タグ別アーカイブ: 仮想通貨

仮想通貨業界一覧|仮想通貨交換業登録企業・みなし仮想通貨交換業者・今後参入が噂される企業

【目次】




■仮想通貨業界一覧|仮想通貨交換業登録企業・みなし仮想通貨交換業者・今後参入が噂される企業

Bitcoin

by Gusture(画像:Creative Commons)

●仮想通貨交換業者登録企業(16社)

【参考リンク】




●みなし仮想通貨交換業者

  • みんなのビットコイン
  • Payward Japan
  • バイクリメンツ
  • CAMPFIRE → FIREX
  • 東京ゲートウェイ
  • LastRoots
  • deBit
  • エターナルリンク
  • FSHO
  • 来夢
  • ビットステーション
  • ブルードリームジャパン
  • ミスターエクスチェンジ
  • BMEX
  • bitExpress

【参考】資金決済に関する法律(抄)

第 63 条の 15 第1項

内閣総理大臣は、仮想通貨交換業の適正かつ確実な遂行のために必要があると認めるときは、仮想通貨交換業者に対し当該仮想通貨交換業者の業務若しくは財産に関し参考となるべき報告若しくは資料の提出を命じ、又は当該職員に当該仮想通貨交換業者の営業所その他の施設に立ち入らせ、その業務若しくは財産の状況に関して質問させ、若しくは帳簿書類その他の物件を検査させることができる。

【参考リンク】

●今後の参入予定企業

【関連記事】

【参考リンク】

■仮想通貨交換業とは?

「仮想通貨」を利用する前に知ってほしいこと。平成29年4月から、「仮想通貨交換業(仮想通貨交換サービス)」に関する新しい制度が開始されました

(2017/7/22、政府広報オンライン)

資金決済法において、仮想通貨交換業とは、「仮想通貨と法定通貨または仮想通貨同士の交換(交換の媒介、取次等を含みます。)」や「交換に際して利用者の金銭・仮想通貨を管理する業務」をいいます。

利用者が仮想通貨を入手したり換金したりするときには、インターネット上の「交換所」や「取引所」と呼ばれる業者を利用するのが一般的です。このような業者のサービスは「仮想通貨交換業」として、平成29年4月1日から資金決済法上の規制の対象となります。

仮想通貨交換業とは、仮想通貨を入手したり換金する際に利用する「交換所」や「取引所」のサービスで、2017年4月に施行された改正資金決済法で新たに規定されています。




■ビットコイン・ブロックチェーン 初心者向け用語集




「バフェット氏、仮想通貨『悪い結末を迎える』」について考えてみた




「バフェット氏、仮想通貨『悪い結末を迎える』」について考えてみた

Medal of Freedom Ceremony

by Medill DC(画像:Creative Commons)

バフェット氏、仮想通貨「悪い結末迎える」

(2018/1/11、WSJ)

バフェット氏は10日のCNBCテレビのインタビューで「仮想通貨はおおむね悪い結末を迎えると、私はほぼ確信を持って言える」と話した。

 さらに「それがいつどのように起きるかは分からないが、長期のプット(売る権利)が購入できれば、全ての仮想通貨について期間5年のプットを購入できるとすれば、喜んでそうするだろう」と続けた。

投資会社バークシャー・ハザウェイ(Berkshire Hathaway)を率いるウォーレン・バフェット(Warren Buffett)さんはCNBCのインタビューで仮想通貨についてコメントしました。

バフェットさんは仮想通貨について関心がなく、仮想通貨の「ポジションを建てたことは一切ない」としたものの、ビジネススクールの学生からの質問もビットコインが質問の的になるだろうと考えていて、仮想通貨が最新の注目分野であることは否定しなったそうです。

【関連記事】

このニュースで気になったのは、バフェットさんは仮想通貨についてどの程度理解をしているのかという点です。

バフェットさんといえば、「あなたのように賢くなるためにはどうしたらよいか?」と尋ねられた際に、「毎日500ページ読みなさい。そうやって知識が築き上げられる。」と返すほどの読書家です。

The Warren Buffett formula: How you can get smarter

(2013/9/6、the week)

When asked how to get smarter, Buffett once held up stacks of paper and said he “read 500 pages like this every day. That’s how knowledge builds up, like compound interest.”

日本経済新聞の記事によれば、バフェットさんは「理解できないものには投資しない」というのが信条なのだそうです。

仮想通貨「悪い結末迎えるのは確実」 バフェット氏

(2018/1/11、日本経済新聞)

「理解できないものには投資しない」が信条で、IT(情報技術)バブル期にもIT関連株を購入することを手控えていた。

バフェット氏、アップル株保有2倍に

(2017/2/28、日本経済新聞)

米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏は27日、米経済テレビCNBCに出演し、アップル株の保有分を昨年末比で2倍あまりに増やしたことを明らかにした。

ITバブル期にIT関連株を購入することを手控えていたバフェットさんはIT株に投資しないというわけでもないわけですから、つまり、これだけの読書家であるバフェットさんが(バフェットさんほどの勉強家でない)私よりも理解できないというのは考えづらいため、そもそも興味がないのか(バークシャー・ハザウェイは関心があるかどうかはわかりませんが)、それとも、実感したり、理解したタイミングで投資を行うのかもしれません。

大事なことは、投資において、未来の価値よりも現在価値が安く見積もられているという理由がわかることが重要なのだと思います。

仮想通貨の実際の活用方法としては「決済」での利用が考えられていますが、トランザクションコストがかかりすぎり現状を考えると、興味深いテクノロジーだとは感じていても、一般に普及するのは難しいと考えても不思議ではありません。

ただ、それがわかったとすれば、ものすごいチャンスになるでしょう。

「Airbnb Story」(著:リー・ギャラガー)では、エアビーアンドビーの共同創業者件CEOのブランアン・チェスキーさんがバフェットさんから学んだことを紹介しています。

Airbnb Story 大胆なアイデアを生み、困難を乗り越え、超人気サービスをつくる方法

新品価格
¥1,944から
(2018/1/11 09:18時点)

バフェットの一番大切な教えは、雑音に惑わされるなということだ。「バフェットはオマハのど真ん中に腰を据えている。そこには株式市場もマスコミもない。一日中なにかを読んで過ごしてる。ミーティングはせいぜい一日に一度くらいで、考えることに時間を費やしている」とチェスキーは語っている。

社名に「#ブロックチェーン(#Blockchain)」を加えた企業の株価が急上昇・急降下している!?株式投資をする際には注意!によれば、社名に「ブロックチェーン」を加えた企業の株価が急上昇したり、急降下したりと話題になっていますが、バフェットさんの教えを参考にすれば、雑音に惑わされているのかもしれません。

波に乗り遅れまいとする行動によって、誤った決断をしてしまう人も出てくるでしょう。

仮想通貨やブロックチェーンの普及は始まったばかりですから、焦ることなく、バフェットさんの教えのように、一度雑音がない環境でテクノロジーの未来について考えてみるのもいいのではないでしょうか?

→ #ブロックチェーン とは?#BLOCKCHAIN について簡単にわかりやすく!オススメ解説動画・本【初心者向け用語集】 について詳しくはこちら







【ビットコイン・ブロックチェーン 初心者向け用語集】

【ビットコイン・ブロックチェーン 関連記事】

【バークシャーハザウェイ 関連記事】

LINE、LINE Financial設立|「LINE Pay」に続き、保険、ローン、仮想通貨(暗号通貨)などの金融事業領域をさらに強化|LINE証券設立

【目次】




■LINE、LINE Financial設立|「LINE Pay」に続き、保険、ローン、仮想通貨(暗号通貨)などの金融事業領域をさらに強化

参考画像:【コーポレート】新会社「LINE Financial株式会社」設立のお知らせ(2018/1/31、LINE)|スクリーンショット

【コーポレート】新会社「LINE Financial株式会社」設立のお知らせ

(2018/1/31、LINE)

LINEでは、昨年、「LINE Pay」の全世界での年間取引高が4,500億円を突破、登録ユーザー数も4,000万人を達成するなど、大きく拡大をしました。

今後、本新会社をベースとし、「LINE」上で仮想通貨交換や取引所、ローン、保険といった、様々な金融関連のサービスを提供する準備を進めており、さらなる金融事業の拡大を行ってまいります。

LINEはモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」に続き、金融事業領域をさらに強化すべく、新会社「LINE Financial株式会社」を設立し、仮想通貨交換や取引所、ローン、保険といった様々な金融事業の拡大を行なっていき、将来のキャッシュレス・ウォレットレス社会を見据え、フィンテックの世界をリードする存在を目指すそうです。

なお、仮想通貨事業関連に関しては、既に金融庁への仮想通貨交換業者登録のための手続きを開始しており、審査中なのだそうです。




■LINE証券設立

■ミレニアル世代・スマホネイティブ世代に最適なUI/UXがポイント?

健康管理UXをいかに編集してわかりやすくできるか?|#ドラクエ におけるレベルデザインを象徴するアイコン「橋」を参考にしてみよう!LEMONADE|保険ビジネスにAIと行動経済学を活用したINSURTECHスタートアップで取り上げたInsurTechスタートアップ Lemonade、「スマホ証券会社」のRobinhood、「スマホ送金アプリ」のVenmoに共通するのは「スマホに最適化されたUI/UX」がミレニアル世代を惹きつけていると考えられます。

2007年にiPhoneが誕生してから、最初に持った携帯電話がスマホという世代がどんどん増えてくる中、#メルカリ、#メルペイ を通じて仮想通貨交換業登録を2018年中にも|仮想通貨交換業とは?と同様に、スマホネイティブ世代・ミレニアル世代にとって最適なUI/UXの金融関連サービスを提供できるかどうかがポイントになるのではないでしょうか。







【関連記事】

【キャッシュレス社会への意識調査 関連記事】

Facebook、バイナリーオプション・ICO・仮想通貨(暗号通貨)の広告を禁止|ザッカーバーグさんの新年の投稿と関係はないの?

【目次】




■Facebook、バイナリーオプション・ICO・仮想通貨(暗号通貨)の広告を禁止

参考画像:Facebook スクリーンショット

Facebook is banning cryptocurrency and ICO ads

(2018/1/30、TechCrunch)

Facebook has a new advertising policy pertaining to cryptocurrency, binary options and initial coin offerings. The policy specifically prohibits ads that promote those types of products and services “that are frequently associated with misleading or deceptive practices,” Facebook Product Management Director Rob Leathern wrote in a blog post today.

Facebook(フェイスブック)は、バイナリーオプション・ICO・仮想通貨(暗号通貨)など、誤解を招いたり、欺瞞的な宣伝活動に頻繁に関連する金融商品およびサービスを宣伝してはならないと、広告ポリシーの禁止コンテンツに追加しました。

Instagramでも同様に禁止されます。

例として、次のような広告が挙げられています。

“今すぐバイナリオプション取引をスタートして、10リスクの無料トレードボーナスを受け取ろう!”

”「世界の誰にでも即座に支払うことができる、リスクのない仮想通貨の詳細については、こちらをクリック!”

“新しいICO! 今すぐ15%割引でトークンを購入!

“あなたの退職資金を使ってBitcoinを購入しよう!”

【参考リンク】




■ザッカーバーグさんの新年の投稿と関係はないの?

マーク・ザッカーバーグ、#仮想通貨 を #Facebook のサービスにどう活用できるか研究したいで紹介したFacebookのCEOマークザッカーバーグさんが2018年1月5日に投稿した新年の抱負では、テクノロジーの世界での問題として、中央集権と非中央集権の問題を取り上げ、そのトレンドに立ち向かう暗号化技術と暗号通貨(仮想通貨)に関心を持っており、フェイスブックのサービスにどのように活用できるか研究したいとしています。

今回の新しい広告ポリシーの件とマーク・ザッカーバーグさんの仮想通貨に対する関心とどのように関係するのか気になるところです。







■ビットコイン・ブロックチェーン 初心者向け用語集

【関連記事】

暗号化メッセージアプリ「Telegram(テレグラム)」が仮想通貨史上最大のICO実施へ|ブロックチェーンプラットフォーム「TON」立ち上げ

【目次】




■暗号化メッセージアプリ「Telegram(テレグラム)」がICO実施へ|ブロックチェーンプラットフォーム「TON」立ち上げ

参考画像:Telegram|App Store|スクリーンショット

2億人のチャットアプリ「テレグラム」が仮想通貨史上最大のICO実施へ 来年3月までに数千億円調達し次世代ブロックチェーン立ち上げ

(2018/1/9、Cointelegraph)

同プラットフォームは「オープンネットワーク」または「テレグラム・オープンネットワーク(TON)」と呼ばれる予定で、次世代のブロックチェーン技術を採用しているという。また、TON上の仮想通貨(またはトークン)である「グラム(GRAM)」も発行する。

世界で2億人以上が使用しているチャットアプリ「テレグラム」がICOを実施し、調達額は数千億円規模ともいわれています。

ICOとは、簡単にわかりやすく言うと、仮想通貨技術を使った資金調達です。

Telegram plans multi-billion dollar ICO for chat cryptocurrency(2018/1/8、TechCrunch)で紹介されているホワイトペーパーでは4つのステージのプランが挙げられています。

「TON Services」は、分散化アプリケーションやスマートコントラクトのためのフレンドリーインターフェースを可能にするサードパーティサービスのためのプラットフォームになります。

「TON DNS」は、アカウント、スマートコントラクトサービス、ネットワークノードに人が読める名前を割り当てるサービスです。

「TON Payments」は、マイクロペイメントのプラットフォームです。

「TON Blockchain」は、マスターチェーンと2つのパワーを持つ92のブロックチェーンで構成されます。その最も顕著な側面は、スケーラビリティを達成するために「無限シャーディングパラダイム」を持つことです。

「TON Blockchain」は、「負荷の変化に対応するために自動的に分割して結合(合併・併合)する」ことができるようにすることを目指しています。

テレグラムが目指すのは、既存のユーザーベースを基に、アプリ内での送金や少額決済など新たな仮想通貨経済圏を作り出すことにあるそうです。

【追記(2018/2/18)】

Telegram has raised an initial $850M for its billion-dollar ICO

(2018/2/16、TechCrunch)

It looks like Telegram’s billion-dollar ICO has reached its first milestone after the chat app company raised an initial $850 million, according to a filing.

テレグラムはICOにより8億5000万ドルを調達したそうです。

Secretive messaging app Telegram is selling a $2 billion crypto dream — but skeptics smell a ‘ploy’

(2018/2/15、CNBC)

Telegram is raising up to $2 billion to develop a messaging and commerce platform on a new blockchain.

Tech investors are split on whether the investment is a can’t-miss opportunity or the scam of the decade.

テレグラムは最大20億ドルの資金調達を行なっており、投資家の中では、10年に一度の逃すことのできない投資機会か詐欺かに意見が分かれているようです。




■Telegram(テレグラム)とはどんなアプリ?

ところで、Telegram(テレグラム)とはどんなアプリなのでしょうか?

「200億ドルでも売却しない」-暗号化メッセージのテレグラム創業者

(2017/12/14、Bloomberg)

テレグラムは相手の名前や電話番号を知らなくても通信が可能。多くの人がそれぞれ違う基本ソフト(OS)を使っていてもチャットやさまざまな種類のファイルを共有できる。イランの4000万を含む全世界で約1億8000万のユーザーを抱え、ユーザー数は1日50万ずつ増えているという。

テレグラムは、ロシア最大のソーシャルネットワークだったVKを売却した創設者パベル・ドゥーロフ(Pavel Durov)によって手掛けられたもので、暗号化技術とプライバシー保護を主眼におくチャットアプリとして急成長しているそうで、仮想通貨コミュニティによって愛用されているそうです。

マーク・ザッカーバーグ、#仮想通貨 を #FACEBOOK のサービスにどう活用できるか研究したいによれば、マークザッカーバーグが暗号化技術と暗号通貨(仮想通貨)に関心を持っており、フェイスブックのサービスにどのように活用できるか研究したいとしていましたが、もしかすると、テレグラムが影響を与えているのかもしれません。

■スケーラビリティ問題にどう取り組むのか?

ただ問題もあるようです。

だが主要仮想通貨で成長の足かせになってきたスケーラビリティ問題にどう取り組むのだろうか。世界中の優秀なエンジニアが開発を進めるイーサリアムでさえ、本格的に処理能力を向上させ拡張していくためには数年かかるのではといわれている。

「Ethereum(イーサリアム)」の共同創設者ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)さんも「拡張性・プライバシー・効率化」の問題を解決する必要があると述べています。

ビットコインに次ぐ仮想通貨「イーサ」生みの親が語る、ブロックチェーンの理想

(2017/3/7、Forbes)

ブロックチェーンは「全コンピュータの全取引をネットワーク処理しなければならない」という特性を持つため、拡張性の問題を度々指摘されてきた。ブテリン自身も、今後の焦点に「拡張性・プライバシー・効率化」をあげており、幅広い産業にブロックチェーンを導入できるだけの拡張性向上が期待されている。

もう一つ気になるのが、「プラットフォーム」という考え方です。

プラットフォームの考え方は実に中央集権的です。

ビットコインを代表とする暗号通貨(仮想通貨)やブロックチェーンテクノロジーの中には「非中央集権化」というDNAが引き継がれています。

#ブロックチェーン とは?#BLOCKCHAIN について簡単にわかりやすく!オススメ解説動画・本【初心者向け用語集】によれば、ブロックチェーンとは、簡単にわかりやすく言うと、中央管理者を必要とせず、全ての取引履歴をみんなで共有して、世界中に点在するコンピューターにデータを置くことでお互いを監視し、信頼性のある合意に到達することで、信頼性を担保するシステム、つまり、脱中央集権化を目指すシステムなのです。

暗号通貨(仮想通貨)やブロックチェーンテクノロジーの中には「非中央集権化」というDNAが引き継がれながら、プラットフォームを目指すというのは実に矛盾した考えを持っているように感じますが、これに対してどのように取り組んでいくのか、ぼくはクリプトアナキスト──21歳の天才ハッカーがブロックチェーンにみる夢(2017/3/26、WIRED)では、ルイス・アイヴァン・クエンデさんが「ブロックチェーンの残念な状況」として嘆いていましたが、今後どのようになるのか、注目してみていきたいと思います。

→ #ICO とは?簡単にわかりやすく!|ICOとIPOはどう違うの?|トークンって何?【初心者向け用語集】 について詳しくはこちら







■ビットコイン・ブロックチェーン 初心者向け用語集

【ブロックチェーン・仮想通貨 関連記事】