αリポ酸

健康情報αリポ酸会社概要サイトマップお問い合わせ

αリポ酸

 
αリポ酸(アルファリポ酸)とは?

αリポ酸(αリポ酸)、CoQ10(コエンザイムQ10)、Lカルニチンは身体の細胞の中にある物質ですが、加齢とともに減少していき、欧米ではサプリメントとして補うことが盛んに行なわれています。

αリポ酸には糖質の代謝を促進する作用があるので、ダイエットに効果的であるといわれています。

αリポ酸は糖とたんぱく質が結合する「糖化」という老化反応を防ぐ働きがあり、糖分をエネルギーや脳の活動に効率よく使うようにするので、疲労回復にもよいといわれています。

αリポ酸はビタミンC、ビタミンEの400倍という強力な抗酸化力で肌の老化原因である活性酸素を除去します。また元気のなくなったビタミンCやEの抗酸化物質を再び活性化させ、抗酸化力を長時間持続させるといわれています。美肌づくり(アンチエイジング)にもおすすめです。

αリポ酸は紫外線によって発生する活性酸素から肌を守るのに有効といわれています。その際には、ビタミンCやビタミンE、ビタミンB群などの基本的な成分と美肌を保つのに良い働きをする成分も一緒にバランスよく摂るといいようです。


αリポ酸が減ると中年太りになる?

αリポ酸は、別名チオクト酸と呼ばれ、CoQ10に似た物質です。

αリポ酸とは、身体の細胞全てにある物質で、ミトコンドリアの機能に関わります。αリポ酸はミトコンドリア内で糖をピルビン酸へ変化(分解)しています。

しかし、このαリポ酸は加齢とともに減少するので、分解されなくなった糖が余り、その余った糖が脂肪となって蓄積することで体脂肪が増えていくのです。

このαリポ酸は体内では作り出すことができないので、体外から摂取する必要があります。その量は1日100mg摂取する必要があるそうです。

αリポ酸を含む食材はほうれん草やレバーなどが挙げられますが、これらの食材からαリポ酸を摂るには600kgを食べる必要があるのです。 このことから考えると、現在ではサプリメントとして摂取するのがよい方法といえます。

特に、体脂肪を減らすために忘れてはいけないのが、αリポ酸を100mg摂取後で分以上の有酸素運動をする必要があります。(これは20分運動しないと体脂肪が燃えてくれないためです。)ある○るU(2月20日放送)「αリポ酸ダイエット」


αリポ酸はデトックスサプリの王様?

眠れない・疲れやすい便秘気味・やせにくい・頭痛がするという5大不調は体内にたまった毒素(鉛・水銀・カドミウムという重金属など)が原因といわれています。

この5大不調を治すために今注目されているのが、「解毒(デトックス)治療」といわれるもの。

体内にたまった毒素を排出することで5大不調を取り除こうとする考え方です。

αリポ酸は、ブロッコリーやジャガイモ、レバーなどに含まれる抗酸化物質として有名になりましたが、αリポ酸には解毒作用の6割をつかさどるといわれるグルタチオン(アミノ酸の一種)の生成を助ける働きがあることがわかりました。

また、体内の脂肪に蓄積された水銀やヒ素を肝臓に移動させる働きもあります。

それに加えて、ビタミンC、ビタミンEを再生する力があり、基礎代謝を活発にします。

病気・症状
目の下のクマを取る方法 原因と解消方法
目の病気・症状
コレステロールとは|コレステロール値を下げる食品・食事
肝臓とは|肝臓の機能・働き・位置(場所)
肝臓の病気|肝臓病の初期症状・種類・原因
脂肪肝とは|脂肪肝の症状・原因・治し方
糖尿病とは|糖尿病の症状・初期症状
生活習慣病とは|予防・原因・種類・食事
高血圧の症状・食事・数値・予防・原因・対策|高血圧とは
低血圧とは|低血圧の症状・改善・数値・原因・食事
メタボリックシンドローム
腎臓とは|腎臓の働き・機能・位置
ルテイン
ダイエット
更年期障害の症状・原因・チェック|40代・50代女性の更年期症状
便秘とは|即効性のある便秘解消方法(ツボ・運動・マッサージ・食べ物)・便秘の原因
タウリンとは|タウリンの効果・効能|タウリンの多い食品・食べ物
亜鉛を含む食べ物・食品|亜鉛不足チェック・摂取量
低体温の改善方法・原因・症状・病気
不妊|不妊の原因・不妊治療・妊活
大腸がんとは|大腸がんの症状・初期症状・原因・予防
すい臓がんの症状(初期症状)チェック|膵臓がんの原因
胃が痛い・胃の痛み|胃腸の病気の症状・原因・対処法・予防
腰痛(腰が痛い)|腰痛の原因・治療・予防
年越しそばレシピ

αリポ酸LカルニチンCoQ10

特定商取引に基く法律サイトマップ決済・配送お問い合わせ


専門サイト

健康情報青汁そば・そうめんブルーベリー・ルテイン・カシス通販ギフト父の日 プレゼント 人気ランキング


健康情報ならハクライドウ