緑黄色野菜の必要性

HomeHOME緑黄色野菜がなぜ健康によいのか


緑黄色野菜の必要性

 

> HOME > 病気・症状 > 緑黄色野菜がなぜ健康によいのか

緑黄色野菜の必要性

以前から野菜(特に緑黄色野菜)を摂りなさいといわれてきましたが、どうして緑黄色野菜を取る必要があるのでしょうか。




【目次】




緑黄色野菜不足が老化の原因?

老けて見られる人に少ないものは、緑黄色野菜に含まれるカロテノイドだったのです。


緑黄色野菜の不足で起きることは、シミ・シワ・くすみなどの肌トラブルや肩こり、髪の衰え、メタボリックシンドローム、肥満などが考えられます。



野菜(緑黄色野菜)の目標摂取量

厚生労働省によると、野菜の目標摂取量は1日350gといわれており、緑黄色野菜はそのうち1日120g摂ることを推奨しています。


しかし、現代の日本人はそのレベルまで緑黄色野菜を摂れていません。(平均98g程度)



野菜不足の方に
生活習慣が気になる方に
健やかに過ごしたい中高年の方に

青汁通販オンラインショップ

⇒ケール青汁無料お試しサンプルはこちら♪


カロテノイドが少ないと、DNAのテロメアが短くなり、体がどんどん老けていく!

テロメアとは、DNAの一部で、寿命や若さをコントロールする部分です。命のろうそくともいわれています。


テロメアは年をとるにつれて、短くなります。


ある論文によると、活性酸素がテロメアを短くするといっています。


抗酸化作用を持つ緑黄色野菜のカロテノイドで若さを保ちましょう。



緑黄色野菜(特にβカロチン)はなぜ体にいいのでしょう?

これまでβカロチンは、その一部がビタミンAに変化して眼精疲労・肌荒れ・風邪などの予防になるといわれてきました。あるいはビタミンAはガンを予防するといわれていました。


しかし、今最も注目されているのは、βカロチンそのものが体内の『活性酸素』を減少させる効果があるということです。活性酸素は、人間が生きている限り、全身の細胞で発生し続け、これが原因で人間に及ぼす弊害は200種類にもなります。


ガン、心臓病、脳卒中などの成人病はほとんどこの活性酸素が原因なのです。しかも、タバコ、お酒、食生活の乱れ、環境汚染、紫外線の増加など外部からよくない刺激を受けると、活性酸素が一気に増加して、ガンなどの原因となるのです。


例えば、夏、紫外線によって肌荒れしますが、これは活性酸素の仕業なのです。紫外線が当たった場所に活性酸素が発生して、肌を酸化させます。そして、シミや肌荒れになるわけです。


私たちの体には、本来、この活性酸素を抑える力があります。しかし、20歳前後を境に人間は老化するので、それにつれて抑える力が弱くなっていきます。


こうならないためにも、外から活性酸素を抑える力を借りなければなりません。それは、活性酸素を抑える成分を含む食べ物の力です。活性酸素を抑えるものとして、これまでビタミンE、ビタミンCなどがよく知られていました。


しかし、最近、活性酸素を抑えるものとして、もう一つ有効な成分があることがわかったのです。それが、緑黄色野菜に多く含まれるβカロチンなのです。


ここに野菜(特に緑黄色野菜)を摂る理由があるのです。


【関連記事】

あさチャン「チャン知り」 4月16日|野菜の栄養素を手軽に摂取できる「野菜パウダー」|野菜パウダーの活用方法|




青汁について

青汁というと、昔は、「青汁って何」という時代がありましたが、今では、テレビメディアによるテレビショッピングやラジオショッピング(ラジオ販売)、カタログ通販、通販サイト、青汁スタンドなどで販売しており、青汁を見かけない日がなくなりました。*青汁占いを見かけたこともあります。


最近では、「緑黄色野菜を積極的に摂りましょう」という厚生労働省や食に関心のある方などによる呼びかけから、緑黄色野菜に対する関心が高くなっています。


しかし、厚生労働省が推奨する野菜(特に緑黄色野菜)の必要摂取量を満たすには、相当な量の材料が必要であり、また、常に新鮮なものを調達するには時間と手間がかかります。


また、調理時の過熱(熱を加えすぎる)ことなどによる栄養成分の損失もあります。


このようなマイナス面を補うとともに、家庭で調理する以上のメリットを持たせることを目指したのが緑黄色野菜ジュースの「青汁」です。


「青汁」は戦後まもなく岡山県倉敷市の遠藤二郎医師によって学校給食や病院食用に考案されました。


健康づくりによいと次第に全国に広がり、青汁を飲み続けて病気を克服したという事例報告が相次ぎ、研究活動も盛んになりました。


青汁には、糖質やタンパク質などのカロリー源となる栄養素のほか、有効成分としてビタミン群・ミネラル群・酵素群・葉緑素・各種フラボノイドが含まれています。


「青汁」は本来、キャベツや大根葉・小松菜・レタスなどの野菜が材料になるのですが、生の葉を収穫する作業が大変なことと、栄養成分の量と種類のバランスという問題がありました。


そんな問題を解決したのが、ケールの青汁なのです。


ケールの青汁は、ビタミンやミネラル等の栄養成分の量が多くてバランスよく、しかも年間を通して栽培できるような緑黄色野菜です。


ケール青汁であれば、いろんな緑黄色野菜を混ぜる必要もありませんし、いつでも材料が手に入ります。このようにしてケールの青汁が生まれたのです。


青汁を飲むようになったきっかけ(アンケート)

1.野菜不足(野菜)嫌い  6.体調が悪い・病気がち

2.健康のため       7.胃腸が弱い

3.知人にすすめられて   8.糖尿病

4.便秘          9.野菜ジュース作りが面倒<

5.高血圧低血圧     10.体質改善のため



→ケール青汁無料サンプル提供中!
→まとめ買いセール中!詳しくはこちら!

青汁通販オンラインショップ

ケールを選ぶなら!
今ならまとめ買いセール特価で提供中!



緑黄色野菜がなぜ健康によいのか特定商取引に基く法律サイトマップお問い合わせ


青汁Q&A青汁レシピ青汁の飲み方

青汁の効果青汁口コミメラトニン

青汁原料比較青汁製法比較青汁価格比較

緑黄色野菜の必要性有機農産物・JAS青汁選び7つのポイント

栄養成分製造工程

クマザサ青ジソ


便秘亜鉛不足チェックタウリンメタボリック肝臓肝臓の病気脂肪肝コレステロール更年期障害目のくま解消法目の病気腎臓低体温肥満高血圧


専門サイト

健康情報青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


健康情報ならハクライドウ