に大きな関係があるといえそうです。

【関連記事】

3.朝食欠食

DSC05782

by Meg Stewart(画像:Creative Commons)

性別に関係なく、朝食を食べる習慣を持つ人ほど年収が高い、もしくは、年収が高い人ほど朝食を食べる習慣を持っているといえます。

これは、年収が高い人は結婚している率が高く、結婚していると朝食を食べる習慣を持ちやすいのかもしれませんし、また、年収が高い人は朝食を食べる重要性を認識しているために朝食を食べているのかもしれません。

ちなみに、体内時計 ダイエット|たけしの家庭の医学 5月25日によれば、脳の体内時計をリセットする方法が「朝日」であり、内臓の体内時計をリセットする方法が「朝食(特にたんぱく質)」なのだそうです。

【関連記事】

 

4.運動習慣なし

Wholyfit fitness program provides faith-based alternative to yoga

by Fort George G. Meade Public Affairs Office(画像:Creative Commons)

性別を問わず、運動習慣がある人ほど年収が高い、もしくは、年収が高い人ほど運動習慣を持っているといえます。

起業家の成功の秘訣は「睡眠、食事、運動」によれば、会社を経営している起業家には運動する習慣を持っている人が多いそうです。

それは、運動による健康効果を十分に理解し、感じているからなのかもしれません。

【関連記事】

運動を続けるとストレスに強くなる?その科学的根拠とは?

数週間運動を続けると、ストレス耐性に効果があると考えられるということ。

ただし、短期間では成果ができるものではないということ。

できるビジネスマンが運動を生活習慣の一部に取り入れているのは、体力づくりや健康のためだけでなく、こういうこともあるのかもしれませんね。

たとえば、日本マクドナルド・原田社長は、毎朝10.5キロのジョギングが日課で、週末は自転車100キロ走るそうです。

【参考記事】

「ON、OFFのけじめが、クレージーな発想を生む」/日本マクドナルド・原田社長(2009/11/12、プレジデント)

仕事ができる人の多くは、運動する習慣をもっている印象があります。

家庭でのことや仕事のことでストレスを抱えている人は、運動を続けてみてはいかがでしょうか。

長時間イスに座っているのは、健康に良くないらしい

長時間椅子に座るような仕事をしていては、健康を損なってしまうという記事ですね。

せっかく毎朝ジョギングしたり、ジムに通うという健康的な習慣をもっていても、その効果が長時間座ってしまう習慣を持つことで相殺されてしまいかねないということです。

この記事によれば、長時間座る習慣を続けていると、

肥満糖尿病、心臓病、ガンなどのリスクが高まる

ウエストが太くなる

血圧や血糖値の数値が悪くなる

そうです。

 

5.飲酒

Vuodku budieš

by Petr Meissner(画像:Creative Commons)

男性の方が特徴的ですが、年収が高い人ほどお酒を飲むようです。

お酒を飲む機会が多いからなのかもしれません。

ただ、運動量が多い人の脳は、アルコールによるダメージが小さい!?にもあるように、年収が高い人は運動する習慣を持っているため、アルコールによる脳へのダメージが小さいのかもしれません。

女性は、男性に比べてアルコールの影響を受けやすいので注意が必要です。

【関連記事】

女性は男性より肝臓へのリスクなどアルコールの影響を受けやすい。

女性は男性よりも体も肝臓も小さいことから、血中アルコール濃度は男性よりも女性のほうが高くなり、また、女性ホルモンにはアルコールの分解を抑える作用があるともいわれているため、女性は男性よりもアルコールの適量は少なくしたほうが良いようです。

 

6.睡眠の質が悪い

sleeping worker

by reynermedia(画像:Creative Commons)

このグラフは女性の方が特徴的で、年収が高い人ほど睡眠の質が良い傾向にあります。

女性が長い睡眠時間を必要とする理由は「脳」にあった!?によれば、睡眠の主な役割は「脳の回復と修復」であり、女性は男性と比較すると脳の使い方がマルチタスクであるため、脳を回復させるためにも長い睡眠が必要になるそうです。

年収が高い女性ほど睡眠の重要性を認識しているのかもしれません。

【関連記事】

 

7.野菜摂取量

salad

by stu_spivack(画像:Creative Commons)

男女問わず、年収が高い人ほど野菜摂取量が多い、もしくは、野菜摂取量が多い人ほど年収が高いといえます。

低収入ほど野菜不足-厚労省栄養調査で紹介した厚生労働省が発表した2011年の国民健康・栄養調査によれば、低収入ほど野菜の摂取量が不足しているという結果が出たそうです。

また、低所得者ほど生活習慣に問題=野菜食べず、運動しないという記事によれば、低所得者ほど野菜を食べる量が少なかったり、運動の習慣がなかったりと、生活習慣に問題がある傾向があることがわかったそうです。

#健康格差 とは|所得や学歴など社会経済的な地位が低いと不健康が多くなる!?#健康格差 は収入・学歴などが要因?|WHO、社会的・経済的な格差が健康の格差を生んでいるでも取り上げましたが、社会的・経済的な格差が健康の格差を生んでいるということがWHOでも一つの問題として注目されているようです。

【関連記事】

 

■まとめ

FINISH: The Paul Robinson Run For Rio 1 Mile Road Race - Kilcock - 17th March 2015

by Peter Mooney(画像:Creative Commons)

年収と生活習慣には大きな関係があることがわかると思います。

自分がどんな生活習慣を選択するかによって、年収が変わってくるということですね。

何か一つ習慣を変えれば、その他の習慣にも影響を与えるということがわかっています。

すべてを変えようとすると難しいと思うかもしれません。

この中の一つの習慣を変えることにフォーカスを当ててやってみましょう。