糖化とは|糖化の症状・原因・チェック・糖化を防ぐ方法

糖化とは|糖化の症状・原因・チェック・糖化を防ぐ方法

> Home健康情報 > 肌知識 > 肌の悩みの原因 > 糖化

糖化

肌を老化させる原因には、「糖化」があります。




目次



糖化とは

「糖化」とは、私たちの体内にある大切なたんぱく質と、食事によって摂取した「糖」とが結びつくことで、糖化したたんぱく質AGE(糖化最終生成物)が生成され、体内に蓄積してしまうことです。



糖化によってなぜシワやたるみが出来るのか?

コラーゲンは、細胞と細胞をつなぐ接着剤の役割をしているたんぱく質です。

若いコラーゲンは弾力があり、皮膚にもハリが出て、血管や骨もしなやかさを保ちます。

しかし、コラーゲンに糖分がくっつくと、AGEに変化します。

正常な皮膚の弾力繊維にAGEがたまると、変形して弾力性を失ってしまい、シワが出来たり、皮下脂肪の重みに耐えられずたるみが出来てしまうようです。


糖化によって起きる症状とは

糖化が進むと、キメが粗くなり、シワ、くすみの増加につながります。

また、肌のたるみ、カサつき、ゴワつきなども起こります。

そして、肌のターンオーバー周期も延びてしまいます。


■見た目の老化5つのポイント

皮膚老化研究の第一人者市橋正光神戸大学名誉教授によれば、見た目の老化を決める医学的な5つのポイントがあるそうです。

1.目尻のしわ

2.下まぶたのしわ

3.ほうれい線

4.口元のたるみ

4.顔全体が落ちる

見た目の老化の全てに関わっているのが、「糖化」です。

見た目の老化を少しでも改善するには、「糖化」を防ぐことが重要になります。



糖化チェック

□甘いものの間食が多い

□丼物が多い

□アメやお菓子が周りにある

□ペットボトルの清涼飲料水をよく飲む

□甘辛い料理が多い

□ごはんや麺類などの主食をしっかり食べたい

□野菜や豆類が嫌い

□夜食を食べることが多い

□早食いをする

□運動不足


【参考記事】

糖化・AGEsを知ってアンチエイジング・病気予防



糖化を防ぐ方法

糖化チェックからもわかるように、大事なポイントは「血糖値」です。

食事をすると血液中に糖分が増加し、エネルギーとして使われます。

しかし、食べ過ぎで糖分が余ってしまうと、たんぱく質とくっついてAGEになります。

血糖値が高い人は、大量のAGEを作っているということになります。

また、AGEは調理法によって量が大きく変わってしまいます。

AGEが多くなる要因は、「温度」と「油」。

高温になると、タンパク質と糖分が結合しやすく、AGEとなります。

また調理時間が長いものほど熱が加わり、AGEが形成しやすいそうです。


■食後の血糖値を下げAGEをためない3つの方法

1.一日一食はAGEが低い調理法を選ぶ

2.野菜から先に食べる

3.食後すぐに10分ほど体を動かす

【関連記事】





肌知識

肌質

肌の悩み

シワ

シミ

目の下のたるみ

くすみ

ニキビ

ほうれい線

アトピー性皮膚炎

スキンケア・洗顔

肌の悩みの原因

芸能人・モデル・セレブの美肌の秘訣

酸化

糖化

乾燥

肌を綺麗にする方法

肌のターンオーバー

スキンケアアミノ酸

まつ毛美容液

コラーゲン

ムダ毛処理・脱毛

ワキの黒ずみ

目の下のクマ

まぶたのたるみ


■肌関連ワード

病気・症状

はちみつ美容法・はちみつ洗顔法

亜鉛不足チェック

抗酸化食品

フィトケミカル

肝臓

低体温

更年期障害


専門サイト

健康情報青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


会社概要サイトマップお問い合わせ


健康情報ならハクライドウ