シミの原因・予防・シミを消す方法|肌知識チェック

Home健康情報シミ


シミの原因・予防・シミを消す方法

> 健康情報 > 肌知識 > 肌の悩み > シミ

シミ

Beauty Is In The Eyes Of The Beholder

by Logan Prochaska(画像:Creative Commons)

30・40代女性の9割「シミがある」-カネボウ化粧品調査によれば、30・40代の女性にアンケートしたところ、9割の人が現在シミがあると回答したそうです。

シミができる原因を知ってシミ予防をしましょう。




目次



シミができる理由

シミは紫外線を浴びると表皮にあるメラノサイトと呼ばれる色素細胞がメラニン色素を作ります。

シミはそれが沈着してできるものと言われています。

表皮のメラニン色素は肌のターンオーバーによってだんだん薄くなっていくのが普通ですが、部分部分で沈着してしまうことがあります。

また、真皮で沈着した場合は真皮は表皮ほど短い時間で入れ替わらないので、シミが消えません。

窓際に座る女性はご注意、シミ・シワの数が2倍以上に―台湾皮膚学会によれば、窓からの紫外線を浴び続けた顔半分とそうでない半分とを比べると、紫外線を浴びていた方の肌はきめが2倍も粗く、シワの数も2.6倍に上っており、最も顕著だったのはシミの数で3.9倍だったそうです。

【関連記事】

75%の女性が紫外線対策をきちんとしてこなかったことに後悔している!?



シミの原因

シミができる原因には大きく分けて3つあります。


1.紫外線によるシミ

紫外線により、メラノサイト(色素形成細胞)が活性化し、メラニン色素が多量に作られ、シミとなる。


2.酸化によるシミ

活性酸素により、脂質が酸化されて過酸化脂質がつくられ、それが、色素沈着を起こし、シミができます。


3.スキンケアを行う際の摩擦によるシミ

シミ対策をするなら冬がよい?|ためしてガッテンによれば、2週間、化粧と化粧落としで肌を擦り続けると、赤いシミができたそうです。

この赤いシミは、肌をこすった際の摩擦でできた「炎症」なのです。

炎症が起きている場所では、活性酸素が発生します。

メラニン色素には、活性酸素を還元する働きがあり、過剰な、または間違ったスキンケアで慢性的に炎症が起きていると、皮膚にメラニン色素がたまってシミになってしまうそうなのです。




赤いシミは肝斑

肝斑(こすり)の特徴

  • 頬から目元が多い
  • 左右対称
  • ハケで薄く塗った感じ、境界線不明瞭
  • 薄茶色
  • 圧倒的に女性に多い(女性ホルモンや日頃の化粧に大きく影響するといわれるため)

【関連記事】

シミ対策をするなら冬がよい?|ためしてガッテン




シミを消す方法

紫外線ケア

シミを消すためには、まずは紫外線から肌を守ることが重要です。

紫外線から肌を守る対策をしていれば、表皮は約4週間で入れ替わるので、シミが薄くなってきます。

紫外線が強くなるこれからの季節は肌を守るためにも日焼け止めによるUV対策が重要です。


■日焼け止めの選び方

SPF値は数字が大きいほど、PA値は+の数が多いほど防止効果が高く、生活場面によって使い分けるといいそうです。

日本化粧品工業連合会の目安によると、散歩や買い物などではSPF20以下でPA+、炎天下でのレジャーやスポーツではSPF40〜50でPA++〜+++が適当なのだそうです。


■日焼け止めの塗り方

  1. 手の平に1円玉大の日焼け止めをとります。
  2. 額、鼻、あご、両ほおの5カ所に分けて日焼け止めを置き、そこから周囲に伸ばします。
  3. 少し乾いたら、これをもう一度繰り返します。


■日焼け止めを塗る量

日焼け止めを塗っているという人の中には、実は、日焼け止めの量が足りない人も多いそうです。

SPF値やPA値は、皮膚1平方センチ当たり2ミリグラムの薬剤を塗った場合の目安です。


■日焼け止めを塗る時間(タイミング)

日焼け止めを塗るタイミングも重要です。

日焼け止めが皮膚に浸透して馴染むまでには時間が必要なため、日焼け止めは、出かける30分前に塗りましょう。

また、使用方法に書かれた量よりも少なく塗る人も多く、それでは日焼け止めの目的を果たすことができません。

しっかりと使い方・使用量を読んで使うようにしましょう。


■去年の日焼け止めの使用は避ける方がおススメ

もう一つ、以前使った日焼け止めクリームを使う場合には注意が必要です。

日焼け止めを使わない間に酸化などの劣化が進み、酸化した成分が肌への刺激になってしまうことがあるそうです。

【関連記事】


■UVインデックスをチェック

UVインデックスとは|気象庁

UVインデックスとは紫外線が人体に及ぼす影響の度合いをわかりやすく示すために、紫外線の強さを指標化したものです。

日々の紫外線対策を効果的に行なうためにも、UVインデックス(紫外線情報)をチェックしましょう。


炎症を起こさないように洗顔をする

●炎症でできたシミをもとに戻すには、摩擦を起こさないようにすることが重要。

炎症をおこさないようにすれば、次第に皮膚が生まれ変わるに従って、シミが薄くなっていくそうです。


●洗顔するならしっかりとした泡を立てることが重要

きめの細かいしっかりとした泡を作ることが重要です。

  1. 泡立てネットをつかう
  2. 洗面器に石けんを溶かして、しっかりと泡立てる
  3. 泡立てボールを使う


●泡だけでメイクを落とす洗顔方法

  1. まずは、たっぷりの泡を作る。
  2. メイクを落とす際は、手は皮膚に触れないようにして、手の平を押しつけるようにして落とす。(ポンピング)2から3分
  3. メイクが落ちにくい部分の目尻や小鼻の部分は指でなでるようにして落とす。


亜鉛

亜鉛が減ると、細胞の分裂や再生が上手く行なわれなくなり、肌が荒れてきたり、シミやそばかすも目立ってきます。

→ 亜鉛の多い食べ物 について詳しくはこちら


亜鉛サプリ通販

亜鉛サプリを今なら最大18%OFFのお得な初回購入者価格・夏のボーナスセール価格で購入できます!


L-システイン

肝臓の代謝促進に欠かせないLーシステイン 必要量摂取、毎日心掛けてによれば、L-システインは肝臓の代謝促進に欠かせないそうで、また美肌やシミ対策など肌の代謝のためにも重要なのだそうです。


コーヒー

コーヒー飲むと抗酸化作用でシミになりにくい!?|世界一受けたい授業 3月9日によれば、シミができにくくなる飲み物はコーヒーなのだそうです。

コーヒーには抗酸化力の強いコーヒーポリフェノールが入っています。

1日2杯以上飲む人は飲まない人に比べて、シミの量が少ないという結果が出ているそうです。


トマト

日焼けに、トマトの力によれば、トマトに含まれる抗酸化作用の高いリコピンは、紫外線によって生じる活性酸素を消去し、肌のシミやシワを防ぐ効果や日焼け後に肌が硬くなるのを防ぐ効果があるそうです。


人参ジュース

ニンジンジュースで隠れジミが消える!?|人参ジュースの効果|世界一受けたい授業によれば、伊藤園中央研究所の実験によれば、ゆでた人参をベースにした野菜ジュースを朝・昼・晩190グラムずつ飲んだところ、シミの面積が4週間で平均3.88パーセント減、8週間で4.41パーセント減少したそうです。

生の人参よりもゆでた人参のほうが、血中のβカロチン濃度が4〜10時間後において高いことがわかったそうです。


ビタミンC

ビタミンCでアンチエイジングによれば、ビタミンCにはしみやそばかすなどの原因となるメラニンの生成を抑制する働きがあるそうです。

また、ビタミンCはコラーゲンの生成を促進してくれるそうです。

シミ・そばかす・ニキビ・乾燥肌など肌のトラブルや肌の老化防止にビタミンCは役立ちそうです。

ビタミンCを含む食べ物としては、レモンやイチゴなどがありますが、その中でも特に多いのが、アセロラです。




シミ関連ニュース



シミ

会社概要サイトマップお問い合わせ


肌知識

肌質

肌の悩み

シワ

シミ

目の下のたるみ

くすみ

ニキビ

ほうれい線

アトピー性皮膚炎

スキンケア・洗顔

肌の悩みの原因

芸能人・モデル・セレブの美肌の秘訣

酸化

糖化

乾燥

肌を綺麗にする方法

肌のターンオーバー

スキンケアアミノ酸

まつ毛美容液

コラーゲン

ムダ毛処理・脱毛

ワキの黒ずみ

目の下のクマ

まぶたのたるみ


■肌関連ワード

病気・症状

はちみつ美容法・はちみつ洗顔法

亜鉛不足チェック

抗酸化食品

フィトケミカル

肝臓

低体温

更年期障害


専門サイト

健康情報青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


健康情報ならハクライドウ