「美容」タグアーカイブ

オメガ3の美肌効果|オメガ3を摂取するとなぜ美肌になるのか?|摂取量の目安

 > 健康・美容チェック  > オメガ3 > オメガ3の美肌効果|オメガ3を摂取するとなぜ美肌になるのか?




【目次】

■オメガ3の美肌効果

162

by Mitya Ku(画像:Creative Commons)

2017年4月6日放送の『美と若さの新常識~カラダのヒミツ~ 「スプーン1杯の魔法 食べるアブラの極意」』(NHK BSプレミアム)では、麻布大学の守口徹教授が行なったオメガ3入りのエサとオメガ3なしのエサをマウスに与えて、マウスの肌にどのような変化が起こるのかを調べる実験を紹介しました。

その結果、オメガ3なしのエサを食べたマウスが黒くくすんでいるのに対して、オメガ3入りエサを食べたマウスのほうが肌が若々しくピンク色の肌になるという結果が出ました。

■オメガ3を摂取するとなぜ美肌になるのか?

オメガ3が十分にあると、オメガ3は血管にも作用し、血管を拡張する力を持っているため、血流を改善することにより、血液の循環はとてもスムーズです。

その結果、肌には栄養分が運ばれていくことにより、皮膚の細胞の新陳代謝を活発にして、肌を美しくしてくれると考えられます。

しかし、血液中にオメガ3が不足すると、栄養分の運搬が滞ってしまいがちになり、新陳代謝が活発ではないため、肌が荒れてしまうと考えられます。

麻布大学の守口徹教授によれば、オメガ3が細胞にあると本来の細胞の機能が維持でき、皮脂の供給などすべてがバランスよくいくそうです。

また、分泌を促してくれる下の方の細胞にオメガ3がないと指令が来なくなるそうです。

→ EPAを摂ると、赤血球がしなやかになり、顔色が良くなり、目の下のクマがなくなる!【美と若さの新常識】 についてくわしくはこちら




■まとめ

国民一人一日当たり魚介類と肉類の摂取量の推移|水産庁
国民一人一日当たり魚介類と肉類の摂取量の推移|水産庁

参考画像:水産物の消費動向|水産庁(スクリーンショット)

麻布大学の守口徹教授によれば、オメガ3は青魚などの魚から摂るのが一番効率よいそうですが、水産庁による国民一人当たりの魚介類と肉類の摂取量推移によれば、平成18年には初めて肉類の摂取量が魚介類を上回り、21年には肉類と魚介類の摂取量が上回り、その差が拡大しているそうです。

【関連記事】

一日に必要なオメガ3の摂取量としては、いわし・あじで100g程度、クロマグロ(大トロ)で30g程度、サバの缶詰約70gです。

調理方法によってはオメガ3が減少してしまいます。

大阪ガスの実験結果によれば、油で揚げると残るのは50%、フライパンで焼くと残るのは80%、グリルで焼くと残るのは90%なのだそうです。

【参考リンク】

オメガ3が減少しないように青魚を調理して美肌になりましょう。

→ オメガ3脂肪酸|オメガ3の効果・効能・食べ物(オイル)・ダイエット について詳しくはこちら







続きを読む オメガ3の美肌効果|オメガ3を摂取するとなぜ美肌になるのか?|摂取量の目安

中学生ができる美容・ダイエット|中学生だからこそ知っておきたいダイエットの基礎知識

 > ダイエット > ダイエットの基礎知識 > 10代ダイエット > 中学生ができるダイエット

「中学生でもできるダイエットを取り上げてください」というメッセージを頂きました。

「中学生なんてダイエットなんか考えなくていい!」みたいなことを言うのは簡単です。

もちろんダイエットをするように煽るのもよくないです。

10代の頃は「きれいになりたい」という気持ちがあり、その時に間違ったダイエットの知識でやせようとすると、かえって悪い結果になりかねません。

場合によっては摂食障害になったり、将来妊娠・出産するときにまで影響が及ぶ恐れさえあります。

だからこそ、中学生の時に知っていたら将来的に役立つ健康的なダイエットの基礎知識を紹介したいと思ったのです。

中学生のあなた自身にあった方法で健康的にやせることをマスターできれば、みんなの憧れの存在になれます!

【目次】




■中学生でもできる美容法

nature

by Elizabeth Ann Colette(画像:Creative Commons)

#三吉彩花 さんの美容法|美脚・美肌・美髪になる方法まとめからポイントをまとめてみます。

●美肌のためには、保湿が欠かせないというのは、常識のようになっていますが、そのやり方には人によってこだわりが違います。

例えば、ミス・ユニバース・ジャパン原綾子インタビュー|美ボディ・食生活・肌ケア・バストケア・睡眠時間・ヘアケア・運動によれば、ミス・ユニバース・ジャパン2012の原綾子さんは、洗顔が終わった後30秒以内に化粧水をなじませてコットンパックを5分くらい毎日しているそうです。

ただ、あまり栄養を与えすぎると自分で回復する力や保湿する力がなくなってしまうという考えがあるそうで、美容液は乾燥が気になる時やスペシャルな日だけ美容液をつけるようにしているそうです。

肌年齢マイナス10歳!憧れの綾瀬はるかさんのような美肌になるスキンケア方法・食事方法とは?によれば、綾瀬はるかさんは保湿の方法もいつも同じようにするのではなく、その日の肌の調子を見ながら、化粧水を塗るそうです。

また、時間がない時でも乳液はつけるようにしているそうです。

なりたい顔NO.1森絵梨佳になる方法(スキンケア)によれば、森絵梨佳さんは化粧水を2回から3回して、肌に潤いを与えるように保湿をしているそうです。

しっかりと保湿をすることは共通しているスキンケア方法と言えそうです。

また、三吉さんの場合は、全身にオイルを塗ってボディケアもしているそうです。

抜群のスタイル&水着姿で話題! #泉里香 さんのマシュマロボディ&モチモチ肌&美バストの秘訣とは?によれば、モチモチ肌の秘訣として、泉里香さんはお風呂には40分くらい浸かって、汗を流し老廃物をたまらないようにしたり、入浴後は、オイルやマッサージなどもしっかりやっているそうです。

モデル・森絵梨佳さんの「ブラトップ」CMが美しすぎる!|森絵梨佳さんのボディケア方法によれば、森絵梨佳さんはお風呂上がりにはボディークリームを塗っているそうですよ。

●三吉さんのヘアケア方法は、ノンシリコンシャンプーを使い、撮影以外ではあまり髪を巻かないようにしたり、髪を傷めないようにドライヤーできちんと乾かしたり、2週間に一度程度トリートメントを行なっているそうです。

高梨臨さんの美髪を保つ秘訣&スタイル維持の方法とは?によれば、髪をていねいに洗い、きちんと乾かすことが基本にして、“乾燥しているな”と感じたら、オイルをつけたりしているそうで、また、月に一度は美容室でトリートメントしているそうです。

●三吉さんの美脚になる方法は、半身浴をしながらのマッサージやコロコロを活用しているそうです。




■中学生ができるダイエット方法

まず、基本的なこととしては、「本当にあなたはダイエット(ここでは体重を減らすという意味)すべきですか?」ということです。

過剰にやせ過ぎてしまっては健康ではなくなってしまいますので、その点をまずクリアーにすることは大事ですよね。

その点を乗り越えた上で、次は健康的なダイエットについて考えたいと思います。

○kgやせたからといって、キレイとは限らない

頭の片隅にでもおいていてほしいのが、○kgやせたからと言って、きれいになるわけではないということ。

そのわかりやすい例が、食べない系ダイエット。

不健康なダイエットでは、食事の栄養バランスが極端になり、体に必要な栄養素が行き渡らず、肌がボロボロに、髪もバサバサになる恐れがあります。

例え、○kgやせたからと言って、そうなってしまっては、ダイエットをした意味がありません。

ダイエットをした後、どうなりたいか、どう見られたいかを意識すると、よりダイエットの目的・やり方が明確になると思います。

体重を◯kg減らすというのは立てやすい目標ですが、体重を減らせば健康的にキレイになるわけではありません。

体重は一つの目安であって、美しい=きれいであるということは様々な要素が組み合わさって出来ています。

ぜひ健康的できれいな人ということについてもっと考えてみてほしいです。

 

次は、ダイエット方法について。

ダイエット成功の極意は、生活習慣を変えること。

1.筋トレなど運動を増やすことや食生活を改善するなどこれまでしてこなかった行動を増やすこと。

2.食べ過ぎを減らすことなどこれまでやってきた行動を減らすこと。

「良い習慣を増やし、悪い習慣を減らす」

これがすべてのダイエットに共通することです。

 

そして、最後に、中学生でもできるダイエットについて取り上げてみたいと思います。

■中学生ができるダイエット方法(食事編)

食事面で言えば、家庭の食事であるので、ほとんどその中身を変えることは出来ません。

血糖値をコントロールする1日5食ダイエットが注目されていますが、学校生活の中で1日5食に分けて食べることなど出来ません。

できるとしたら、食事の量を減らすぐらいでしょうね。

そうなると、間違った食べない系ダイエットに進んでしまう子もいるかもしれません。

そこで、参考にしたのは次の記事です。

女子栄養大学のダイエット術|世界一受けたい授業 1月7日

●30回噛む
よく噛むと満腹中枢が刺激される
噛む行為が脳内のヒスタミン神経系に作用し、内臓脂肪が燃焼することが明らかになっている。

ヒスチジンを含む食品をよく噛んで脳内ヒスタミンを増やし食欲を抑える|ためしてガッテン 6月8日

噛むという刺激が咀嚼中枢を通って結節乳頭核という部分に届きます。

実はここがヒスタミンを作っているところ。

そうして、満腹中枢をヒスタミンが刺激するために、満腹感を感じるようになる。

また、ヒスタミンは、交感神経も刺激して、その信号は直接内臓脂肪まで届いて、内臓脂肪を減らしてもくれる。

つまり、噛むという行為自体が満腹感を高めてくれるということがわかった。

病気の治療には型に入れるということが大事で、30回噛むということをきっちりと守るようにする。

30回で飲み込める量を口に入れるようにする事が大事。

◯ヒスチジン

ヒスチジンはアミノ酸の一種でヒスタミンの原料。

ヒスチジンは脳内でヒスタミンに変化するので、ヒスチジンを多く含む食品を摂ることで、食欲をコントロールすることができるそうです。

ヒスチジンが多く含まれる食品は、本マグロ、かつお、ぶり、さばなど赤身魚や青魚に多い。

ヒスチジンが多く含まれる食品をよくかんで食べるようにする。

●ヒスチジン摂取のポイント

  1. タンパク質を十分に取る
  2. 赤身魚や背の青い魚を多く取り入れる
  3. 生やだしなどとして食べるといい

鯨井康雄さん、鯨井優さん考案の食べる順番ダイエットで13kgダイエット

この「食べる順番」というのは、まず、野菜、枝豆、そら豆、海藻、もずく酢などの食物繊維が含まれた食材を食べきり、その後、魚、肉などのたんぱく質のおかずを食べ、最後にごはん、麺、パンなどの炭水化物を摂るといったもの。

食物繊維から食べることで早食いを抑制し、血糖値を急上昇させないことがダイエットに効果的で、簡単にダイエットを行うことができるという。

エリカ・アンギャルさんおすすめ!ダイエット7つの食材|たけしの健康エンターテイメント!みんなの家庭の医学

エリカ・アンギャルさんが、食物繊維を薦めるには、もうひとつ理由があります。

それが、GI値。

GI値(グリセリック・インデックス:血糖値の上がりやすさの指標)はエリカ・アンギャルさんのダイエット法の中核をなす考え方。

消化しやすい食品を食べると血糖値が急激に上がる。

インスリンが大量に分泌され、残った糖を脂肪に変えてしまう。

つまり、血糖値を急激に上げないことが、太りにくい体を作ることにつながるということです。

GI値が低い繊維質の食べ物は血糖値が上がりにくい。

大事なポイントは、よく噛むこと。

よく噛むことで満腹感を高めてくれるということがわかっており、30回で飲み込める量を口に入れるようにするということをルールにしましょう。

また、食物繊維を摂取することで、血糖値を急激に上げないことが太りにくい体を作ることにつながります。

中学生の時は、食欲が旺盛だと思いますが、ヒスチジンを多く含む食品(タンパク質を十分に取る・赤身魚や背の青い魚)を摂ることで、食欲をコントロールすることができるそうです。

是非しっかりと鰹だしをとったお味噌汁をお願いしてみてください。

●余分なカロリーを燃焼させる褐色脂肪を活性化させる食べ物

痩せる脂肪!褐色脂肪組織BAT(褐色脂肪細胞・ベージュ脂肪細胞)を活性化させる方法・食べ物【美と若さの新常識~カラダのヒミツ~】【たけしの家庭の医学】によれば、食べ物によって、余分なカロリーを燃焼させる「褐色脂肪」を活性化させることができるそうです。

  • 唐辛子(カプサイシン)
  • 黒コショウ
  • 生姜
  • 青魚(DHA・EPA
    河田照雄 農学研究科教授、後藤剛 准教授らの研究グループが行なった動物実験によれば、魚油(主成分はEPA、DHA)の摂取が「褐色脂肪細胞」の増加を促進し、体脂肪の減少や体温上昇をもたらすことが分かったそうです。
  • 緑茶(カテキン)
  • ミント(メントール)
  • ペパーミント(メンチル乳酸)
  • 玉ねぎ
  • にんにく
  • 和からし
  • わさび
  • シナモン
  • 緑茶

たんぱく質の豊富な食事に、薬味や香辛料などで調理したり、付け合わせを付けることでさらに効果がアップすることが期待されます!




■中学生ができるダイエット方法(運動編)

基礎代謝よりも活動代謝を上げることがダイエットの近道|ためしてガッテン 1月5日

ところが筋肉ムキムキの女性とちょっと太目の女性の基礎代謝を測ったところ・・・
なんと太目の女性の方が基礎代謝が高いことが判明!

実は基礎代謝は横になってジーッとしているときのエネルギー消費量のこと
そのとき一番エネルギーを消費しているのは内臓、筋肉の消費エネルギーの割合はたった20%程度なのです。
だから筋肉をいくら鍛えても、基礎代謝量が増えるのはごくわずかだったんです。

“基礎代謝を上げてダイエットにつなげる”ことは理論としては正しいのですが、現実的には難しいことだったんです!

「ぞうきんがけ」「皿洗い」「駅の階段登り」なども
積み重ねれば大きなエネルギー消費量になります。

つまり「基礎代謝」ではなく
日頃からちょこまか動く「活動代謝」を上げること

ダイエットの近道だったんです。

さまざまな運動系のダイエット方法がありますが、遠回りなように見えて一番の近道は、「活動代謝」を上げることなようです。

もう一つ、ダイエットとともに注意して欲しいのが「冷え性」「低体温」です。

エリカ・アンギャル、日本女性が改善すべき点とは、冷え性と睡眠障害

日本女性に特有な悩みが、冷えのようです。

確かに、海外の健康サイトには、「冷え性」というキーワードに当たる言葉がないように思います。

食事を改善やお風呂、運動、サプリメントなど冷えを改善することで、血行が良くなれば、顔色も良くなり、よりきれいに近づくはずですね。

女性に急増中の「冷え太り(低体温)」

日本人の平均体温が下がった理由とは?でも取り上げましたが、昔は、日本人の平均体温は36.8度あったとされるのに、いまや高い人でも36.2~36.3度、ほとんどが35度台の低体温に陥っているそうです。

低体温になると、エネルギーを作る力が低下するため、太りやすくなったり、免疫力が低下するため、さまざまな体調不良を招くようになります。

健康で痩せやすい体になるためには、体温を上げることが大事ですね。

では、どのようにしたらよいのでしょうか?

一つは、筋肉を増やすことです。

半袖外国人の謎|日本人より欧米人は体温が高い?「ミトコンドリア」「筋肉量」がキーワード

なぜ日本人より欧米人のほうが体温が高いのでしょうか。

それは、熱を発生させる筋肉量の違いです。

細胞の中にあるミトコンドリアが熱を発生させているのですが、筋肉量が多ければ、ミトコンドリアの数も多くなり、それにともなって体温が上昇すると考えられるそうです。

つまり、欧米人は、筋肉量が多いため、恒常的に高い体温を維持しているため、寒い日本でも半袖の人が多いというわけなんです。

反対に、日本人の平均体温は低体温化しているようです。

筋肉量が多い欧米人のほうが日本人よりも体温が高いのです。

たるみ解消・EMCL・スロトレ|ためしてガッテン 10月19日でも取り上げていましたが、最近10年間の日本人女性の変化をみてみると、痩せ型の割合はおよそ3%増加しているのですが、一日の平均歩数は800歩減少しているそうです。

本来であれば、歩いている歩数が減っているのであれば、太らなければいけないのに、やせているということは、日本人の女性は運動もしないし、また無理なダイエット(食事制限)によって、筋肉の材料となるたんぱく質(特に重要なのがアミノ酸)を含む食べ物も充分に食べていないので、たんぱく質が不足し、低体温を生んでいると考えられるのです。

また、私たちは、食べ物に含まれる糖質からエネルギーや熱を作り、体温を保っています。

体内で糖質をエネルギーに変える時に必要なのが、亜鉛・マグネシウム・鉄・セレンなどのミネラルとビタミンです。

しかし、ミネラル・ビタミンが不足してしまうと、食べ物からエネルギーや熱を作ることができず、体温が上がらなくなり、低体温になってしまうのです。

冷え太り(低体温)対策には、筋肉がつきやすい栄養と食べ物(たんぱく質)からエネルギーに変えるのに必要な栄養(ミネラル・ビタミン)を摂り、そして運動をすることが大事ですね。

P.S.運動といっても、少し歩幅を広げて歩いたり、比較的簡単でかつ体に負担のかからないスロトレ(スロー筋トレ)でも筋肉がつきますので、是非試してみてください。

スロトレ について詳しくはこちら。







【低体温 関連記事】
続きを読む 中学生ができる美容・ダイエット|中学生だからこそ知っておきたいダイエットの基礎知識

眼輪筋を鍛えて目の下のクマ(たるみ)を解消する体操のやり方|目のクマができる人とできない人の差は「眼輪筋の衰え」|#この差って何ですか

健康・美容チェック > 目の病気 > 目の下のクマを取る方法 原因と解消方法 > 眼輪筋を鍛えて目の下のクマを解消する体操|目のクマができる人とできない人の差は「眼輪筋の衰え」|#この差って何ですか

2016年5月22日放送の「この差って何ですか」では「目のクマができる人とできない人の差」がテーマでした。

番組で紹介された目のクマを解消する体操を実践して、いつまでも若々しく、みなさんから憧れられるような存在になっていきましょう!




【目次】

■目の下のクマができる原因は「目の周りの筋肉の衰え」

眼輪筋を鍛えて目の下のクマ(たるみ)を解消する体操のやり方|目のクマができる人とできない人の差は「眼輪筋の衰え」|#この差って何ですか
眼輪筋を鍛えて目の下のクマ(たるみ)を解消する体操のやり方|目のクマができる人とできない人の差は「眼輪筋の衰え」|#この差って何ですか

unsplash-logojoyce huis

目のクマができる人とできない人の差は「目の周りの筋肉が衰えているかどうか」なのだそうです。

目の周りには「眼輪筋(がんりんきん)」という筋肉があり、この眼輪筋が衰えると目の周りの血行が悪くなり、血行不良を起こし、目の下にクマが現れてしまうそうです。

また、眼輪筋が衰えること、つまり筋肉がたるむことによって、目の下にたるみができることで、影ができることで、目の下のクマに見えてしまいます。

■眼輪筋が衰えてしまう理由

眼輪筋は筋肉なのでまずは加齢によって衰えます。

また、読書やインターネットなど見ることに集中しすぎると、眼輪筋が衰えてしまい、クマができてしまうそうです。

眼輪筋の衰えのサインは、まばたきがしっかりできないこと。

まばたきがしっかりできないというのは、キチンと目が閉じられていないことを言います。

目の病気(若年性白内障・ドライアイ・老眼・まばたき不全・飛蚊症・加齢黄斑変性)・オサートで視力回復|駆け込みドクターによれば、目の周りの筋肉が衰える「まばたき不全」が中高年や筋肉の発育の良くない若者に増えているそうです。




■眼輪筋を鍛えて目の下のクマを解消する体操

  1. 目尻を両手の人差し指で上の方に引っ張ります。
  2. そのまま目をぎゅっと閉じます。(5秒間)
  3. 手を放して目をパッと開きます。

※この体操を5回行います。

■【補足】眼輪筋を鍛える方法

以前紹介していた目の病気(若年性白内障・ドライアイ・老眼・まばたき不全・飛蚊症・加齢黄斑変性)・オサートで視力回復|駆け込みドクターで紹介していたまばたき体操に近い体操です。

●まばたき体操

1セット6拍で行う体操

1・2は普通にまばたきする

3・4はぎゅっと瞬きする

5・6は目を開け放しにする

※1日10セットが目安

第一印象がアップする!?ぱっちりした大きな目を作るための方法

●眼輪筋を鍛える

表情筋には目の周りにある眼輪筋があり、この眼輪筋を鍛えることも、まぶたのたるみをなくす方法なのだそうです。

1.親指以外の4本指で眉毛の上を押さえる

2.押さえたまま上に持ち上げる

3.そのまま目を大きく開き3秒間キープする

4.3秒経過したらゆっくり力を抜く

以上の順番で毎日10回ずつ繰り返してください。

眼輪筋を鍛えて、目の下のクマを解消すれば、今よりもっと笑顔がかわいくなりますよ!

→ 目の下のクマを取る方法 原因と解消方法 について詳しくはこちら

みんなが読んでる! → 目の下のたるみをなくす方法 について詳しくはこちら







【関連記事】
続きを読む 眼輪筋を鍛えて目の下のクマ(たるみ)を解消する体操のやり方|目のクマができる人とできない人の差は「眼輪筋の衰え」|#この差って何ですか

石原さとみさんが美容のためにしている生活習慣(食生活)とは?

「石原さとみ ダイエット」などの検索ワードで検索する方がいらっしゃいますが、多くの方が石原さとみさんがキレイになった秘訣について知りたいようです。

今回は、その美しくなった秘訣を取り上げた以前の記事や最近の雑誌記事を参考に、石原さとみさんが美しくなるためにどんなことを習慣づけているのか、どんなふうに変わってきているのかを見てみたいと思います。




【目次】

■クレンジングは徹底する

Make-up

by Franck Michel(画像:Creative Commons)

女優・石原さとみさんが美容のためにしている習慣とは?

(2010/7/23、25ans)

バスルームでは、洗顔後に専用のタオルでそっと目のまわりをふいて、メイクが残っていないか最終確認するのも“クセ”。

撮影後、アイメイクは綿棒で念入りに落とすそうです。

まつげの寿命を縮める5つのNG行動とは?で取り上げましたが、もし、まつ毛美容液や育毛剤を使っているのにあまり効果がないと感じていたら、それは落とし残しのせいかもしれないそうです。

まつげに負担をかけないようにしっかりとメイクを落とす→ケアをするというのが重要なのですが、石原さとみさんの目ヂカラは健康的なまつげがポイントなのかもしれません。




■半身浴で体を温める


まずは42℃に設定して、TV番組がCMに入ったくらいでぬるめにします」とお湯加減にもこだわりが。

<中略>

これに加えて、時間があるときは岩盤浴でじっくりと身体を温めたりもするそう。

体を温める習慣をしている芸能人の方は多いですよね。

体を温める習慣を持つことで、スタイル維持であったり、肌のコンディションを整えることができるようなので、そのことが石原さとみさんの美の秘訣なのかもしれません。

【ガッテン】毛細血管ケアで若返り!血流をアップする方法・食べ物(入浴・スキップ・シナモン)|7月13日によれば、毛細血管は全身の血管の99%を占めていて、酸素と栄養を体のすみずみまで送り届ける大切な働きをもっており、毛細血管が衰えてしまうと、皮膚に酸素や栄養がいきわたらなくなれば、シミシワといった肌のトラブルの原因となってしまいます。

毛細血管の減少や劣化を防ぐ方法は「血流UP」なのですが、血流アップする方法として紹介されているのが、「入浴」で快適な温度(41℃程度)のお湯に、5~10分程度肩まで浸かるようにする(※水分補給を忘れずに!)と、血流が8%アップするそうです。

半身浴を週3回以上継続するとエネルギー代謝が高まる!|おすすめの温度は40℃!|#この差によれば、2016年11月22日放送の「この差って何ですか」(TBS系)では、「半身浴の温度の差」が取り上げられました。

38℃・39℃・40℃のお湯で半身浴をすることによって血流が変化するかを比較するという実験を行ないました。

実験によれば、最も効果的な温度だったのは「40℃」

38℃・39℃の時と比較すると、大幅に血流量がアップするという結果になりました。

もう1つ違いが出たのは、「湯冷めの時間」

38℃では20分後、39℃では25分後に湯冷めしましたが、40℃では50分が経過しても湯冷めしにくいことがわかりました。

■野菜を充分にとれているかを意識する

「あれを食べなきゃ、これは食べたらダメ、など制限はしていません。ただ、ベトナム料理などの野菜たっぷりのアジアの料理が好きですし、一日のなかで、野菜を充分摂れているかは意識しているかもしれません。野菜好きですし。そして食後はスウィーツよりはフルーツが好きなんです」。

食事に制限はしていないものの、野菜が充分にとれているかは意識しているそうです。

いろんなことをやろうとすると続きにくいものですが、野菜が充分とれているかということに意識すれば、自然とバランスよい食事になるのではないでしょうか。

肌年齢マイナス10歳!憧れの綾瀬はるかさんのような美肌になるスキンケア方法・食事方法とは?によれば、美肌の秘訣として、旬な野菜を摂ったり、100%フルーツジュースを飲むようにしているそうです。

ビタミンCでアンチエイジング|ビタミンCが老化防止に役立つによれば、ビタミンCにはしみやそばかすなどの原因となるメラニンの生成を抑制する働きがあるそうです。

また、ビタミンCはコラーゲンの生成を促進してくれるそうです。

シミ・そばかす・ニキビ・乾燥肌など肌のトラブルや肌の老化防止にビタミンCは役立ちそうです。

実家暮らしのため、食卓に季節のものがのぼることも多く、自然に旬のものを美味しく食べるようになっているというのも食における美人グセ。

旬のものを取り入れるということも体を冷やさないためには欠かせない習慣と言えそうです。

胃が痛いときにはハチミツミルクや、日頃から「青汁」を飲むことは習慣になっているのだとか。「お湯に濃いめに溶いて、お茶のようにして飲むのがいいんです。美味しいし、身体も冷えないし」。

ここでも「身体を冷やさない」ことがでてきましたね。

■ストレス解消

胃が痛い時にはホットミルク。これは絶対です。オリゴ糖かハチミツで甘さを足して飲むとほっとします」。

「心の中身を携帯電話にメモ」するというもの。

<中略>
目的は、たくさんの仕事や作品をこなすなかで、混乱しないよう、頭のなかを常にスッキリさせること、また自分を客観的に見ることでストレス解消の手助けになることも。」

自分自身の身体の体調管理、心の体調管理をするための方法をもつことがキレイの秘訣なのかもしれません。

【関連記事】

【追記(2015/10/16)】

石原さとみがくびれで悩殺! 柔らか“美ボディ”披露

(2010/5/26、オリコン)

「美に関してはまるで無頓着だった」という石原が今回初めて自身の体と向き合い、加圧トレーニングやエステ、ヨガに挑戦。写真集でも見せたことがないというウエストラインを公開した。

2010年より以前は美に対して意識をしていなかったようです。

「腕や太ももが好きじゃなくて、今まで自分の体を鏡で真剣に見ることもなかった」という石原だが、「コンプレックスと向きあうことこそが、美ボディへの一歩と教えられました」と今回の企画を機に一念発起。食事などにも気を配り体の内側からも整えるなど、春から“美ボディ”を目指して奮闘し、見事なくびれを手に入れた。

腕や太ももといった体の部分にコンプレックスを抱えていたそうですが、コンプレックスと向き合い、食事を改善したことによって、美しさを手に入れているようです。

自分がやりたいことを実現させるには?|石原さとみさんと向井理さんのインタビューから感じたこと(2014/11/24)によれば、石原さとみさんが変わったといわれるようになったそのきっかけは4年前(2010年)に行った1か月の語学留学だったそうです。

石原さとみさんは、自分自身で何かを決めていくということを経験し、自分でプロデュースすることの楽しさを感じたことがきっかけで、生き方が変わったそうです。

2010年がターニングポイントの年だったということですね。

【関連記事】

【追記(2019年7月8日)】

■プロテイン

石原さとみさんは、「MAQUIA」(2019年8月号)によれば、ドラマの撮影中は食事が偏って栄養不足になりがちなので、プロテイン(脂肪分や糖分が入っていない)やココアパウダー、マカ、チアシードなどを毎日飲んでいるそうです。

また、スキンケアでは、石原さとみさんに質問! 透明肌キープのコツは? ピンチのときの対処法は?(2019/6/25、MAQUIA)によれば、「目の下や目尻、ほうれい線や口の周りなど、表情筋によって負担がかかる部分や皮膚が薄いところにバームを重ねています。」と答えているのですが、その保湿状態を知る基準が面白いです。

いい保湿状態の基準は「起きたときに思いっきりあくびができること」!

このように自分なりの肌の状態を知るサイン・目安を持つことができるといいですね。

MAQUIA(マキア) 2019年 08 月号 [雑誌]

中古価格
¥237から
(2019/7/8 09:03時点)







【芸能人と温活 関連記事】
続きを読む 石原さとみさんが美容のためにしている生活習慣(食生活)とは?

頭皮ケアで薄毛改善|若い女性に抜け毛・薄毛の悩み増加

> 健康・美容チェック > 薄毛・抜け毛 > 頭皮ケアで薄毛改善 若い女性に抜け毛・薄毛の悩み増加




Behind the Scenes with Aveda™ – Ann Yee SS14 – Mercedes-Benz Fashion Week New York Spring Summer 2014 – #MBFW #NYFW – September 4, 2013 – Creative Commons (cc) photos distributed by Mainstream via Aveda Corporation

by Mainstream(画像:Creative Commons)

薄毛、頭皮ケアで改善 細くなる、抜ける…若い女性に増加

(2009/1/29、産経新聞)

髪の毛が細くなる、抜け毛が多いといった薄毛に悩む若い女性が増えている。

必要以上にパーマやヘアカラーで髪を傷めたり、不規則な生活習慣や無理なダイエットによる偏った食事、ストレスなどが髪にダメージを与えているためだ。

髪の毛が細くなる、抜け毛といった薄毛に悩む若い女性が増加しているそうです。

薄毛・抜け毛で悩むのは男性やご年配の女性だけではないようです。

その原因として考えられるのが、

  • パーマやヘアカラーで髪を傷める。
  • 睡眠不足など不規則な生活習慣
  • 栄養が偏った食事
  • 無理なダイエット
  • ストレス

などの要因です。

「女性の薄毛は毛髪が衰え細くなり、数が減少することによって生じる。

原因はいくつか考えられるが、シャンプーのし過ぎやドライヤーのかけ過ぎといった毎日の過剰なケアに加えて、必要以上にパーマやヘアカラーをして地肌を痛めていることも、その一つであるのは確か」

多くの女性の頭皮を診てきた北里大学病院皮膚科の斉藤典充医師は、最近の傾向をこう分析する。

シャンプーやドライヤーによる過剰なケア、パーマやヘアカラーのやり過ぎによる頭皮の痛みによって、髪が細くなり、抜け毛が起きていると考えられそうです。

もしかすると、最近の流行の髪型もその原因の一つとして考えられるかもしれません。

また、ダイエットや不規則な生活習慣なども抜け毛・薄毛の原因だと考えられそうです。

今後は、抜け毛・薄毛の改善のための頭皮ケアに注目が集まりそうですね。




そこで、頭皮ケアが重要になりますが、頭皮ケアは抜け毛・薄毛の改善だけでなく、その他の健康にも役立ちそうです。

大場隆吉社長は「頭皮は健康状態や生活習慣を敏感に映し出すところ。

目につかない部分のため、ふだんはあまり気にしないが、毎日、頭皮に触れることで全身の血行を促進し、髪の美しさばかりでなく、冷え性や目の疲れの改善、ストレスの軽減といった心身の健康に役立つ」と話す。

頭皮ケアを行うことで、全身の血行を促進し、抜け毛・薄毛の改善ができるだけでなく、冷え症目の疲れの改善などにも役立つとのことです。

また、記事の中では、頭皮ケアと美容についても紹介しています。

従来、育毛剤の購買層は50代以上が中心だったが、新商品は20、30代にも注目され、中心は40歳前後のアラフォー世代。すでにリピーターも多いという。

商品開発の担当者は「頭皮と顔は一枚の皮膚でつながっており、『頭皮が1ミリたるむと、顔は1センチたるむ』といわれている。

薄毛は硬くこり固まった頭皮の老化からくることが多く、弾力を失った頭の筋肉が垂れ下がると、顔の皮膚までたるませて老化現象を起こす。

今後は頭皮を健やかに改善する美容法が見直されるのでは」と期待している。

興味深かった点は、『頭皮が1ミリたるむと、顔は1センチたるむ』です。

「頭皮ケアを行って、アンチエイジング」に人気が出そうな予感です。

→ 薄毛・抜け毛の原因(男性・女性)・対策・予防・チェック について詳しくはこちら







【関連記事】